セイシェル IBC ACT 2018|翻訳

ご注意:これは 翻訳 その は法的拘束力があります。この翻訳は、オリジナルの英語版をよりよく理解するのに役立ちます。法的に有効なのは、常に オリジナルバージョン セーシェルIBC法の

国際事業法2016年版

平成28年法律第15号

セクションの配置

PART I - 準備

1. 短いタイトルと開始日

2. 解釈

3. 関連会社

4. 本法の適用

PART II - 会社の設立

第一款 国際企業の種類

5. 国際企業の定義

6. 設立・継続できる会社

7. 保護された細胞企業

8. 有限会社

第二款 企業の設立

9. 会社設立の申請

10. 会社設立

11. ファンデーションの効果

12. 年会費

13. 当社定款

14. 定款の内容

15. 株式を有する会社の覚書

16. 保証人のいる会社の備忘録

17. 備忘録では、オブジェクトを指定することができます。

18. 合同会社の覚書または定款

19. 備忘録の言葉

20. 協会の定款

21. 記事の言語

第三款 覚書又は条文の変更及び再作成

22. 覚書・定款の変更

23. 覚書または定款の変更の登記

24. 翻案された備忘録や記事

PART III - 会社名

25. 名前の要件

26. 社名の制限

27. 名前の権利と利益

28. 会社名の言語

29. 名前の予約

30. 名前の変更

31. 名称変更の認可

32. 社名の再利用

第四部 アンダーワーキングの能力と権限

33. 容量とパワー

34. 会社の行動の妥当性

35. 個人賠償責任

36. 企業間取引

37. 一般的な契約

38. プレフォーメーション契約

39. プロキシ

40. 社印

41. 認証または認証

第五部 - 株式 第一部 - 一般

42. 株式の種類

43. 新株予約権

44. 数字を区別する

45. れんぞくかぶ

46. 名目価額及び無額面株式数

47. 株式の端数

48. 禁止されている無記名株

第二款 株式の発行

49. かぶしきはっこう

50. 株式の対価

51. 株式に係る支払額の差引手取概算額

52. 現金以外の対価として発行された株式

53. 発行日

54. 特定の株式の発行に係る同意

55. 割安で株式を発行する権限

56. 手数料を支払う会社の権限

57. 購読権

58. 株券

第三款 株式の譲渡

59. 株式の譲渡性

60. 個人代表者による故人会員の持分の譲渡

61. 法による伝送

62. 株式譲渡

63. 譲渡登録の拒否

64. 譲渡証書の紛失

65. 株式の譲渡日

66. 清算機関や投資会社による有価証券の譲渡

サブパートIV - 分配

67. ソルベンシーテストの重要性

68. 流通の重要性

69. 配当の重要性

70. ディストリビューション

71. 保護された細胞会社による細胞分布と非細胞分布

72. ソルベンシーテストに不合格となった場合の分配金の回収

第五款 自己株式の消却及び取得

73. 当社は、自己株式の取得または償還を行うことができる。

74. 自己株式の消却・取得の手続き

75. 第74条第1項第(b)号に基づく1人以上の株主への申し出

76. 株主の選択による退任株式

77. 分配金に該当しない償還または購入

78. 自己株式

79. 自己株式の譲渡

第六部 資本金の変動

80. 名目上の会社の資本金の推移

81. 額面金額のない会社の資本金の推移

82. 株式の有効期限

83. 資本金の額の減少

84. 確認命令の確認のための裁判所への申請

85. 減額確定命令

86. 注文の登録と削減のプロトコル

87. 還元された株式に対する会員の責任

88. 債権者の氏名等を隠した場合の罰則

第七款 株式に対する担保

89. 解釈

90. 株式の質権

91. 株式質権の形態

92. セーシェル法に基づく株式質権

93. セーシェル法に基づく売却権の行使 株式の質権

94. 外国法に基づく株式質権

95. 強制執行命令の使用について

96. 会員名簿の注釈と提出

第八款 額面株式の無額面株式への転換およびその逆の転換

97. 名目上の会社の株式の転換

98. 額面金額のない会社の株式の転換

PART VI - メンバーシップ PART I - メンバーズ

99. 最少会員数

100. 合同会社と保証人の要件

101. 未成年者・障害者

102. 会員の責任

103. 会員へのサービス

第二款 会員名簿

104. メンバー一覧

105. レジスターの性質

106. 上場会社の会員名簿

107. 会員名簿の閲覧

108. 会員名簿の訂正

第三款 総会および決議

109. 決議

110. 普通決議

111. 議決権比率の高い普通決議が必要となる場合があります。

112. 特別な決定

より高い議決率を得るために特別決議が必要な場合があります。

114. 総会の開催

115. 総会のお知らせ

116. 定足数

117. 電話等の電子的手段による会議への参加

118. 会議における会社組織の代表

119. 株式の共有

120. 権限のある人

121. 調査の需要

122. 会員の承認決定書

123. 第一審裁判所は、審理を命じることができる。

124. 閉会中の会議での決議

125. 議事録の保存と会員の意思決定

126. 会員の議事録・決議の場所

127. 会員の議事録・決議書の閲覧

PART VII - ディレクター

第一款 企業の経営

128. 経営陣

129. 取締役による会社の義務の履行状況

130. 最少取締役数

131. 事実上の取締役

132. 権力委譲

第二款 取締役の解任及び辞任

133. 役員の資格

134. 取締役の選任

135. 常任理事の選任

136. 予備役の選任終了

137. 取締役の解任

138. 取締役の退任について

139. 副理事の選任

140. 副理事の権利と義務

141. 役員報酬

142. 継続的な責任

143. 取締役の行為の有効性

第三款 取締役の職務と抵触

144. 取締役の職務の執行

145. 子会社取締役等

146. 侵害の回避

147. 記録と報告書への信頼

148. 利害関係の開示

149. 会社による取締役の利害関係取引の回避

第四款 取締役名簿

150. 役員名簿

151. 取締役の登記簿謄本の閲覧

152. 登記官への取締役名簿の提出

第五款 - 理事会の会合および決定

153. 院長会議

154. 取締役会の招集

155. 取締役の決定

156. 取締役の議事録・決議事項の保存

157. 取締役の議事録及び決議の場所

158. 取締役の議事録・決議書の閲覧

第六款 補償および保険

159. 報酬

160. Insurance

第八部-管理運営 第一部-登記された事務所

161. 登録事業所

162. 登記所の変更

163. 登記上の代表者が住所を変更する登記所の変更

第二款 登記上の代表者

164. 代表者が登録されている国際貿易会社

165. 登記上の代表者の選任

166. 登記された代理人が会社名を変更する場合の覚書の修正を示す。

167. 登録代表者の辞任

168. 登記上の代表者が行動できなくなった場合

169. 登録代表者の変更

第三款 総則

170. 通信簿等に記載する会社名

171. 年間収量

172. 書類の送達

173. 記録の提供

第四款 会計記録

174. 簿記

175. 口座の場所と保管場所

176. 取締役による会計監査

第九部-会社の不動産に対する手数料

177. 解釈

178. 当社は、その資産を担保に供することができる。

179. 料金の登録

180. 料金台帳の見直し

181. 料金の登録

182. 登録料金の変更

183. 料金の履行または解除

184. 該当料金の優先順位

185. 既存料金との関係での優先順位

186. 優先順位に関する例外

187. セーシェル法に基づく起訴の執行

188. セーシェルにおける法定報酬による分配権の行使について

189. 解釈

PART X - 変換

第一款 総則

190. 適合宣言

191. 変換は標準ではありません

第二款 普通会社の国際事業会社への転換及びその逆

192. 一般企業の国際商社への転換

193. 一般企業の国際商社化による効果

194. 国際事業会社の一般企業への転換

195. ITCの一般企業化による影響

第三款 非細胞社会の保護された細胞社会への変容とその逆

196. 非細胞社会の保護された細胞社会への変容

197. 非細胞社会から保護細胞社会への転換の効果

198. 保護された細胞社会の非細胞社会への変容

199. 保護された細胞社会から非細胞社会への転換の効果

第十一部 - 合併、統合および契約

第一款 合併と統合

200. 解釈

201. 合併・統合の承認

202. 合併・統合の登記

203. 子会社との合併

204. 合併・連結の影響

205. 外国企業との合併・併合

第二部 第二節 資産の処分

206. 一定の資産処分の許可

第三款 強制買戻し

207. 少数株主への配当金の支払い

第四節 - 手配

208. ご注文

209. 会社が任意整理中の契約書

第五款 反体制派

210. 少数株主の権利

第六款 妥協または合意のモデル

211. 妥協案や和解案に関連した法的措置

PART XII - 継続

212. セーシェルでの外資系企業の継続

213. 法令の続き

214. セーシェルでの継続のお願い

215. 継続

216. 本法による継続の効果

217. セーシェル以外での継続

218. セーシェル以外での継続の効果

第 13 部-保護された携帯電話会社 第 1 部-解釈

219. この部分の解釈

サブセクションII - 基礎

220. 守られる会社 携帯電話会社

221. 権限の承認が必要

222. 当局の申請等の決定について

223. 当局の決定およびその他の決定に対する不服申し立て

サブセクションIII - ステータス、細胞、細胞の構成要素

224. 保護された細胞を持つ企業の状況

225. 細胞の生成

226. コアの限定

227. 細胞の安全性

第四款 資産及び負債

228. 細胞と核の資産

229. リコース契約

230. 債権者の立場

231. 債権者によるセル資産の活用

232. 債権者による自己資本へのリコース

233. 細胞の性質の接着

234. コア資産の負債

235. 細胞の責任をめぐる争い

236. コア資産と負債の配分

第五款-保護された細胞社会との取引とその中での合意

237. 保護された細胞を持つ会社についてのお相手の方の情報を得る会

238. 保護されたセル会社からのセル資産の譲渡

239. 細胞の容量などに影響を与える細胞間の合意

第六款 破産申請

240. 細胞に関する倒産管理命令

241. 管財命令の申請

242. 受益者の機能と支払不能命令の効果

243. 破産管財契約の解雇・変更について

244. 受益者の報酬

245. 受取人が提供する情報

第七款 管理契約

246. 保護された細胞会社または細胞に関する行政命令

247. 管理命令の発令申請

248. 管理者の機能と管理委任の効果

249. 行政命令の発行と修正

250. 管理者の報酬

251. 管理者が提供する情報

第八款 保護された細胞を有する事業の清算

252. 保護された細胞のための会社の清算に係る規定

サブパートIX - 一般

253. 刑事罰の責任

第14部 事業計画の調査

254. 監査役の定義

255. 調査委任

256. 裁判所の権限

257. 監査役の権限

258. 会議室でのヒアリング

259. 虚偽の情報に関する犯罪

260. 証拠としての監査報告書

261. 特権

第15部 会員の保護

262. 会員の第一審裁判所への提訴権

263. 裁判所に手続を提出するための登記官の権限

264. 裁判所の権限

第16部-資格喪失命令

265. 欠格命令

266. 欠格命令を出す理由

267. 控訴裁判所への上訴権

268. 欠格命令の変更

269. 欠格命令の取消し

270. 欠格命令違反の結果

271. 欠格命令の登録

PART XVII - 分離、解散、終了

第1部-分離および解散

272. 削除

273. 撤去を不服として不服申し立て

274. 削除の効果

275. 会社の解散を登記簿から削除

276. 会社登記所による会社の登記簿への復帰

277. 登記簿上の会社の復権のための法的措置

278. 削除された会社の清算人の選任

279. 解散した会社の所有権の未分配

280. 免責事項

PART II - 溶解企業の任意解散

281. 本項の適用

282. 自主解散計画

283. 溶剤会社の任意整理開始

284. この款の下での清算人としての資格

285. 登録機関への提出

286. 任意整理のお知らせ

287. 任意整理開始の効果

288. 本款に基づく清算人の義務

289. 本款に基づく任意清算の場合の清算人の権限

290. この款に基づく清算人室の空席ポスト

291. 本款による清算人の辞任

292. 本款に基づく清算人の解任

293. 任意整理の廃止

294. 裁判所による任意整理の終了

295. 裁判所に命令を申請する力

296. 清算の実施に関する中間報告

297. 決議

第三部-無溶媒会社の自発的な液体化

298. 本項の適用

299. 債務超過の重要性

300. 会社が債務超過に陥っていることが判明した場合

301. 債務超過会社の任意整理開始

302. 第二款の一定の規定の本款への適用

303. 登録機関への提出

304. 任意整理のお知らせ

305. 清算人による第1回債権者集会の招集

306. 債権者による清算人の決算審査

307. 清算前の会計処理

308. 決議

第四款 裁判所による強制執行

309. 強制清算のお願い

310. 裁判所が会社を解散させることができる状況

311. 当局は、申請の処理中に相談を受けることがあります。

312. 登記官,官庁又は大臣が解散の申請を提出することができる理由

313. 手続を終了させ、仮清算人を指名する権限

314. 第一審裁判所の訴えを審理する権限

315. 強制清算における清算人の選任

316. 清算人の報酬

317. 登録機関への提出

318. 強制清算のお知らせ

319. 清算人による第1回債権者集会の招集

320. 清算人の選任と強制解散命令の結果

321. 裁判所が選任した清算人の権限

322. 清算人の辞任・解任・死亡

323. 債権者による清算人の決算審査

324. 第一審裁判所に指示を求める権限

325. 清算前の強制解散宣言

326. 決議

第五款 和解に関する総則

327. 解釈

328. 債権者集会招集のための清算人

329. 会社の資産の分配

330. 決済にかかる費用

331. 有担保債権者

332. 特別支給

333. 決済開始後の株式譲渡はありません。

334. 清算請求の通知を受ける会社

335. 会議室でのヒアリング

336. 解散後は一切の取引を行わないこととしております。

337. 犯罪行為の責任者に対する措置

338. 和解前・和解前の違法な優遇

パート XVIII - 詐欺的および不法行為

339. 詐欺罪

340. 不正取引の民事責任

341. 不法取引に対する取締役の民事責任

342. 不法取引による取締役の民事責任:保護された細胞会社の細胞

343. 第340条、第341条または第342条に基づく手続き

第十九部 レジストラ

344. 国際的な企業の登録者

345. 公印

346. 登録

347. 提出書類の閲覧

348. 提出書類の写し

349. 指定されたレジスタの任意登録

350. 国際商業企業の年次財務諸表の自主提出

351. 良い評判の証明書

352. 公式検索の証明書

353. 供託する書類の様式

354. 罰則と登記官の行動を拒否する権利

第 XX 部-利益所有者に対する義務

355. 受益権者の登録:定義と解釈

356. 受益者名簿

357. 受益者名簿の見直し

358. 受益権者の登記簿謄本の訂正

359. 受益権に関する情報を取得する義務

360. 受益権情報の開示

PART XXI - 様々な規定

361. 特定の法律の適用除外

362. 印紙税

363. 免除期間とメリットの最小期間

364. 記録の形式

365. 電子記録の提供全般

366. ウェブサイトの公開による納品とみなす納品

367. 登記官への電子記録の交付

368. 侵害行為

369. アクセサリーとコントロール

370. 誤った情報の責任

371. 裁判所の免責許可権

372. 裁判所の声明

373. 会議室の裁判官

374. 登録官の決定に対する不服申立て

375. 弁護士のための専門職法

376. イミュニティ

377. 検査

378. 守秘義務と許容される例外事項

379. 他の法律との関係での位置関係

380. 規制

381. 廃法

382. 企業に関するセイシェル民法の改正

PART XXII - 変革規定

383. この法律で自動的に再登記された旧会社

384. 旧法会社が自動的に再登記された場合の再登記証明書

385. 本法による自動応答の効果

386. 旧法に基づいて保管されていた登記簿から削除された旧法の会社の復活

387. 解散した旧株式会社の復権について

388. 書類の納品

389. 旧株式会社の変遷

390. 各社の推移

391. 他の規則における約束の言及

初回時刻表-登録・継続のお申し込み

第三スケジュール-制限語句

第4表-会社名の言語

第5回目の時刻表 - 会社名の再利用

第6回目の時刻表-年次株主総会の内容

国際事業法2016年版

平成28年法律第15号

賛成
J・A・ミッシェル
代表取締役社長

2016年8月4日

国際的な分野の変化に合わせて、国際的な商業会社の法律を統合し、近代化するための法律であり、関連または関連する事項のための法律である。

経営 総裁・国会

PART I-準備

1.

短いタイトルと開始日

この法律は、国際事業会社法2016と呼ばれることがあり、官報に掲載して大臣が定める日から施行されます。

2.

解釈

この法律では、文脈上別段の定めがない限り

-受け入れ可能な翻訳者とは、以下のような人を意味します。

英語またはフランス語以外の言語に関しては、この法律の目的のために、その言語を適切な英語またはフランス語に翻訳することができる。

(b) レジストリ管理者のポリシーに定められた要件に基づき、翻訳者としてレジストリ管理者に受け入れられていること。

-会社に関連した会計記録とは、会社に関連した文書を意味する。

(a) 事業体の資産及び負債。
(b) 企業の収入及び支出
(c) 企業が関与している売買その他の取引。

-開始日は、この法律が施行された日です。

-Appeals Boardとは、金融サービス機構の規則に基づいて設置された Appeals Board ( Appeals Boar(d) 2014)を意味します。

-承認された書式とは、登録機関または管轄当局によって承認された書式を意味する。

§353に従った委任状

-定款とは、会社の定款の原本、変更または修正されたものを指します。

-第3条第2項の意味での関連会社。

会社に関連した公認資本とは、以下を意味します。

(a) 額面会社の場合には、その会社が定款で発行することが認められている資本金の上限額

(b) 額面金額のない会社の場合、その会社がその会社の覚書および定款で発行することができる無額面金額の株式の最大数。

-金融庁とは、金融庁法で定義されている金融庁を意味します。

当局のウェブサイトとは、当局が維持する、または当局に代わって維持する期間中の当局の主要な公にアクセス可能なインターネットウェブサイトを意味します。

-保有者株式とは、証明書によって証明された株式を指します。

だった

(a) 所有者の名前が記録されていないこと。

(b)は、証書の所有者が株式の所有者であることを示している。

取締役会とは、会社に関連しては

(a) 当社の取締役会、経営委員会、またはその他の規制機関。

(b) 会社に取締役が一人しかいない場合は、その取締役。

-ボディコーポレートには、会社、会社法に基づいて登録された会社、セイシェル以外の国で登録された会社が含まれますが、非法人化された協会やパートナーシップは含まれません。

-ビジネスデーとは、セーシェルの土日または祝日以外の日のことです。

-セルとは、保護されたセル会社のセルを意味します。

-保護されたセル会社との関係で、メンバーのクラス。

インクルード

(a) エンティティのセルのメンバー;及び

(b) 実体のセルのメンバーの各グループ。

-社会とは-の意味です。

(a) 国際貿易会社

(b) 旧アクトの会社。

-株式有限会社とは、会社を意味します。

(a) 備忘録により、その構成員が保有する株式について支払われなかった金額(もしあれば)を全構成員の責任の限度としている。

(b)これは

(i) 額面株式で構成される株式資本に連動している。

(i) 無額面株式を発行する権限を有する。

-保証有限責任会社とは、定款で全社員の責任を一定額に制限し、各社員が株式を保有していることを理由に解散した場合でも、会社の資産を保証し、拠出する義務を負わない会社のことをいいます。

-有限責任会社・保証会社とは、会社を意味します。

(a) 1人以上のメンバーの責任を一定額に制限し、それによって各メンバーが解散の際に株式を保有することを理由にではなく、保証の方法で会社の資産に貢献することを義務付ける覚書。

(b) 備忘録により、そのメンバーが保有する株式に関して支払われなかった金額(もしあれば)に対して、1人以上のメンバーの責任が制限されている場合。

(c)どの-である。

(i) 額面株式で構成される株式資本に連動している。

(i) 無額面株式を発行する権限を有する。

-コートとは、セーシェルの最高裁判所のことです。

-取締役とは、会社、外国会社およびその他の法人に関連して、いかなる名目でも取締役の地位を保持し、またはその職務を行う者を含む。

-解散」とは、会社がこの法律またはセイシェルの他の法律に基づいて解散したことを意味します。

-ディストリビューションとは、第68条に定義されているものを意味します。

-配当とは、第69項に定義されているものをいう。

-ドキュメントとは、任意の形式のドキュメントを指し、以下のものが含まれます。

(a) 資料への書き込み

(b) 本、図版、ドローイング、その他の絵画的表現または絵

ハ 電子的方法その他の技術的方法により記録又は保存された情報であって、複製装置の援助の有無にかかわらず複製に適したもの

-情報に関する電子的形態とは、磁気、光学、コンピュータメモリ、または類似の装置などのコンピュータ記憶媒体上で作成、送信、受信、または保存された情報を意味します。

-電子記録とは、電子的な形式で保存、受信または送信されたデータ、記録または生成されたデータ、画像または音声を意味し、電子記録を解読または解釈するために必要な電子コードまたは装置を含む。

-エグゼクティブ(executive)とは、企業との関係では、管理職または幹部として雇用されている人のこと。

-外国会社とは、セイシェル以外の法域の法律に基づいて法人化され、または登録されている会社を意味します。

-旧法とは、国際事業会社法を意味します。第381条により1994年に改められた。

-前法会社とは、前法会社が設立した会社、または前法会社が継続している会社を意味します。

-保証人とは、会社との関係では、個人を意味します。

(a) メンバーとしての責任は、参加権を保有していることを理由にではなく保証の形で引き受ける金額をもって、会社が解散した場合に会社の資産に貢献することを覚書で制限されている。

(b) 保証加入者として加入者名簿に氏名が記載されている者。

-国際事業会社とは、本項に定義される会社をいう。

5(1) ;

-成人とは、未成年者ではなく、セイシェルの書面による法律の下では法的能力を持たない人のことを指します。

有限会社の意味

(a) 公開有限会社であること。

(b) 有限責任会社

(c) 株式と保証のある公開有限会社。

-有限責任会社とは、第8条第1項の意味での有限責任会社をいう。

会社に関するメンバーとは、会社の商業登記簿に名前が登録されている人のことをいいます。

(a) 株主

(b) 保証人になります。

-覚書とは、会社の定款の原本、変更または修正されたものを指します。

-大臣は、財務担当大臣を指名する。

-未成年とは、18歳未満の者を意味します。

-非細胞社会とは、保護された細胞社会ではない国際商社を意味します。

-価値のない社会とは

(a) 無額面株式を発行する権限を有する。

(b) 額面金額の株式を発行する権利を有していないこと。

保証会員も持っているかどうか。

-非額面株式とは、名目上の価値で表示されない登録株式のことをいいます。

-役員は、会社に関連して、取締役、役員、取締役、秘書または清算人である。

-公印とは、第345条に基づく登録官の公印を意味する。

-並外れた会社とは、会社法のブランドで運営されている会社を意味します。

-臨時決議とは、第110条に定義される会員の通常の決議を意味する。

-会社、外国企業または他の企業との関係での親。

ボディ、すなわちセクション3(1)(b)の下で .

-ノミックバリューカンパニーとは、企業のことを指します。

(a) 額面金額の株式で構成される株式資本に登録されている。

(b) は、保証人がいるかどうかにかかわらず、額面株式を発行する権限を有していない。

-額面株式とは、名目上の価値で表される登録株式を意味します。

-人身代理者とは、亡くなった人の遺言執行者または管理者を指します。

-保護されたセル会社とは、第7条が適用される国際的な会社を意味します。

-recordsは文書などの記録を意味しますが、保存されています。

-登録代理人とは、会社との関係で、第164条に基づいて会社の登録代理人となる人を意味する。

-株式の下で登録されているとは、会社の商業登記簿に株式の保有者として名前が記載されている人に発行された会社の株式のことです。

-登録料金の登録とは、第181条(3)項および第346条(1)項(b)に基づき登録官が設定した料金を意味する。(b) 登録料金の登録簿。

-登録簿とは、第346条(1)項(a)に基づき登録官が保管する国際事業会社の登録簿を意味する。

-レジストラとは、金融サービス機構法第9条に基づき任命された機構の最高経営責任者を意味します。

-居住者とは

(a) いずれかの暦年に始まり、または暦年に終わる12ヶ月間に合計183日以上の期間、セーシェルに居住し、または滞在する者

(b) この法律に基づいて登録された会社をいう。

(c) ドイツ証券法に基づいて登録された法人。

(d) セーシェルで次の分野で管理・管理されている外国企業。

(e) パートナーの一人がセーシェルに居住しているパートナーシップ(リミテッド・パートナーシップ法に基づいて登録されたリミテッド・パートナーシップを含む)。

(f) 財団法に基づいて登録された財団。

(g) 国際信託法に基づいて登録された信託。

-取締役の決議とは、第155条に定義されるものをいう。

-担保付業者とは、§327(c)の用語を意味する。

-あらゆる種類の株式および債券、オプション、ワラントおよびその他の株式または債券を取得する権利を含む、WpHG第2条(1)項の意味での有価証券。

株式とは、会社または事業体の額面株式または無額面株式を意味し、その責任は会社または事業体に帰属する金額に制限されています(もしあれば)。

-株式資本は、会社との関係では、-を意味します。

(a) 額面会社の場合には、その会社の発行済み額面株式の額面総額及びその会社が自己株式として保有する額面株式の額面総額

(b) 公開有限会社の場合は、その会社の発行済株式のうち取締役が株式資本として指定した金額と、その会社が自己株式として保有する株式の合計。

また、取締役会の決議により、剰余金から株式資本への振替が可能な金額を随時決定しています。

-会社に関する株主とは、その会社の1つ以上の株式または一部の株式を保有する者として会員名簿に名前が記載されている者をいう。

-ソルベンシーテストとは、第67項に定義されるソルベンシーテストを意味する。

-特別決議とは、§112に基づく会員の特別決議をいう。

-第3条(1)項(c)に定義されている会社、外国会社またはその他の事業体に関連する孫会社

-企業に関する剰余金とは、決定日における企業の総資産のうち、剰余金がある場合には、その企業の帳簿に記録された負債総額に株式資本を加えた金額の合計を上回るものを意味します。

-租税条約とは、セーシェル政府と他の国の政府との間で締結される契約または合意を意味します。

(a) 二重課税を回避し、所得税の脱税を防止するため。

(b) 税務に関する情報交換に関すること。

-自己株式とは、以前に発行された会社の株式のうち、買戻し、償還、その他の方法で取得したもので、消却されていないものをいいます。

3.

関連会社

(1) 本節の目的のために

当社グループは、事業(本項において「第一会社」という。
1社目の親会社。
1社目の子会社。
最初の事業の親事業の子会社。
は、第一企業の子会社の親会社である
会社(本項において「第一会社」という。)に関連して、単独で、または一人以上の他の者との契約の下にあるかどうかにかかわらず、他の会社の親会社
第一会社の発行済み株式の過半数を合法的または経済的に保有していること。
第一会社の議決権の過半数を直接または間接的に行使または支配する権限を有する者。
は、第一会社の取締役の過半数を選任または解任する権利を有する。
は、第一事業の経営及び管理に対して支配的な影響力を行使する権利を有する。
関連会社
-孫会社とは、会社(本項において「第一会社」という。
この法律の目的上、会社が他の会社と同一のグループ内にある場合には、その会社は他の会社と関連があるものとされ、関連会社とは、それに応じて解釈されるものとする。

第一項及び第二項の場合において、「会社」には、外国会社その他の団体を含むものとする。

4.

本法の適用

この法律は、以下に適用されます。

(a) 国際貿易会社

(b) 旧アクトの会社。

PART II - 会社の設立

第一款 国際企業の種類

5.

国際企業の定義

(1) 国際商事会社とは、この法律に基づいて設立された会社、継続的に設立された会社、または会社に転換された会社であって、第2項の制限を受けることが備忘録に記載されている会社をいいます。

(2) 引受けは、次のことをしてはならない。

(a) 第 3 項を条件として、セーシェルの以下の地域で事業を継続すること。

(b) セーシェルに所在する不動産の持分を有すること、または第3項(f)で言及されたもの以外のセーシェルに所在する不動産のリースを有すること。

(c) 銀行業務(フィナンシャル・タイムズに定義されている)を継続すること。

セーシェル国内または国外での制度法)。

(d) 保険業(保険証券に定義されているもの)を営むこと。

(i) セーシェル

(i) セーシェル以外の国では、当該事業を行うセーシェル以外の国の法律の下でライセンスを取得しているか、または合法的に許可されている場合を除きます。

(e) 国際ビジネスサービス、国際信託サービスまたは法人設立サービス(国際企業サービス提供者法(キャップ275)に定義されている)に従事すること。

(i) 国際条約で認められた範囲内であること。

企業サービスプロバイダ法(キャップ275)および

(i) セーシェル以外の国で当該事業を行う場合、当該事業を行う国以外の国の法律の下で免許を取得しているか、または合法的に許可されている場合。

(f)証券業(証券に定義されている)を継続すること。

(i) セーシェル

(i) セーシェル以外の国では、当該事業を行うセーシェル以外の国の法律の下でライセンスを取得しているか、または合法的に許可されている場合を除きます。

(g) 投資ファンド(投資ファンド及びヘッジファンド法の意味で)として運営している場合、投資ファンド及びヘッジファンド法に基づいて認可されているか、または認められた法域の法律(投資ファンド及びヘッジファンド法の意味で)に基づいて認可されているか、またはそうすることができる場合を除きます。

(h) 双方向ギャンブル事業を含むギャンブル事業(セイシェル・ギャンブル法で定義されている)を継続すること。

(i) セーシェル

(i) セーシェル以外の国では、当該事業を行うセーシェル以外の国の法律の下でライセンスを取得しているか、または合法的に許可されている場合を除きます。

(3) 第(2)項(a)の目的のために、会社は、以下の理由だけで、セーシェルにおける事業者として扱われてはならない。

(a) 金融機関法に基づいて認可された銀行に口座を開設し、維持している。

(b) 弁護士、弁護士、弁護士、会計士、会計士、簿記、国際ビジネスサービス、 国際的な受託者、財団サービス、投資ファンドの管理者や管理者、 証券ディーラー、投資顧問、またはセイシェルで活動するその他の同様の者の サービスを利用していること。

(c) セーシェルで施行されている法令の範囲内で、帳簿および記録を作成し、維持すること。

(d) セーシェルにおいて、その取締役もしくはメンバーの会議を開催し、または取締役もしくはメンバーの書面による同意決定を採択すること。

(e) セーシェルにおいて条約を締結または署名し、また、セーシェル国外での活動に必要なその他の権限を行使すること。

ヘ この法律に基づいて設立された会社又は会社法に基づいて登録された団体の株式、社債その他の有価証券を保有しているとき。

ト 財団法に基づく登録を受けた財団の受益者としての利害関係又は請求権を有するものであること。

(h) 国際信託法に基づいて登録された信託の受益者としての利害または権利を有する。

(i) 有限責任事業組合法に基づいて設立された会社との間に利害関係があること。

(j)投資信託及びヘッジファンド法に基づく認可を受けた投資ファンドとして運営されていること。

(k) 当社の株式、債券その他の有価証券を居住者が保有していること。

(l) 証券法に基づく認可を受けた証券取引所に上場していること。

(m) 国際貿易区域法に基づくライセンスを保有していること。

(n) 国際企業サービスプロバイダー法(キャップ275)の規定に従い、取締役は全員がその地域の居住者である。

4.会社は、商船法に基づきセーシェルで登録された船舶を所有または管理することができ、その船舶は、第 5 条(2)(a)の規定に違反して、セーシェルでの漁業、チャーター、観光事業などの事業に従事しないことを条件に、セーシェル水域を訪問したり、航行したりすることができます。

6.

設立・継続できる会社

(1) ITCは、この法律の下では、次のようにして設立され、又は継続され、又は会社に転換される。

(a) 公開有限会社であること。

(b) 有限責任会社

(c) 株式と保証のある公開有限会社。

(2) この法律の規定に従い、ITCは、以下を行うことができる。

(a) 保護された細胞社会

(b) 有限会社であること。

7.

保護された細胞企業

企業は、以下の場合、保護されたセル企業となります。

(a) 第221条に基づく当局の書面による同意が取り消されていない、法人化または継続可能な企業の買収を含め、パートXIIIに従って本法の下で法人化または継続されていること。

(b) その備忘録には、保護された細胞社会であることが記載されている。

8.

有限会社

会社は、その定款に一定期間後に解散・清算する旨の規定がある場合、有限会社となります。

(a) 指定された期間を経過した後。

(b) 会社員の破産、死亡、除名、心神喪失、辞任、退職の場合

(ハ) 一定期間の経過以外の事由が発生した後

第二款 企業の設立

9.

会社設立の申請

(1) 第(2)項を条件として、この法律に基づく会社設立の申請は、登録官に提出することにより、登録官に行うことができる。

(a) 第 13 条および第 20 条に基づき、各加入者が署名した、または各加入者を代表して署名した、この法律の要件を 満たす覚書および物品。

(b) 第 1 スケジュールの第 1 部に記載されている承認された形式で、覚書および定款の各当事者が署名した、または各当事者を代表して署名した結成申請書。

(c) 保護細胞会社として設立される場合には、第221条に基づく当局の書面による同意。

(d) 第二附属書の第一部に記載されている適用される結成義務、および (e) 必要とされる可能性のあるその他の書類。

会社の設立の申請は、その登記上の代表者の提案によってのみ行うことができる。

(3) 本節において、「提案された登録代理人」とは、会社の最初の登録代理人として覚書に記載された者を意味する。

10.

会社設立

(1) 登録官は、会社設立のためのこの法律の要件が満たされていると判断した場合、登録官は、第9条(1)項に基づき提出された書類を受領した後、次のことを行う。

(a)書類を登録する。

(b) 会社に固有の登録番号を付与すること。

(c) 承認された様式の会社の設立証明書。

2.設立証書は、登記官が署名し、公印を押印しなければならない。

11.

ファンデーションの効果

この法律に基づいて発行された設立証明書は、次のことを決定的に証明するものでなければならない。

(a) この法律の下に設立されたこと。

(b) 会社の設立に関するこの法律の要件が満たされていること。

この法律に基づいて会社を設立するとき - この法律に基づいて会社を設立するとき

(a) 会社がその構成員から独立した法人であり、解散するまで存続していること。

(b) 本覚書および定款は、以下の間で拘束力を有する。

一 事業体及び事業体の各構成員

一 本会の各会員

会社、取締役会、各取締役及び社員は、この法律に定める権利、権限、義務及び責任を有するが、この法律で認められているように、覚書又は定款で否定され、又は修正されている場合を除き、この法律に定める権利、権限、義務及び責任を有する。

会社の覚書及び定款は、この法律に反し、又は相容れない場合には、その効力を有しない。

12.

年会費

(1) 登記簿に記載されている各会社は、この法律に基づく会社の設立、継続または変容の各 周年の日までに、第2表の第1部に規定されている年会費を登記官に支払わなければならない。

第一項の規定による支払は、当社がその登録代理人を通じて行うものとする。

第一項の年額が同項の期日までに納付されないときは、その額を十パーセント増額しなければならない。

当社は、第3項の規定により増額された年会費として支払うべき金額を期日から90日以内に支払わないときは、年会費の額を50%増額するものとする。

13.

当社定款

(1) 会社の定款は、次のように定めなければならない。

(a) 各参加者の氏名と住所を示すこと。

(b) 少なくとも1名の証人の立会いのもとで、各参加者が印刷し、署名したものであること。

第一項の目的のため、会社の覚書に署名する唯一の参加者は、その会社の設立時に会社の構成員になる義務を負わない登録代理人の候補者とすることができる。

14.

定款の内容

会社の定款には必ず記載する必要があります。

としています。

(b) セーシェルの登録会社の住所。

(c) 事業体が-かどうか

一 有限会社

一 保証会社

三 株式及び保証による合同会社

(d) 本覚書を締結した時点での当社の登録代理人の氏名および住所。

ホ この法律第五条(2)項に規定する規定

(f) その他この法律に定めるところにより

15.

株式を有する会社の覚書

合同会社または株式発行の権限を有する会社の場合、覚書および定款には以下の内容を記載しなければなりません。

(a) 額面会社の場合は、その会社が登記されるべき認可資本金および認可資本金を構成する各種類の固定額面株式数

(b) 公開有限会社の場合は、その会社が登記される予定の認可資本金と、その会社が発行することを認可されている各種類の株式の数の制限(もしあれば)。

(c) 会員が株式を保有することから生じる会員の責任は、その株式に関して未払いの金額(もしあれば)に限定される。

(d) 会社が発行することができる株式の種類、および会社が2つ以上の種類の株式を発行することができる場合には、各種類の株式に付随する権利、特権、制限および条件。

16.

保証人のいる会社の備忘録

(1) 会社が保証人を定めた覚書で設立される場合には、その覚書には、各保証人は、会社がその会員である間に、またはその会員がその職に就いていなくなってから 12 ヶ月以内に、第 2 項に定める目的に必要な一定の金額を、その会員についての覚書で定める最高額を超えない範囲で、会社の資産に拠出しなければならない旨が記載されているものでなければならない。

(2) 第(1)項の目的は、次のとおりである。

ア 会員の退会前に発生した本会の債務の弁済。

(b) 和解のための費用、手数料及び費用の支払い。

(ハ) 投稿者同士の権利の調整

3.株式と保証付きの公開有限責任会社の場合は、法令

(a) 保証人が株主であることを要求する。

(b) 保証人が株主であることを禁止すること。

第三項の保証及び公開有限会社の定款に規定がないときは、保証人も株主となることができる。

5.有限責任会社は、以下の場合を除き、本編第三款の規定により、その地位を有限責任会社または有限責任保証会社に変更するために、その覚書および定款を変更することはできない。

(a) 発行された株式に未払いの債務がないこと。

そして

(b) 会社の修正された覚書および株式の消却を含む地位の変更の提案が、会員全員の一致した決議によって承認されていること、または覚書で認められている場合には、通常の決議によって承認されていること。

17.

備忘録では、オブジェクトを指定することができます。

(1) 定款で、当会社の目的を定め、当会社の活動を当該目的の達成又は推進に限定する旨を定めることができる。

(2) もしも

イ 覚書及び定款に会社の目的が記載されていないこと。

(b) 目的が特定されているが、その目的の達成又は推進に限定されない場合。

(c) 会社の目的が、単独または他の目的で、当面の間、セーシェルで施行されている法律で禁止されていない行為または活動に従事することを目的としている旨の記述が、Memorandumに含まれている。
当社の目的には、覚書に記載されている制限を条件として、当面の間、セイシェルの適用法で禁止されていないすべての行為または活動が含まれ、当社はそのような行為または活動を実行または実行するための完全な権限および権限を有しています。

18.

合同会社の覚書または定款

会社が清算され、解散する必要がある場合-。

(a) 期間の満了。

(b)別の事象の発生

その期間または出来事は、会社の覚書または定款で定めるものとします。

19.

備忘録の言葉

(1) 第 2 項を条件として、覚書および定款は、英語またはフランス語、またはセーシェルの他の公用語で作成されるものとする。

(2) Memorandumの言語が英語またはフランス語以外の場合、Memorandumには英語またはフランス語への翻訳文を添付しなければならず、この翻訳文は、会社の登録代表者が真正であることを証明するものでなければならない。

登録代理人は、認められた翻訳者が翻訳を依頼し、又は証明した場合を除き、第二項の証明書を発行することができない。

20.

協会の定款

(1) 会社の定款に規定があること。

2.会社の定款は、少なくとも一人の証人の立会いのもとで、各加入者が印刷し、署名しなければならない。

第二項の目的のため、会社の定款に署名する唯一の参加者は、その設立時に会社の構成員になる義務を負わない登録代理人の候補者とすることができる。

21.

記事の言語

第二項の規定により、会社の定款は、英語、フランス語又はその他の国の公用語でなければならない。

2.会社の定款の言語が英語またはフランス語以外の言語である場合、申請書には、会社の登録代理人候補者が真実かつ正確であることを証明する英語またはフランス語の翻訳文を添付しなければならない。

登録代理人は、認められた翻訳者が翻訳を依頼し、又は証明した場合を除き、第二項の証明書を発行することができない。

第三款 覚書又は条文の変更及び再作成

22.

覚書・定款の変更

1.本項および第23条の規定に従い、会社の覚書および定款は、次のように変更することができる。

(a) 普通決議

(b) 取締役の決議。

2.会社の覚書や定款を変更することはできません。

(a) この法律では、改正案を会員の決議で承認する必要がある場合には、取締役のみの決議によ るものとする。

(b) この法律が、改正案を裁判所の承認も必要とする場合には、理事または構成員の単独の決議によるものとする。

(3) 第(4)項を条件として、覚書には、次の規定のうち1つ以上を含めることができる。

(a) 覚え書きまたは定款の特定の条項を変更できないこと。

(b) 一定の条件が満たされた場合にのみ、覚書もしくは定款または覚書もしくは定款の特定の条項を改正することができること。

(c) 備忘録または定款のすべての規定またはいずれかの規定は、会員の決議によってのみ改正することができる。

(d) 投票権を有する会員の投票権の50パーセント以上を代表する会員の特定多数による決定が、憲法又は憲法若しくは法令の特定の規定を改正するために必要であること。

第三項イ及びロの規定は、その会社の目的を限定する覚書及び定款の定めについては、適用しない。

5.会社の覚書および定款の規定にかかわらず、会社の取締役は、覚書および定款を変更する権限を有していない。

(a) 定款または定款を改正するために会員の権利または権限を制限する。

(b) 定款または定款の改正の決定を行うために必要な会員の割合を変更する。

(c) 備忘録または定款を会員が変更することができない場合で、会社の取締役の決議が本款に違反している限り、無効かつ無効であり、効力を持たない場合。

23.

覚書または定款の変更の登記

会社の定款を変更しようとするときは、第二項の規定により定款の変更を承認した決議の謄本又は抄本を登記に提出しなければならない。

第一項の決議の謄本又は抄本については、その抄本が正本であることを証明し、登記上の代表者が署名しなければならない。

3)覚書または定款の改正は、第(1)項の認証謄本または認証抄本が登録官によって登録されるまでは、その効力を有 しないものとする。

24.

翻案された備忘録や記事

1.会社は、いつでも、適合した覚書または定款を登録機関に提出することができる。

第一款の規定により提出された備忘録又は論文には、第一節の規定により登録された補正のみを含めることができる。

会社が第一項の規定により変更後の覚書又は定款を提出したときは、その変更後の覚書又は定款は、登記官の登記を受けた日から、その会社の覚書又は定款として効力を生ずる。

(4) 登録官は、本節に基づいて提出された修正覚書または条文に第23節に基づいて登録されたすべての修正が含まれているか、または登録された修正のみが含まれているかどうかを確認する必要はない。

第一項の規定により提出された備忘録又は記事には、原本加入者の署名を必須としない。

PART III - 会社名

25.

名前の要件

第二項の規定により、会社の名称の末尾には、(a) -Limited、-Corporation又は-Incorporatedの語、又は(b) -Ltd、-Corp又は-Incの略語を用いなければならない。

2.被保護セル会社の名称の末尾には、次の語を用いなければならない。

-保護された細胞の会社または略語の-PCC .

(3) 会社は、この節の規定により会社の名称の一部として必要とされる語句の完全形又は省略形のいずれかを使用することができ、かつ、法律上の名称とすることができる。

(4) 会社名の一部に-Ltd, -Corp, -Inc, -PCCの略語を使用している場合は、略語の末尾にフルストップを付けることができる。

5.保護されたセルの事業は、各セルに固有の名称を割り当てるものとする。

(a) そのセルを、エンティティ内の他のセルと区別すること。

(b)は、「保護された細胞」または「PC」の略語で終わる。

(6) 第(7)項を条件として、第(1)項にかかわらず、旧法の会社は、旧法の下で認められていた有限責任を指定する追加の名称を含め、いかなる名称をも保持することができる。

法の適用を受けた旧会社が法の施行日以後に商号を変更したときは、第一項の規定を遵守しなければならない。

26.

社名の制限

会社は、その設立、継続、転換、合併または統合の際に、次のような名称で登記してはならない。

(a) この法律に基づいて他の会社が登録されている名称と同一であること。

(b) 他の会社がこの法律に基づいて登録されている名称と酷似しているため、その名称の使用が混乱または誤解を招くおそれがあると登録官が判断した場合。

(c) 第三附属書第一部に定める禁止語句または略語を含む場合。

(d) 第三リストの第二部で言及されている制限語、語句または頭字語を含む場合、登録機関およびセイシェルの法律に基づいて承認が必要とされるその他の規制当局が事前に書面による同意を与えていない限り。

(e) 登録官の意見によれば

(i) セーシェル政府または他国の政府とのスポンサーシップや提携を提案する、または提案するように計算されている場合、または会社名の制限を行う場合。
一 公序良俗に反するもの、誤解を招くもの、わいせつなもの、又は公共の利益に反するものであること。

27.

名前の権利と利益

本パートのいかなる規定も、名義の下に会社を設立、継続もしくは転換するか、名義変更を登録するか、または名義変更を命じるかを決定する際に、登録官に以下を要求することを要求するものではない。

(a) 氏名に関する個人の利益、氏名または氏名または氏名の使用に関する個人の権利について、当該利益または権利がセーシェルの法律またはセーシェル以外の法域の法律に基づいて生じるかどうかを決定すること。

(b) セーシェルで登録されているか、セーシェル以外の国で登録されているかを問わず、商標またはこれに相当する権利を考慮すること。

第一款(1)は、登録官が、その意見において会社名の登録が許されないか、又は公共政策若しくは公共の利益に反するかどうかを決定する際に、同款で言及されたすべての事項を考慮することを妨げないものとする。

この法律の下で会社を会社名で登記することは、この部分を除いては、会社がその名前について有することのできない利益又は権利を与えてはならない。

28.

会社名の言語

この法律の第25、26、31条および第4表の要件に従うことを条件とします。

(a) 任意の言語で実体の名称を指定することができる。

(b) 会社名が英語またはフランス語の場合は、外国語の文字を追加して記載することができます。

29.

名前の予約

(1) 本項に従い、登録機関は、国際企業サービス提供者法(キャップ275)に基づき国際企業サービスを提供する権限を与えられた者の要請により、同法に基づき会社が将来受領するために30日間氏名を留保することができる。

2. 登録官は、名称が会社または提案された事業に関連して本編と一致していることに満足しない場合には、名称の予約を拒否することができる。

第一項に規定する三十日の期間の満了後、登録官は、第二リストの第二部に規定する手数料を支払うことにより、その後の三十日の期間ごとに、この法律に基づく事業の将来の受入れのために名義を留保し続けることができる。

30.

名前の変更

(1) 会社は、定款および定款に基づき、第22条および第23条に従って定款および定款を変更することにより、登記官にその名称または外国人の名称の変更を申請することができる。

会社がその名称又は外国法人の名称を変更しようとするときは、その変更しようとする名称については、第二十六節の規定を適用する。

(3) 登録官は、会社がその名称又は外国人のための名称の変更を申請した場合には、会社の規定に従

22及び23、並びに提案された会社の新名称又は新外国指定が第26条に準拠していることに満足している場合には

(a) 前の名前の代わりに新しい名前を登録簿に記入すること。

(b) 名義変更を確認した証明書を会社に発行する。

31 —

(4) この節又は款による事業体の名称の変更

(a) 登録官が発行した名義変更証明書の日付から効力を生じる。

(b) 企業の権利や義務に影響を与えないこと、または企業による、または企業に対する法的手続きを不備にしないこと、また、以前の名称で継続または開始された可能性のある法的手続きは、新しい名称で継続または開始される可能性があること。

31.

名称変更の認可

(1) 会社が第25条または第26条に準拠していないと登録官が認める名称でこの法律に基づ いて設立、継続または会社に変更された場合、登録官は以下のことを行うことができる。

(a) その日から2年以内に、その通知の日から少なくとも30日後でなければならない通知で指定された日までに、その名称又は外国商標の名称を変更するための申請書を提出するように、書面による通知で事業者に指示する。

(b) 裁判所に照会し、裁判所は、裁判所が適切と考える条件の下で、会社の名称もしくは外国の名称を変更する命令を出すことができる、または会社が登録機関に受け入れられる名称に変更することを要求することができる。

第一項(a)の規定による通知を受けた会社が、その通知に指定された日までに、その会社の名称を登録官が許容する名称に変更するための請求を提出しないときは、登録官は、その会社の名称を取り消し、登録官が許容する新たな名称を割り当てることができる。

登記官は、第二項の規定により会社に新たな名称を付与したとき、又は第一項(b)の規定による裁判所の命令により会社に新たな名称を付与したときは、次のようにしなければならない。

(a) 前の名前の代わりに新しい名前を登録簿に記入する。

(b) 名義変更を確認した証明書を会社に発行する。

そして

(c) 名義変更を官報に掲載すること。

(4) 第(1)(a)項に基づき登録官が指定した期間内に本項の指示に従わなかった会社は、犯罪行為を犯し、有罪判決を受けたことを理由に10,000米ドルを超えない罰金を科される。

32.

社名の再利用

登録官は、第5次リストに記載された会社名の再利用を許可することができる。

第四部 アンダーワーキングの能力と権限

33.

容量とパワー

1)この法律、他の書かれた法律およびその法令を条件に、会社は、会社への利益に関係なく、 - 。

(a) 事業又は活動を遂行し、又は実行し、行動を起こし、又は取引を行うための完全な能力。

(b) (a)項の目的のために、完全な権利、権限および特権。

(2) 第(1)項の一般性を制限することなく、会社の覚書および定款、第(3)項および第48項(禁止された無記名株)を条件として、会社の権限には以下の権限が含まれる。

容量とパワー

イ 株式の発行及び償還並びに自己株式の保有。

(b) 当社の未発行株式および自己株式にオプションを付与する。

(c) 株式に転換可能な有価証券を発行すること。

(d) 自己株式の取得に関連して、いかなる者に対しても資金援助を行うこと。

(e) 任意の種類の社債を発行し、新株予約権、新株予約権および社債を取得する権利を付与すること。

(f) 任意の人の責任または義務を保証し、その目的のためにその資産に抵当権、質権またはその他の担保を設定してすべての義務を保証すること。

(g) 会社、その債権者、そのメンバーの利益のために、また取締役の裁量により、会社に直接または間接的な利害関係を持つ人物のために、会社の資産を保護すること。

第二項イ、ロ、ハ及びニの規定は、合同会社については、適用しない。

(4) 第(2)(g)項の目的のために、取締役は、会社の全資産を、個人、会社、協会、組合、パートナーシップ、財団、または類似の事業体である一人または複数の受託者に信託で譲渡させることができ、かかる譲渡に関して、取締役は、会社、その債権者、その構成員、または会社と直接または間接的に利害関係を有する者、またはそれらの者を信託の受益者とすることを規定することができる。

第四項の規定による譲渡は、当会社の資産に対する当会社の既存の債権者又は後続の債権者の権利又は利益に影響を及ぼさないものとし、当該権利又は利益は、譲受人に対抗することができるものとする。

34.

会社の行動の妥当性

第二項の規定により、会社の行為及び会社による、または会社に対する資産の譲渡は、単に会社が行為を行い、資産を譲渡し、または受領する能力、権利または権限を有していなかったことを理由として、無効とすることができない。

(2) 行為を行い、又は資産を譲渡し、若しくは受領する能力、権利若しくは力がない、又はないと主張される場合には、これを行使することができる。

(a) 会社による、または会社に対するいかなる行為の実行または財産の処分を禁止するために、会社に対してメンバーまたは取締役が提訴した手続において、および

(b) 会社が直接または清算人その他の法定代理人を通じて、または会社のメンバーが代表権を持って、現職または元取締役またはその他の役員の不正な行為によって生じた損失または損害を賠償するために、会社が提起した訴訟手続きにおいて。

(3) この節は、この法律の施行前、施行日又は施行後に設立された会社に適用されるが、この節は、この節の施行前に行われたことについての旧法律会社の能力には影響しない。

35.

個人賠償責任

(1) 第2項を条件として、会社の取締役、代理人、清算人は、会社の債務、義務、または不履行について、以下の場合を除き、自己の行為または行為に対する責任を負う。

(a) 悪意を持って詐欺的またはその他の行為を行ったことが証明された場合。

(b) この法律またはセイシェルの他の法律に明示的に規定されていること。

(2) 会社のメンバーがいない場合、会社の名前で、または会社のために事業を行う者は、その期間中に合意した会社のすべての債務の支払いについて個人的に責任を負うものとし、その者は、他の者の訴訟手続きに関与することなく、この点で訴えられることができる。

36.

企業間取引

(1) 会社または会社の債務の保証人は、会社を取引する者、または会社から資産、権利または利益を取得した者に対して、以下のような主張をすることはできません。

(a) この法律又は会社の覚書若しくは定款が遵守されていないとき。

(b) 会社の商業登記簿に取締役として登録されている者。

取締役

一 当社の取締役ではないこと。

(i) 会社の取締役に正式に任命されていなかった。

(iii)は、会社が行使した種類の事業を行う会社の取締役が通常行使することができる権限を行使する権限を与えられていない。

(c) 会社の取締役、従業員または代理人として会社によって行使された者-。

(i) 正式に任命されなかった。

(i) 事業者が通常行使する種類の事業を行う事業の取締役、従業員または代理人が行使する権限を有する権限を行使する権限を有していない。

(d) 当社が行使するタイプの事業を行う会社の取締役、従業員または代理人が通常行使できない権限を行使する権限を有する当社の取締役、従業員または代理人として当社が行使する者、または

(e) 文書を発行する実際の権限を持つ会社の取締役、従業員または代理人が会社の名義で発行した文書は、その者が会社との関係により(a)から(e)のいずれかに記載された事実を知っているか、または知るべきであった場合を除き、有効ではないか、または真正ではないものとする。

第一項の規定は、本項ロからホまでに掲げる者が不正の行為をし、又は会社を代表して署名したように見える文書を偽造した場合にも適用する。

37.

一般的な契約

(1) 契約は、事業体によって、次のように締結することができる。

イ 個人間で締結される契約であって、法律で定められたもので、証書又は印鑑による書面によるものであるときは、会社が証書又は印鑑によるものとして有効に締結したものであること。

(i) 事業の共通の印鑑で押印され、事業の取締役または事業の印鑑の申請に立ち会うために覚書および定款で権限を与えられたその他の者が立会人となっているもの。

(i) 会社を代表して、または会社の明示的または黙示的な権限の下で行動する者が署名した文書であることを表明するか、またはそれ以外の方法で明らかにしたもの。

(b) 個人間で締結された場合、法律では書面で、当事者が署名することが義務付けられている契約であっても、当社が書面で、または当社を代表して締結し、当社の明示的または黙示的な権限に基づいて行動する者が署名することができます。

(c) 個人間で締結された場合には、口頭で締結され、書面に限定されないが有効となる契約であっても、当社の明示的または黙示的な権限の下で行動する者が、当社を代表して口頭で締結することができるもの。

この節の規定により締結された契約は、この節の許可を受けたものと同様の方法で変更し、又は履行することができる。

(3) 本項に基づいて締結された契約は、当社およびその後継者、契約の他のすべての当事者、その相続人、執行者、または管理者に対して有効であり、拘束力を持つものとします。

38.

プレフォーメーション契約

(1) 会社が設立される前に会社の名義で、または会社を代表して契約を締結した者は、その契約の利益に個人的に拘束され、その責任を負い、またその権利を有する。

(a) 契約で明示的に定められている場合。

ロ 契約に別段の定めがない限り、第二項の規定により批准すること。

2.会社は、成立前に自己の名において又は自己のために締結した契約に拘束される意思を表示する言動又は不作為により、成立後に契約を批准することができる。

企業が第二項の規定により条約を批准したとき-第二項の規定により条約を批准したとき。

(a) 契約の日に企業が法人化され、契約に参加したかのように、契約に拘束され、契約の責任を負い、契約の利益を受ける権利を有する。

(b) 契約に別段の定めがない限り、会社の名前で、または会社を代表して行動した者は、もはや契約の利益に個人的に拘束されず、契約の下で責任を負うか、またはそれらを受ける権利を有しています。

39.

プロキシ

1.会社は、法令に従い、書面により、一般的に、または特定の事項に関して、ある人物を代表者に任命することができる。

第一款の規定により選任された弁護士の行為は、その選任された証書により拘束されるものとする。

(3) 第1款の下で弁護士を任命する文書は、次のいずれかを行うことができます。

イ 証書の形式で執行されたもの。

(b) 事業体の明示的または黙示的な権限に基づいて行動する者が署名したもの。

40.

社印

(1) 会社は、共通の印鑑を持つことができる。

共通の印鑑を有する会社は、その印鑑に読みやすい文字で社名を表示しなければならない。

(3) 共通の印鑑を持つ会社は、共通の印鑑を重複して持つことができる。

41.

認証または認証

会社による認証または証明を必要とする文書には、会社の取締役、秘書、または権限を与えられた代表者が署名することができ、会社の共通の印鑑の下にある必要はありません。

PART V - シェア PART I - 一般

42.

株式の種類

会社の株式は動産です。

43.

新株予約権

(1) 第2項および第3項を条件として、会社の株式は、保有者に譲渡されるものとする。

本会の会員総会又は本会の会員の決議における議決権

(b) この法律に基づいて支払われた配当金の平等な分配を受ける権利。

(c) 会社の剰余金の分配を平等に受ける権利。

(2) 第15条に従ってその覚書で明示的に承認されているが、第48条(無記名株の禁止)の適用を受けている場合、会社は - 会社は、その覚書で明示的に承認されているが、第48条(無記名株の禁止)の適用を受けている場合、会社は、その覚書で明示的に承認されているが、第48条(無記名株の禁止)の適用を受けていない。

(a) 複数の種類の株式を発行することができる。

(b) 第1項の権利を取り消し、変更または補完する条件で株式を発行することができる。

(3) 第48条(無記名株式の禁止)の適用を受けて、第2項(b)の一般性を制限することなく、会社の株式は、-を行うことができる。

(a) この法律の規定を条件として、返済することができる。

(b) 分配金に権利または特権を譲渡しないこと。

(c) 投票権を含む特別、限定的、条件付きの権利を付与すること。

d)任意の投票権を付与しない。

(e) 当社の特定の資産についてのみ利害関係を有すること。

(f) 種類又はシリーズで発行し、又はシリーズに転換したときは、定款で定める方法で他の種類又はシリーズに転換することができる。

44.

数字を区別する

ただし、その会社のすべての発行済み株式または特定の種類の会社のすべての発行済み株式が完済し、すべての点で同じ権利を有する場合には、これらの株式のいずれも別個の番号を持つ必要はない。

45.

れんぞくかぶ

備忘録と定款を条件に、会社は1つまたは複数のシリーズの株式のクラスを発行することができます。

46.

名目価額及び無額面株式数

(1) 会社の定款及び第2項の規定に基づき、額面株式又は無額面株式として株式を発行することができる。

(2) 額面株式と無額面株式からなる株式で構成される資本金を有しない会社。

3.会社の規定に従い、額面株式はいかなる通貨でも発行することができる。

47.

株式の端数

(1) 会社は、覚書や定款に基づいて、端数を発行することができる。

(2) 会社の定款に別段の定めがない限り、端数株式は、同一種類の株式全体の負債(額面金額、割増料、出資金、預託金、呼出金その他の負債、制限、優遇、特権、資格、制限、権利及びその他の属性の如何を問わない)の適切な端数に従うものとする。

3.額面株式の額面金額は、その株式が発行されている通貨の最小額面金額の端数またはパーセンテージに対応する金額で表 示すことができる。

48.

禁止されている無記名株

会社には力がありません。

(a) 無記名株を1株発行する。

(b) 登録株式を無記名株式に転換すること。

(c) 登録株式を無記名株に転換する。

(d) 他のすべての有価証券を無記名株式に転換し、または他の有価証券を無記名株式に交換すること。

第二款 株式の発行

49.

かぶしきはっこう

本法および定款の規定に基づき、会社の株式を発行し、取締役が定める時期に、取締役が定める条件で、その者に対 価をもって、会社の株式を取得する権利を付与することができる。

50.

株式の対価

(1) 第(2)項および第(3)項を条件として、本株式は、金銭、約束手形または金銭または財産、不動 産、動産(のれんおよびノウハウを含む)、提供されたサービスまたは将来のサービスに関する契約を含む、いかなる形態の対価としても発行することができる。

(2) 第55条の規定に従い、額面金額の株式の対価は、株式の額面金額を下回ってはならない。

3.会社は、覚書および定款に別段の定めがある場合を除き、次の各号に掲げる事項を行うことができる。

(a) 賞与株式、一部有給株式及び未払株式の発行。

(b) 本株式の対価の支払いを、本株式の発行後、当社が承認する分割払いで受け入れること。

第二項の規定に反して株式が発行された場合には、その株式の発行を受ける者は、会社に対し、発行価額と名目価額との差額に相当する金額を支払わなければならない。

(5) 額面会社が額面株式を発行した場合、その対価は額面の株式資本金とし、剰余金は剰余金とする。

6.会社が無額面株式を発行している場合には、会社の覚書または定款の制限に従い、株式の対価は取締役の定める範囲内で株式資本を構成し、剰余金は剰余金を構成するものとする。

51.

株式に係る支払額の差引手取概算額

会社は、定款で許可されていれば、以下のことができます。

(a) 株主間でコールまたは割賦の支払額および支払時期が異なることを条件に株式の発行を手配すること。

(b) 株主が保有する株式に関して未払いのままの金額の全部または一部を、その金額の一部が請求されていないか、または支払期日が到来していないにもかかわらず、株主から受け取ること。

(c) 一部の株式が他の株式よりも多く支払われている場合には、各株式の払込金額に応じて配当金を支払う。

52.

現金以外の対価として発行された株式

(1) 現金以外の対価として株式を発行する前

(その全部または一部)について、取締役は決議を行うものとする。

株式の発行に係る債権額

(b) 発行のための現物対価の適切な現在価値の決定。

(c) その意見によれば、発行のための非現金対価及び現金対価(もしあれば)の現在価値が、株式の発行のために入金された金額を下回らないこと。

第1項の規定は、賞与株式の発行については適用しない。

53.

発行日

発行会社の社員名簿に株主名が記載されている場合、株式は発行されたものとみなされます。

54.

特定の株式の発行に係る同意

会社による株式の発行は、その-。

(a) 会社に対する個人の責任を増大させる。

(b) 何人かの人物に新たな責任を課す場合は、その人物またはその人物の委任された代理人が書面で本株式の保有者となることに同意しない限り、無効となります。

55.

割安で株式を発行する権限

(1) 本節において、額面株式に関する「割引発行」とは、額面未満の対価で発行することを意味する。

(2) 本節の規定に従い、額面会社が既に発行されている種類の会社の株式を割引価格で発行することは合法的である。

第2項の規定による割引をして株式を発行することはできない。

限り

(a) 発行予定の株式が割引価格で発行された。

一 本会の会員の決議によって承認されたものであること。

一 裁判所の制裁を受けること。

(b) それらは額面株式である。

(c) 発行する株式の割引率の上限が決議されていること。

(d) 会社が事業を開始する権限を与えられた日から、発行時に少なくとも1年が経過していること。

(e) 割安に発行する株式が、裁判所が発行を承認した日から3ヶ月以内又は裁判所が認めた延長期間内に発行されたものであること。

会社が割安で株式を発行することを認める決定をした場合には、裁判所に発行を認める決定を申請することができる。

第4項の裁判所又は審判所への申立てにより、裁判所又は審判所は、事案のすべての状況を考慮して適切と考える場合には、適切と考える条件の下で質問を許可する命令を出すことができる。

第三項に違反した会社は、刑事犯罪の罪に問われ、25,000米ドル以下の罰金を科せられる。

56.

手数料を支払う会社の権限

(1) 会社は、その会社の定款で手数料の支払いが承認されている場合には、その会社の株式を引き受ける(絶対的にまたは条件付きで)引き受けることを引き受けることを引き受ける、またはその会社の株式を引き受ける(絶対的にまたは条件付きで)引き受けることを調達する、または調達することを約束することの対価として、いかなる人に対しても手数料を支払う権限を有し、常にその権限を有しているとみなされるものとする。

事業から現金又は株式による支払を受ける売主、発起人その他の者は、その受領した金銭又は株式の一部を手数料の支払として適用する権限を有するものとし、その支払は、事業が直接行った場合には、第一項の規定により適法である。

57.

購読権

(1) 第2項から第4項までの規定は、その会社の覚書又は定款に本項の規定を適用する旨の明示がある場合には適用するが、それ以外の場合には適用しない。

(2) 取締役は、当会社が既に発行している株式と同等またはそれ以前の議決権または分配権のいずれか一方を有する株式の発行に先立ち、既存株主に対して、当該株主の皆様が当該株式の募集に応じた場合には、当該株主の皆様の既存の議決権または分配権のいずれか一方または両方の権利が維持されるような方法で当該株式を募集しなければならない。

第二項の規定により既存株主に提供する株式は、その価格及び条件をもって他の者に提供するものとする。

第二項の規定による申出は、二十一日以上の期間にわたって受け付けなければならない。

5.この節のいかなる規定も、会社の覚書及び定款がこの節の規定を変更し、又は先取特権に関する他の規定を定めることを妨げるものではない。

58.

株券

1.会社は、株券を発行する場合には、どのような事情で発行するかを定款に記載しなければならない。

(2) 会社が株券を発行している場合は、株券 - 。

(a) 設立趣意書および定款を条件に、以下のようになる。

署名された記事

(i) 会社の少なくとも一人の取締役

(i) 取締役会の決議により株券に署名する権限を与えられたその他の者、または

(b) 当社の取締役の署名の有無にかかわらず、当社の普通印の下にあること。

と規定されている場合があり、署名または共印は複製でなければならないと規定されている場合があります。

第三款 株式の譲渡

59.

株式の譲渡性

覚書または条文に記載されている株式の譲渡に関する制限または制限を条件として、会社の株式は譲渡可能である。

60.

個人代表者による故人会員の持分の譲渡

亡くなった会員の個人代表者が、個人代表者が会社の構成員ではないにもかかわらず、亡くなった会員の個人代表者が会社の構成員であった場合の持分の譲渡は、譲渡証書の施行時に個人代表者が構成員であったものとして有効であるとされています。

61.

法による伝送

会社の株式は、その会社の覚書および定款の反対の規定にかかわらず、法律の運用によって譲渡することができる。

62.

株式譲渡

(1) 第2項及び第3項並びに第66条の規定に従い、会社の登録株式は、書面による譲渡文書によって譲渡されるものとする。

(a) 譲渡人が署名したもの

(b) 譲渡人が署名したもの。

(c) 譲渡人の氏名及び住所。

会社の覚書及び定款で明示的に認められている場合には、第三項を条件として、その会社の登録株式は、譲受人の氏名及び住所を記載した譲受人が署名した譲渡証書によって譲渡しなければならない。

(3) 譲渡書類には、以下の場合には、譲受人(譲受人を含む)が署名しなければならない。

(a) ユニットが完済されていない。

(b) 株式の保有者として登録されていない場合、譲受人が会社に対して責任を負うことになる。

(4) 登録株式の譲渡証明書は、当会社に送付して登記する。

(5) 当会社は、定款および第63条の規定に基づき、譲渡証明書を受領した時点で、取締役が決議に記載された理由により譲渡の登記を拒否または遅延させることを決定した場合を除き、本株式の譲渡人の氏名を会員名簿に記載するものとする。

63.

譲渡登録の拒否

(1) 取締役は、この法律又は定款で認められている場合を除き、譲渡の登記を拒み、又は遅延させる決議をすることができない。

(2) 取締役は、第1項の決定をしたときは、できる限り速やかに、譲受人及び譲受人に対して、その拒否又は遅延を書面で通知しなければならない。

3.取締役は、会社の覚書または定款に基づき、譲渡人がその株式に関す る支払額を支払っていない場合には、株式の譲渡登記を拒否または遅延させるこ とができる。

定款の規定にかかわらず、第66条の規定により、会社は、第62条(1)の規定により書面による譲渡証明書が会社に交付されていなければ、その会社の株式の譲渡の登記をすることができない。

64.

譲渡証書の紛失

会社の取締役は、登記された株式の譲渡証明書が署名されているにもかかわらず、その証明書が紛失または破棄されていることに満足している場合には、決議することができます。

(a) 適切と思われる株式の譲渡の証拠を受理する。

(b) 譲渡書類がない場合でも、譲渡人の氏名を会員名簿に記載すること。

65.

株式の譲渡日

第3条 株式の譲渡は、本款の規定に従い、譲渡人の氏名が会員名簿に記載されたときに、その効力を生じるものとする。

66.

清算機関や投資会社による有価証券の譲渡

(1) この節において

(a) -承認された規則とは、取決めに基づき当局が書面で承認した有価証券の所有権移転に関連した決済機関、外国の公認決済機関、証券預託機関または外国の公認証券預託機関の規則および手続きを意味します。

証券法、または外国の公認監督当局によるもの。

(b) -清算機関とは、認可を受けた清算機関を意味する。

証券法に基づき

(c) -公認外国清算機関とは、公認外国監督当局の認可を受けた事業体で、その認可を受けた事業には、証券取引に関連した清算または決済サービスの提供、またはその両方が含まれている。

(d) -公認外国規制当局当局とは、以下のような意味です。

証券法で定義されている。

(e) -公認外国証券施設とは、公認外国監督当局の認可を受けた事業体で、その認可を受けた事業には、 証券取引の決済のための中央証券保管所を含む、証券登録サービスまたは証券保管サービスの提供が含まれている。

(f) -認識された外国証券取引所を意味する。

証券法で定義されている。

(g) -証券ファシリティとは、証券法で認可された証券貸借取引を意味する。

(h) -セイシェル証券取引所とは、認可を受けた証券取引所を意味します。

証券法に基づく証券取引所。

(2) 第(3)項に従い、セーシェルの証券取引所または外国の公認証券取引所に上場している会社が発行する有価証券は、以下の通りとすることができる。

(a) 電子的な形式で発行されること。

(b) 物理的な形態から電子的な形態に変換されたもの、またはその逆のもの。

(c) 電子的手段により送信されたもの。

この法律その他の法律の規定にかかわらず、清算機関、公認外国清算機関、証券保管振替機関又は公認外国証券保管振替機関に預託され、又は決済された有価証券の所有権を移転する方法は、承認された規則に従って移転しなければならない。

第三項の規定は、有価証券の所有又は移転に関する宣言その他の命令を裁判所に申請する権利を妨げるものではない。

第四款 - 分配

67.

ソルベンシーテストの重要性

(1) この法律の目的のために、次の場合には、事業はソルベンシーテストを満たすものとする。

(a) 債務の返済期限が到来した場合に、その債務を返済することができること。

そして

を上回るものであること。

の資産の価値があるかどうかを判断するに当たり

取締役は、その負債の価値を超えて、取締役は

(a)考慮しなければならない

(i) 事業体の最新の財務諸表

(i) 取締役が知っている、または知っているはずのその他の状況が、当社の資産および負債の価値に影響を与える、または影響を与える可能性がある場合。

(b) 状況に応じて適切な資産の測定または負債の見積りに依拠することができる。

この節は、会社を参照することが保護細胞会社の細胞又は核を参照することであるかのように、保護細胞会社の細胞及び核に適用する。

68.

流通の重要性

(1) この法律においては、この編の規定に従う。

会社による会員への分配に関連した分配とは、 - - を意味します。

(a) 会員に対する、または会員の利益のために、企業の株式以外の資産を直接または間接的に譲渡すること。

(b) 株主が保有する株式または分配金請求権に関して、会員に対する債務または会員の利益のための債務の発生。

株主ではない会員の株式を購入したかどうか、また、購入した株式が株主ではない会員の

資産、株式の購入、償還、その他の取得、債務の譲渡、その他の方法で取得したもので、配当金を含みます。

(2) -頒布物には-が含まれていません。

解散時の組合員への財産分与による分配

(b) 破産手続き中及び破産手続きの目的のために、保護されたセル社会のセルの構成員に資産を分配すること。

(C) 保護されたセル社会のセルの構成員に、セルを終了させる間及びその目的のために財産を分配すること。

69.

配当の重要性

(1) この法律において「配当」とは、会社の資産をその構成員に分配することを意味する。

イ 全部又は一部払込済の賞与株式としての株式の発行

(b) 自己株式の償還若しくは買取り又は自己株式の買取りのための資金援助

(c) 資本金の額を減少させること。

(2)疑義を避けるため、配当は現金その他の資産で行うことができる。

70.

ディストリビューション

1.会社(保護細胞会社以外の会社)の取締役は、本款及び会社の覚書及び定款が課すその他の要件に従うことを条件として、会社が分配後直ちに支払能力テストを満たしていると信じるに足る合理的な理由がある場合には、決議によって、会社が適切と考える時期及び金額でその会社の構成員に分配することを承認することができる。

第一項の規定による取締役の決議には、当該会社が分配後直ちに支払能力テストを満たすと認める旨を記載しなければならない。

71.

保護された細胞会社による細胞分布と非細胞分布

(1) 第72条及び会社の覚書又は定款から生じるその他の要件に従うことを条件として、被保護細胞会社の取締役は、分配の直後に被保護細胞会社が第(2)項に定める支払能力テストを満たすことを合理的な根拠に基づいて納得した場合には、いつでも細胞に関する分配(細胞分配)を認可することができる。

被保護細胞社会が第一項の支払能力テストを満たしているかどうかを判断する際には、その細胞に係る細胞分配を確立するためには、以下の点を考慮してはならない。

(a) 企業の他のセルに帰属する資産及び負債。

(b) 企業の非セルラー資産及び負債。

(3) 第 72 条及び会社の覚書又は定款から生じるその他の要件を条件として、被保護細胞会社の取締役は、その分配の直後に、被保護細胞会社が第(4)項に基づいて適用される支払能力テストを満たすことに合理的に満足している場合には、その被保護細胞会社の非細胞資産及び負債に関する分配(非細胞分配)をいつでも承認することができる。

(4) 被保護セル事業体がセル以外の分配を行う目的で第(3)項に定める支払能力テストを満たすかどうかを判断する際には、被保護セル事業体のセルの資産及び負債は考慮してはならない。ただし、第十三部第四号に基づく負債の場合には、被保護セル事業体のセル以外の資産が被保護セル事業体のセルに帰属する負債を満たすために使用されることがある。

72.

ソルベンシーテストに不合格となった場合の分配金の回収

1.会社が会員に対して分配を行い、その直後にソルベンシーテストを満たさなかった場合、会社は会員から分配金(またはその価値)を回収することができるが、以下の場合に限る。

(a) メンバーが、事業がソルベンシー・テストに不合格であることを知らずに、善意によらずに分配金または分配金の利益(もしあれば)を受領した場合。

(b) 配布物の有効性に依拠して会員の立場が変更されていないこと。

(C) 全額返済を求めることも、全く返済しないことも不公平にはならない。

会社が会員または会員に対して分配を行った場合、会社が分配直後に支払能力テストを満たさなかった場合、第70条またはガードセル会社の場合は第71条に従って分配が行われたことを確認するための合理的な措置を取らなかった取締役は、会社に対して、会員からの請求ができない分配金の一部を会社に返済する個人的責任を負うものとする。

3. 裁判所は、本節の取締役または構成員に対して提起された訴訟において、会社が低額の配当によって支払能力テストを満たすことができたと判断した場合に は、裁判所は、以下のようにすることができる。

(a) 会員がそれを保持することを認めること。

(b) 適切に行われた可能性のある分配金の価値に等しい金額について、取締役の責任を免除する。

第五款 自己株式の消却及び取得

73.

当社は、自己株式の取得または償還を行うことができる。

(1) 第70条および第71条の規定に従い、会社は自己株式を取得することができる。

(a) 第74節、第75節および第76節。

(b) 定款または当会社と当該株主または株主との間の書面による契約に定められた自己株式の償還、買取りその他の取得に関するその他の規定。

当社は、自己株式の償還または買取りを行うことができる。

(2) 第74条、第75条および第76条の規定による場合を除き、会社が自己の株式を償還、買取りその他の方法で取得することができる場合には、定款または細則に基づき、その同意なしに株式を買い取り、償還、買取りその他の方法で取得する権利を有する場合を除き、会社は、その株式を償還、買取りその他の方法で取得することができないものとする。

(3) 会社が取得した株式は、第78条の規定により自己株式として保有している場合を除き、消却、買取り等により直ちに消却されたものとみなす。

(4) 会社は、償還の結果、その会社に会員がいなくなる場合には、その株式を償還することができない。

5.会社は、完済した場合に限り、株式を償還することができる。

に定められた自己株式の償還、買取りその他の取得に関する規定(以下この款では「償還契約」という。)によ り第74条、第75条および第76条が取り消され、または改正された場合において、自己株式の償還、買取りその他の取得に関す る償還契約と当会社の定款との間に不一致があるときは、次のとおり決議する。

(a) 取得契約に「会社の覚書及び定款に反している場合には、取得契約を優先する」旨の期限が記載されている場合には、取得契約が優先されます。

(b) 当社の覚書及び定款に抵触する範囲で買戻契約が優先する旨の定めがない場合には、当該覚書及び定款が優先する。

74.

自己株式の消却・取得の手続き

(1) 会社の取締役は、その会社の株式の償還、買取り、その他の取得の申し出をすることができる。

(a) すべての株主に対して、以下のような当社の発行する株式の買取り、購入または取得の申し出を行うこと。

(i) 受諾された場合、株主の相対的な議決権及び分配権に影響を与えないこと。

(i) 各株主に対し、本公開買付けに応じる合理的な機会を与えること。

(b) 1人以上の株主に対して、株式の買い戻し、買い取り、その他の方法で株式を取得するための申し出。

(i) 株主の全員が書面で同意したもの。

(i) 定款または定款で許可され、第75条に従って実施されるもの。

第一項(イ)項の規定による募集が行われた場合には

(a) 本公開買付けは、他の株主が本公開買付けに応じない場合、又は一部の株主が本公開買付けに応じない場合には、当 社が株主から追加的に株式を買い取る、買い取る、又はその他の方法で取得することを可能にするものであり、また、 (b) 本公開買付けは、他の株主が本公開買付けに応じない場合、又は一部の株主が本公開買付けに応じない場合には、当 社が株主から追加的に株式を買い取る、買い取る、又はその他の方法で取得することを可能にするものであり

(b) 追加株式数が、当社が償還、取得その他の方法で取得することができる株式数を超える場合には、それに応じて株式数を減少させます。

この節は、会社が、次の規定による自己株式の消却、取得その他の取得に関する規定を否定し、変更し、又はこれと相容れない限度においては、適用しない。

(a) 会社の覚書または定款、または

(b) 会社と株主との間で締結された書面による合意書。

75.

第74条第1項第(b)号に基づく1人以上の株主への申し出

(1) 会社の取締役は、その意見を記載した決議をしなければ、第 74 条(1)項(b)項(i)の規定に基づき、1 人以上の株主を対象とした申し出をすることができない。

(a)償還、購入その他の取得が残存株主の利益のためであること、及び第74条(1)(b)項(i)に基づく1人以上の株主への提供

(b) 募集条件及び株式の対価が、当社及び他の株主にとって公正かつ合理的であること。

第一項の決定には、その理由を記載しなければならない。

取締役の意見として

(3) 取締役は、第1項の規定による決議が採択された後、その提案がなされる前に、第1項の意見を述べな かった場合には、第74条第1項(b)(i)の規定に基づき、1人以上の株主を対象とする提案を行うことができない。

株主は、裁判所に対し、第一項の規定により株式の取得、償還その他の取得の予定の停止の決定を申し立てることができる。

74(1)(b)(i)の理由は、以下の通りです。

(a) 返済、購入またはその他の取得が残存株主の最善の利益にならない場合。

(b) 募集条件及び株式の対価が、当社又は他の株主にとって公正かつ合理的でないとき。

(5) この節は、自己株式の消却、取得その他の取得に関する規定を否定し、変更し、又はこれに抵触しない範囲では、会社には適用されない。

(a) 会社の覚書または定款、または

(b) 会社と株主との間で締結された書面による合意書。

76.

株主の選択による退任株式

(1) 株主の選択により株式を償還することができ、株主が当社に株式を償還する意思を正式に通知した場合。

(a) 当社は、通知書に記載された期日、または期日を定めない場合には通知書を受領した日に償還する。

(b) セクションに従って自己株式として保有されている場合を除く。

78 の場合、株式は償還時に消却されたものとみなされます。

そして

(c)償還の日から、旧株主は、償還時に支払うべき金額について、会社の無担保債権者とみなされる。

(2) 特定の日に株式を償還することができる場合

(イ) 当社は、その日をもって償還する。

(b) セクションに従って自己株式として保有されている場合を除く。

78 の場合、株式は償還時に消却されたものとみなされます。

そして

(c)償還の日から、旧株主は、償還時に支払うべき金額について、会社の無担保債権者とみなされる。

第七十四条及び第七十五条は、第一項又は第二項の規定による会社の株式の償還については、適用しない。

の規定による株式の払戻しに関する規定を否定し、変更し、又はこれと相容れない限り、この節は、適用されない。

(a) 会社の覚書または定款、または

(b) 会社と株主との間で締結された書面による合意書。

77.

分配金に該当しない償還または購入

会社による 1 株以上の自己株式の償還、購入、その他の取得は、以下の場合には分配とはみなされない。

(a) 当会社が、第 76 条に従って、かつ、第 76 条に従って、本株式を償還する場合。

(b) 株主が自己の株式を償還する権利、または自己の株式を当社の現金その他の財産と交換させる権利に基づき、当社がその他の方法で株式を償還する場合、または配当とはみなされない償還または購入を行う場合。

(c) 当社が(1)項の規定に基づき本株式を償還、購入その他の方法で取得した場合。

78.

自己株式

(1) 会社は、第73条に従って償還、購入、その他の方法で取得された株式を自己株式として保有することができる。

(a) 定款、定款又は定款に自己の株式を保有することを禁止していないこと。

(b) 取締役が、買戻し、購入またはその他の方法で取得する株式を自己株式として保有すると決定した場合。

(c) 取得、償還等により取得した株式数が、既に当社が保有している同種の株式と合わせて、当社が以前に発行した同種の株式の50%を超えないこと。

(2) 自己株式を保有している限り、自己株式に係るすべての権利義務は停止され、当社に対して行使されることはありません。

79.

自己株式の譲渡

当会社は、自己株式を譲渡することができ、自己株式の譲渡については、この法律および株式の発行に適用される定款の規定が適用されます。

第六部 資本金の変動

80.

名目上の会社の資本金の推移

(1) 第83条第2項、第3項及び第4項、第83条及びその覚書及び定款の規定を適用して、名目上の価額を有する会社は、第83条第2項、第3項及び第4項の規定を適用して、名目上の価額を有する会社を設立することができる。

(a) 第 III 項に従って覚書を修正する。

第二部の承認資本金を修正するために。

(b) 適切と思われる金額の新株を発行して資本金を増加させること。

(c) (発行されているかどうかにかかわらず)その株式の全部または一部を、既存の株式よりも額面金額の大きい少数の株式に結合すること。

(d) 株式の全部または一部を、既存の株式よりも少ない額面金額の株式に分割すること。

(e) その株式資本金の通貨建てまたは他の種類の株式資本金を変更すること。

発行済み株式を含む一種類又はシリーズの額面株式の分割又は組み合わせは、同一種類又はシリーズの株式の数を多くしたり、少なくしたりすること。

(3) 本項の規定により額面株式を分割又は併合した場合には、新株式の額面総額は、元の株式の額面総額と一致しなければならない。

当会社の資本金又はその構成に変更が生じた場合には、第一項ロからホまでの規定は、第一項イの規定に従う。

81.

額面金額のない会社の資本金の推移

(1) 第83条第2項および第3項、ならびにその覚書および定款を条件として、額面金額がない会社

(a) 発行可能株式数の増減を含め、発行可能資本を修正するために、第 II 部第 3 款に基づく覚書を修正する。

(b) (発行済か否かを問わず)その株式の全部または一部をより少ない数の株式にまとめること。

(C) その株式の全部または一部(発行されているか否かを問わず)をより多くの株式数に分割すること。

一種類又はシリーズの発行済み株式を含む無額面株式の分割又は組み合わせは、同一種類又はシリーズの株式の数の増加又は減少をもって行うものとする。

会社の資本金又は構成に変更があったときは、第一項ロ及びハの規定は、第一項イの規定に従う。

82.

株式の有効期限

1.会社は、法令に別段の定めがある場合を除き、以下を行うことができる。

(a) 本項に従い、完全払込株式以外の発行済み株式のすべてを、支払期日に支払われていないために消滅させる。

(b) それらの株式を没収するのではなく、それらの株式の償還を受け入れる。

(2) その会社の定款もしくは定款または株式の発行条件に反する規定があるにもかかわらず、株式は、その株式の支払いを怠った会員に対して、そのような没収の書面による通知が送達された場合に限り、没収されることができる。

第二項の差押え通知書には、その通知の送達があった日から十四日以内に、その通知に定める日までにその支払をすべき日を記載し、かつ、その通知に定める日までにその支払をしないときは、その支払をしない株式又はその一部を差押えることができる旨を記載しなければならない。

(4) 本項の規定に基づき失権通知書が発行され、その要件を満たさない場合には、取締役は、払込みの申出に先立ち、いつでも当該通知に係る株式を失権し、消却することができる。

当社は、第4項の規定により株式が消却された会員に対しては、金銭の返還義務を負わないものとし、当該会員は、当社に対する一切の義務から解放されるものとします。

83.

資本金の額の減少

(1) 本款および法令に別段の定めがある場合を除き、資本金のある会社は、特別決議により、すべての点で資本金の額を減少させることができる。

特に、第一項の一般性を損なうことなく、当社は、以下を行うことができる。

(a) 未払いの株式資本に関して、その株式の責任を取り消すか、または軽減する。

(b) 株式の消却または責任の軽減の有無にかかわらず、その株式の消却または責任の軽減は行わない。

(i) 利用可能な資産が失われているか、または利用可能な資産に表れていない払込済み株式資本を取り消すこと。

(i) 当社の要件を超える払込済み株式資本を返済するため。

(c) 必要な場合には、必要な範囲内で、資本金および株式の額を減少させて定款を変更すること。

会社の定款及び定款に定めるところにより、会社の取締役が、減資後直ちに支払能力テストを満たすことができると合理的な理由をもって納得した場合には、当該会社の払込資本金の額の減少を認める決定をしたときは、裁判所の確認を要しないものとする。

第三項の規定による取締役の決議には、資本金の額の減少の直後に、取締役が当該会社がソルベンシー・テストを満たすと認める旨を記載しなければならない。

(5) 第4項に基づき、正当な理由なく会社が支払能力を有していることを陳述した取締役は、犯罪行為を犯し、25,000米ドル以下の罰金を科せられます。

(6) 本節の規定は、投資ファンド(投資ファンド及びヘッジファンド法の意味での)または本節に従って株式を償還するその他の会社には適用されない。

84.

確認命令の確認のための裁判所への申請

第2項の規定により、資本金の額を減少させる旨の具体的な決定をした会社は、裁判所に資本金の額の減少を確認する命令を申請することができる。

会社が資本金の額を減少させる特別決議をした場合には、その減少の確認の決議を裁判所に申請しなければならない。

(a) 第83条(3)に従って取締役会の決議が行われていない場合。

(b) 会社の定款には、会社の株式資本の減少は裁判所の承認を条件とする旨が定められている。

(3) 資本金の額の減少には、以下のものが含まれます。

(a) 株式の未払額に関する債務の減額、または

(b) 会員に対する払込資本金の支払その他の場合において、裁判所が命令したときは、第四項、第五項及び第六項の効力は、第七項の全部を適用する。

(4) 当会社の債権者であって、裁判所の定める時において、その時が当会社の清算開始の時であった場合には、当会社に対して証拠として認めることができる債務又は債権を有するものは、株式資本の減少に異議を申し立てることができるものとする。

裁判所は、異議を述べる権利を有する債権者の名簿を定めなければならない。

(a) 債権者からの要求を必要とせずに、可能な限り、当該債権者の氏名、債務または債権の性質と額を決定すること。

b)は、リストに含まれていない債権者は、彼らがそうしていることを主張するか、または資本の減少に異議を唱える権利から除外される1つ以上の日を設定する通知の公表を命ずることができる。

第五款の名簿に記載された債権者であって、その債権又は請求が弁済されず、又は確定していないものが減額に応じないときは、裁判所は、その債権者の同意を得て、次に掲げる額を(裁判所が命ずるところにより)支払うことにより、債権者の債権又は請求の弁済を確保している会社を放棄することができる。

イ 企業が負債又は債権の全額を認めている場合、又は認めていないがその準備をしている場合には、負債又は債権の全額

ロ)債務や債権の全額を認めず、提供する気がない場合や、金額が不確定・不確定な場合には、照会・判決を経て裁判所が決定した金額。

7.提案された減資が、未払資本の負債を減少させるか、または株主に払込資本を支払う効果を有する場合には、裁判所は、適切と考える事案の特定の状況を考慮して、第4項から第6項までの規定を債権者のグループまたはクラスに適用してはならないと命ずることができる。

85.

減額確定命令

1)裁判所は、それが第84条に基づき、株式資本の減少に異議を唱える権利を有する会社の債権者のいずれかと納得している場合、そのいずれかを

イ 減額の目的で債権者の同意を得ていること。

或いは

(b) 債権者の債務または債権が弁済されたか、解決、確定、または担保された場合には、適切と思われる条件で資本金の額の減少を確認する命令を出すことができる。

(2) 裁判所は、裁判所の命令がある場合には、減資の理由その他の情報を適切に国民に周知させるために、裁判所が適当と認める場合には、減資に至った理由を公表することを会社に求める命令を出すことができる。

86.

注文の登録と削減のプロトコル

(1) 裁判所は、会社の持ち株の減少を確認するのか?

会社が登録機関に交付する資本金

イ 減額を確認した裁判所の決定

ロ 第二項の業務に関する情報を記載した裁判所の承認を受けた議事録

(2) 第(1)項が参照する情報は、----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------(2)

イ 裁判所が確認した減少した資本金の総額

(b) 株式資本を分割する株式の数、名目上の会社の場合は、各株式の金額。

(c) 額面会社の場合には、第 3 項の注文及び議事録の登録時における発行済み株式 1 株当たりの払込済みの残額

(d) 無額面会社の場合は、発行された株式の未払込額(ある場合)。

(3) 登記官は、決議および議事録を登記し、決議により確認された資本金の額の減少の決議は、その効力を生ずる。

登記官は、注文及び議定書の登録を証明しなければならない。

(a) 登録官が署名し、登録官の印鑑で押印すること。

(b)は、資本金の額の減少に関する本法の要件をすべて満たしており、当社の資本金が議事録に記載されたとおりであることを決定的に証明するものである。

(5) 登記された議事録は、定款の相当部分に読み替えるものとする。

87.

還元された株式に対する会員の責任

(1) 減資があった場合には、旧会員又は現会員は、議事録で定められた株式の額と、その株式の払込金額又は払込があったものとみなされた減額された金額との差額に相当する額を超えて、コール又は出資金のうち

(2) 資本金の額の減少に異議を唱える権利を有する債権者が、その減殺の手続又はその性質及び債務若しくは債権に及ぼす影響を知らなかったために債権者名簿に記載されず、会社がその減殺後の債務又は債権の額を支払うことができないときは、-。

イ 削減決議及び議事録の登録の際現に会社の構成員であった者は、その債務の弁済に寄与し、又はその日の前日に清算を開始した場合には寄与しなければならなかった額を超えない額を請求しなければならない。

(b) 会社が清算された場合、裁判所は、当該債権者の申請と前述の無知の証明に基づき、適切と考える場合には、貢献義務のある者のリストを作成し、清算の場合には、貢献義務のある者への電話連絡と命令を行い、執行することができる。

3.本節のいかなる規定も、投稿者同士の権利に影響を与えるものではありません。

88.

債権者の氏名等を隠した場合の罰則

に執行役員が申請した場合には

この款の裁判所は

(a) 資本金の額の減少に異議を唱える権利を有する債権者の氏名を故意に隠している場合。

(b) 債権者の債務または請求の性質または金額を意図的に虚偽表示する。

(c) このような隠蔽や不実表示が幇助、幇助、就任された場合、役人は有罪となり、有罪判決を受けた場合には25,000米ドル以下の罰金を科せられます。

第七款 株式に対する担保

89.

解釈

この款において「質権」とは、あらゆる形態の担保権を意味します。

を含むがこれに限定されない

(a)先取特権。

(b) 手数料。

(C) 会社の一株以上の株式の質権は、操作から生じる利息以外のものであり、質権者、質権者、質権者は、それに応じて解釈しなければならない。

90.

株式の質権

対象となります。

会社の覚書及び定款の規定

そして

(b) その他株主の事前の書面による合意。

91.

株式質権の形態

(1) 会社の株式を質権設定するには、質権の対象となる株式の保有者として会社の商業登記簿に記載されている株主の書面による署名または委任状が必要となる。

会社の株式の質権は、特定の形式のものである必要はなく、明示しなければならない。

誓約書を作成する意思があること。

(b) 質権で担保されている額又はその額の算定方法

92.

セーシェル法に基づく株式質権

1.本項に従い、会社の株式質権に適用される法律がセーシェルの法律である場合、質権者が質権の条件に基づ いて債務不履行をした場合、質権は以下の救済措置の対象となるものとする。

(a) 質権を設定している金融商品の制限または反対の規定に従うことを条件に、株式を売却する権利。

(b) 質権を設定する証書の制限またはその他の規定に従って、以下の権利。

(i) 株式の議決権行使

(i) 株式の受取りに関する分配金

(iii) 株式に関連して質権者のその他の権利および権限を行使する。

誓約が履行されるまで。

(c) 質権を設定する証書の制限または規定に反していることを条件に、受益者を指定する権利。

(i) 株式の議決権行使

(i) 株式の受取りに関する分配金

(iii) 株式に関連して質権者のその他の権利および権限を行使する。

誓約が履行されるまでの間

第三項の規定により、この款の救済措置は、次のとおりとする。

(1)の行使期限は以下のとおりである。

(a) 不履行が発生し、少なくとも 30 日間、または担保を設定する金融商品に指定されたより短い期間継続していること。

(b) 不履行を明記し、その救済を求める通知が送達されてから 14 日間または質権設定書面に明記されているより短い期間内に不履行が解消されなかった場合。

(3) セーシェルの法律で会社の株式を質入れすることが定められている場合、質入れの原因となっている証書にその旨の規定がある場合には、第(1)項の救済措置は、不履行が発生した場合に直ちに利用できるものとする。

第一項の救済は、質権証書に別段の定めがある場合を除き、裁判所の命令によらないで、これを適用する。

93.

セーシェル法に基づく売却権の行使 株式の質権

(1) 質権者が第 92 条(1)(b)項に基づき売却する権利を奪われた場合、セイシェル法に基づく株式質権証書の別段の規定にかかわらず、質権者は、第 92 条(1)(b)項に基づき売却する権利を奪われる。(a) 売却は、次の場所で行われるものとする。

(a) 売却時の公開市場価格、または

(b) 売却時に市場価格が存在しない場合は、合理的に入手可能な最善の価格。

(2) セーシェル法に準拠する株式質権証書に別段の定めがある場合を除き、第(1)項に基づく売却は、私募または競売を含むあらゆる方法で行うことができる。

94.

外国法に基づく株式質権

会社の株式質権に関する適用法がセーシェルの法律ではない場合

(a) 質権が当社に対して有効かつ拘束力のあるものであるためには、質権が適用法の要件を満たしていなければならない。

(b) 質権者が受けることのできる救済措置は、適用法および質権を設定した証書に従うものとする。

95.

強制執行命令の使用について

会社の株式質権に別段の定めがある場合を除き、質権の実行により生じたすべての金額は、次のように使用される。

(a) まず、先取特権の執行に要する費用を負担すること。

(b) 第二に、質権によって担保されている金額の荷揚げについて。

そして

(c) 第三に、質権者に対する残高の支払いについて。

96.

会員名簿の注釈と提出

(1) 会社は、先取特権を設定した株主からの書面による申請があった場合には、社員名簿に記載しなければならない。

(a) 株式が質入れされていることの表明、(b) 質権者の氏名および住所、および

(c) 申告と氏名が会員名簿に記載された日。

(2) 第349条の規定により、第1項の注釈を付した会社の社員名簿の写しを会社が会社登録所に提出することができる。

第八款 額面株式の無額面株式への転換およびその逆の転換

97.

名目上の会社の株式の転換

(1) 額面会社は、この節の規定による備忘録の変更により、その株式を無額面株式に転換することができる。

(2) 第(1)項の権限-第(1)項によって与えられた権限

(a)は、以下のすべてを変換することによってのみ行使することができます。

の株式を無額面株式に転換する。

(b) 会社の特別決議によってのみ、また、発行されている株式の種類が複数ある場合には、各種類の株式の株主総会で採択された特別決議の承認によってのみ。

(c)は、当社の発行済株式が完済されているか否かにかかわらず、行使することができる。

(3) 当社の特別決議事項

イ 発行する各種類の株式を分割する無額面株式の数

(b) 当社が発行する追加の株式数を指定することができる。

(c) 状況に応じて必要と思われる覚書および定款のその他の改正を行う。

(4) 本項に基づき株式を転換することにより、当社は、本項の規定に基づき株式を転換する。

(a) 各種類の株式の株式資本勘定から、当該種類の株式の払込金額の総額を当該種類の特定資本勘定に振り込むこと。

(b) 株式プレミアムまたは株式プレミアムの貸方に帰属する金額を、その金額があれば発行されていたであろう株式の種類に係る特定資本勘定に振り替えること。

名目上の会社の株式の転換

払い込み制の賞与として会員に発行された未発行株式の払込みに充当しております。

この節の規定により会社の株式を転換する場合には、転換の直前にその株式について払込がない金額は、請求により又は満期により支払わなければならない。

98.

額面金額のない会社の株式の転換

(1) 額面金額のない会社は、本項の規定に基づく定款の変更により、その株式を額面金額の株式に転換することができる。

(2) 第(1)項の権限-第(1)項によって与えられた権限

(a)は、以下のすべてを変換することによってのみ行使することができます。

の株式を額面株式で保有しています。

(b) 会社の特別決議によってのみ、また、発行されている株式の種類が複数ある場合には、各種類の株式の株主総会で採択された特別決議の承認によってのみ。

(c)は、当社の発行済株式が完済されているか否かにかかわらず、行使することができる。

(3) 本節に基づく株式の転換については、各種類の株式は、以下の株式に転換されるものとする。

(a) 可能な限り、名義人に転換前に付与された権利と同じ権利を付与する。

(b) 当社の特別決議により決定された額面金額が、当該種類の資本金勘定の貸方に相当する金額を当該種類の発行済み株式数で除した金額を超えないものであること。

特別決議により、状況に応じて必要な覚書及び定款の変更を行うものとする。

(5) 当社は、本項に基づき株式を転換することにより、当社の株式を転換するものとする。

報告された資本金の残高の額が各種類の株式について同額であることを条件とする。

転換される種類の株式の額面金額の合計を算出し、その金額を株式資本勘定に振り込む。

(b) この合計額面金額を超える範囲内で(ある場合には)、そのクラスの資本準備勘定へ。

この節の規定により会社の株式を転換する場合には、転換の直前にその株式について払い込まれなかった金額は、請求により又は満期により支払わなければならない。

PART VI - メンバーシップ PART I - メンバーズ

99.

最少会員数

第二項の規定により、会社は、常に一人以上の社員を有していなければならない。

第一項の規定は、会社が成立してから最初の取締役が選任されるまでの間は、適用しない。

100.

合同会社と保証人の要件

株式と保証のある株式会社の場合は、構成員のうち少なくとも1人が保証人になっています。

101.

未成年者・障害者

第二項の規定により、会社の覚書又は定款で禁止されている場合を除き、未成年者又は障害のある成人は、会社の構成員となることができる。

(2) 会社の覚書または定款で未成年者または障害のある成人が会社の社員であることを禁止している場合を除き、一人以上の者(本項では「代表者」と呼ぶ)が、未成年者または障害のある成人のために、また、未成年者または障害のある成人に代わって、株式に付随する議決権その他の権利の行使に関して、未成年者または障害のある成人の利益を代表する法的権利を有し、かつ、その意思を有する者でなければ、未成年者または障害のある成人には株式は発行されない。

この節のいかなる規定も、受託者又は後見人の資格を有する者が、未成年者又は障害のある成年者のために、また、そのために会員として会社の株式を保有することを妨げるものではない。

最少会員数

合同会社と保証人の要件

未成年者・障害者

ソル

(4) 第3項の代理人及び管財人又は後見人であること、(a) 未成年者又は障害のある成年者でないこと。

(b) 未成年者又は障害のある成人の最善の利益のために行動すること。

102.

会員の責任

合同会社の社員は、社員として会社の義務を負うことはできない。

(2) 組合員の会社に対する組合員の組合員としての責任は、以下に限定される。

イ その所有する株式の未払賃金

(b) 会社の覚書または定款に明示的に規定されている責任。

(c) 第72条第1項の規定による分配金の返済義務 (3) 本会社に対する保証人の責任は、本会社が負うものとする。

ギャランティメンバーは、-に制限されています。

(a) 第16条(1)に基づき、保証メンバーが覚書に基づいて拠出する義務を負う金額。

(b) 会社の覚書または定款に明示的に規定されているその他の責任。

(c) 第七十二条第一項の規定による分配金の償還義務

103.

会員へのサービス

本契約に基づいて必要とされるすべての通知、情報、または書面。

企業が会員に対してとるべき措置を提供しています-。

(a) 適切な場合には、覚書または条文に指定された方法で、または

(b) 備忘録または定款に規定がない場合は、会員名簿に記載されている住所にある各会員に 対して、直接配達または郵便で、または会員が同意した場合は、第364条および第365条の下で認められている電子的手段によ り、以下の規定に従った方法で送付する。

第二款 会員名簿

104.

メンバー一覧

1.第106条に従い、各会社は、セイシェルの登記上の事務所に登記簿を置き、その登記簿には、会社に適した以下の情報を記載しなければならない。

イ 当該会社の株式を保有する者の氏名又は名称及び住所

(b) 各株主が保有する各種類・シリーズの株式数

(c) 保証人として会社の構成員である者の氏名及び住所

(d) 各会員の氏名が会員名簿に記載された日。

(e) 会員でなくなった日

事業者は、第一項の規定により会員名簿に記載すべき情報を正確かつ最新のものにしなければならない。

(3) 会員名簿は、理事会が承認した形式で保管することができるが、磁気的、電子的、その他のデータ記憶装置である場合は、その内容を判読可能な証拠を提供することができなければならない。

(4) 会社の元メンバーを示す項目は、そのメンバーが登録簿から除名された日から7年を経過すると、登録簿から除名することができる。

(5) 第1項または第2項に違反した者は、500ドルの罰金に加え、違反が続く日またはその一部ごとに50ドルの加算金を科される。

(6) 上記(1)項または(2)項の違反を故意に許可した取締役は、違反が継続する日またはその一部ごとに、US$500 のペナルティとUS$50 の追加ペナルティを支払う義務がある。

105.

レジスターの性質

(1) 会員名簿は、この法律で命じられ、又は許可された事項をすべて記載するための疎明な証拠となるものである。

第一項の一般性を害することなく、会社の株式の名義人として社員名簿に氏名が記載されていることは、その株式の名義がその者に属することを示す疎明の証拠となる。

3.会社は、定款、定款または法令に基づき、会社の登記簿に記載された株式の保有者を唯一の権利を有する者として扱わなければならない。

(a) 当該株式に付された議決権の行使、(b) 通知を受けること。

(c) 株式に関する分配を受けること。

(d) 株式に付随するその他の権利および権限を行使すること。

106.

上場会社の会員名簿

(1) 上場会社(証券法で定義されている)は、登記所以外のセイシェルの場所で会員名簿を維持する許可を登録機関に書面で申請することができる。

2) 登録官は、その裁量で、第1項に基づく上場会社からの要請を承認し、若しくは拒絶し、又は当該要請を承認するために適切と思われる条件を課すことができる。

上場会社は、第一項の規定により承認を受けた場所に会員名簿を備え付けている場合には、その会員名簿を管理しなければならない。

(a) 登録官の書面による事前の同意なしに、会員名簿の保管場所を変更してはならない。

(b) 登録官が(1)項に基づく認可を与えてから14日以内に、登録代表者にその会員名簿の所在地の住所を 書面で通知する。

(c) 会員の所在地に変更があった場合、14日以内に、変更後の所在地を登録代理人に書面で通知すること。

(d) (4)項を条件に、会員名簿の写しを登録事務所に保管し、名簿に変更があった場合には、14日以内にその更新された名簿の写しを登録代理人に提供しなければならない。

(4) 第(3)(d)項に基づく要件を遵守する代わりに、事業は、登録機関の事前の書面による同意を得て、登録機関が適切と考える条件で、登録代理人に電子的またはその他の即時のメンバー登録へのアクセスを認めることができる。

(5) 上場会社が証書株式と無記名株式の両方を発行する場合、または発行することができる場合、上場会社は、事前に登録機関の書面による同意を得て、登録機関が適切と考える条件の下で2つのサブ登録機関を維持することができ、これらの登録機関はその会社の構成員のリストを構成する。

(6) 本項の要件に違反した企業は、500ドルの罰金と、違反が続く日またはその一部ごとに25ドルの追加罰金を課せられなければならない。

(7) 本節に基づく違反行為を故意に許可した取締役は、500米ドルの罰金と、違反行為が継続する日またはその一部ごとに 25米ドルの追加罰金を支払う責任を負うものとする。

107.

会員名簿の閲覧

(1) 取締役又は会社の構成員は、無償でこれを処分する権利を有する。

第一項の情報を閲覧する権利は、会社が定款又は取締役の決議で定める合理的な通知その他の制限に従うものとするが、各営業日の閲覧時間は、二時間以内とする。

第一項の規定による閲覧権を有する者は、本会の会員名簿の謄本又は抄本を請求することができる。

第一項の規定による審査が拒否されたとき、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは、第一項の規定による審査が拒否され、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは、第一項の規定による審査が拒否され、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは

(a) 犯罪行為を犯し、有罪判決を受けた場合、5,000米ドルを超えない罰金を科せられる。

b) 負傷した当事者は、裁判所に対し、登記簿の閲覧を許され、又は登記簿の写し若しくはその抜粋を閲覧できるようにする命令を申請することができる。

第四項の申請があったときは、第一審裁判所は、適当と認める決定をすることができる。

108.

会員名簿の訂正

(1) もしも

(a) 第104条に基づき会員名簿に記載されなければならない情報が名簿から削除されたか、 または誤って記載された場合。

(b) 登記簿への入力に不当な遅延があるとき。

会社の構成員または不作為、不正確または遅延により損害を被った者は、裁判所に登記簿の修正命令を申請することができる。

第一項の規定による申立てがあった場合には、裁判所は、- することができる。

(a) 申請者が負担すべき費用の有無にかかわらず、申請を却下するか、または登記簿の訂正を命じ、申請にかかる費用および申請者が被ったすべての損害を当社が負担すること。

(b) 登記簿に名前を記載または削除させる手続の当事者の権利に関する質問は、その質問が以下の間で生じたかどうかを判断するものとする。

一 二人以上の会員又は会員と疑われる者

(i) 一人または複数のメンバーまたはメンバーと疑われるメンバーと事業体との間のもの

(c) その他、会員名簿の訂正に必要または適切な質問を解決すること。

第三款 総会および決議

109.

決議

1. 本法または会社の定款に別段の定めがある場合を除き、会社の構成員が本法または定款によって与えられた権 利を行使することは、決議によって行われるものとする。

(a) この款に基づいて開催された総会で決定された。

(b) は、§122 に従って書面による決議によって行われるものとする。

110.

普通決議

(1) 第111条の規定により、本会の会員又は会員の団体の単純決議とは、単純多数決で採択された決議をいう。

会議における挙手の決定は、議決権を有する会員の半数以上が直接又は代理で行った場合には、単純多数決とする。

3.会議の議決は、議決権を有する会員の総議決権数の半数以上を代表する会員が、本人または代理人のいずれかの方法で議決した場合には、単純多数決による。

本款の規定による議決は、議決権を行使することができる委員の議決権の過半数を超える委員が行った場合には、単純多数決によ るものとする。

第二項、第三項及び第四項の目的のために

(a) 株主の議決権は、その有する株式に係る議決権の数に応じて集計する。

(b) 備忘録または定款に別段の定めがない限り、保証会員は、議決権を行使することができる各決定について、1 票の議決権を有するものとする。

(6) 単純決定でできることはすべて特別決定でもできる。

(7) この法律において、別段の定めがない限り、会員の決議についての言及は、通常の決議を構成するものとみなす。

111.

議決権比率の高い普通決議が必要となる場合があります。

110条は、会社の覚書および定款が、すべての通常の決定または特定の通常の決定を単純多数を超える投票の過半数で採択することを規定することを妨げるものではありません。

112.

特別な決定

(1) 第113節の規定により、本会の会員又は会員の団体の特別決議とは、3分の2以上の多数で採択された決議をいう。

2.議会の議決は、議決権を有する議員の3分の2以上の議決権者が直接又は代理で行った場合には、その3分の2以上の多数決で採択される。

3.議会の議決は、議決権を有する会員の総議決権の3分の2以上を代表する会員が、直接又は代理人のいずれかの方法で議決した場合には、3分の2以上の多数決で決するものとする。

4.本款の規定による議決は、議決権を有する会員の議決権の3分の2以上を代表する会員の議決権の3分の2以上をもって行うものとし、書面による議決は、議決権を有する会員の議決権の3分の2以上をもって行うものとする。

113.

特別決議は、議決権比率の高いものが必要な場合があります。

§ 第112条は、会社の覚書および定款に、すべての特別決議または特定の特別決議が3分の2以上の多数決で採択されなけ ればならないと規定されている可能性を排除するものではない。

114.

総会の開催

第 1 条 会社の定款の定めに従い、会社の構成員の会議は、会議を招集した者が適切と考えるセーシェル国内または国外の 時期および場所で開催することができる。

2.会社の法令の制限に従い、次のいずれかの者は、いつでも会社の構成員の会議を招集することができる。

(a) 会社の取締役。

(b) 会合を招集することを定款または定款で承認された者。

第3条 会社の取締役は、定款に定めるところにより、議決権の20%以上を行使することができる社員の書面による招集を求められたときは、社員総会を招集しなければならない。

(4) 第(3)項に基づく書面による申請書は、会議の主題を記載し、申請者のメンバーが署名し、または申請者を代表して署名し、会社の登録事務所または主たる事業所で取締役に交付しなければならず、また、1人以上の申請者のメンバーが署名し、または申請者を代表して署名し、同様の形式の複数の書類で構成することができる。

(5) 本款で言及されている期限を改正する覚書または定款の規定に従うことを条件として、申請会員または全会員の総議決権の半分以上を代表する会員は、取締役が上記(3)項および(4)項の書面による請求を受けてから21日以内に招集しなかったが、その日から2ヶ月以内にいわゆる会議を招集しなかったが、その日から3ヶ月以内にいわゆる会議を招集しなかった場合には、自ら会議を招集することができる。

(6) この節の規定により会員の請求により招集された会議は、理事が招集すべき会議と同様の方法で、できる限りこれを招集しなければならない。

(7) 理事が招集を怠ったことにより申請会員が被った合理的な費用は、会社が申請会員に弁償し、弁償した金額は、不履行となった理事に対する手数料その他の報酬として会社が支払うべき金額から会社が留保するものとする。

115.

総会のお知らせ

(1) 会社の構成員の会議を招集する者のうち一人以上を長期に招集する者は、覚書および定款の義務を条件として、招集時の構成員名簿に構成員の氏名が記載されており、かつ、会議において議決権を有する者とする。

(a) 決定を採択するための会議の場合は、少なくとも21日前までに書面で通知すること。

(b) 第一項の会議以外の会議にあっては、少なくとも七日前までに書面で通知しなければならない。

第一款の規定にかかわらず、招集義務に違反して開催された総会は、第一款の規定にかかわらず、総会において議決権の過半数の九十パーセントその他本条で定めるところにより議決権の過半数を有する会員が総会を招集する権利を放棄したときは、その効力を有するものとし、この場合においては、その会員が総会に出席したときは、その放棄とみなす。

(3) 総会を招集した者が不注意で会員のために招集をしなかったこと、又は会員が招集を受けなかったことは、その集会を無効にすることはできない。

116.

定足数

ただし、定足数が定められていない場合は、会議の開始時に、本人または代理人が出席し、議決権の少なくとも50%を行使する権利を有する会員が出席していれば、すべての目的のために正式に構成された会議となる。

117.

電話等の電子的手段による会議への参加

本会の規定に従い、本会の会員は、以下の場合、総会に出席したものとみなされる。

(a) 会員が電話またはその他の電子的手段で出席する場合。

イ)会議に出席しているメンバー全員がお互いの声を聞くことができること。

118.

会議における会社組織の代表

(1) 会社は、この法律の意味で会社であるかどうかにかかわらず、その取締役または他の統治機関の決議によって、会社、会社のメンバーのグループまたは会社の債権者の会議に出席する権利を有する会社の代表者として行動することが適切であると思われる人物に権限を与えることができる。

(2) 第(1)項の下で権限を与えられた者は、その者を代表する法人がその法人の個人会員または債権者であった場合と同様の権限を、その法人に代わって行使する権利を有するものとする。

119.

株式の共有

株式が共同で所有されている場合は、覚書と定款の対象となります。

は、本人または代理人が総会に出席し、会員として発言することができる。

(b) そのうちの一人だけが直接または代理人として出席している場合は、その一人が全員を代表して投票することができる。

(c) 二人以上の者が本人または代理人として出席した場合は、その者が一人として議決権を行使しなければならない。

120.

権限のある人

(1) 会社の構成員は、会社の会議に参加し、投票する権利を有する会社の会議において、その構成員を代表するために、その構成員の委任された代表者以外の者を書面により指名することができる。

権限を有する代表者が第一項の規定により会議に出席した場合には、代表者を選任した会員を代表して発言し、投票することができる。

この項は、総会のほか、あらゆる種類の会員の会議にも適用する。

121.

調査の需要

(1) 会社の覚書および定款の規定は、次のいずれかに該当する場合には、その効力を有しない。

(a) 総会または会員グループの会合において、議長の選出または会合の休会以外の問題につい て投票を求める権利を排除すること。

(b) そのような質問に対する調査の依頼であって、次のいずれかであること。

(i) その質問に対して投票権を有する少なくとも5人の会員によるもの。

一 当該事項について議決権を行使することができる者の議決権の総数の十分の一以上を代表する一人以上の委員によること。

その集会における議決権行使の委任状を委任する書面もまた、その請求又は参加の委任状とみなす。

第1項の目的のために、会員の代理人である者の請求は、当該会員の請求に相当するものとする。

3.複数の議決権を有する会員は、当該会議において議決権を行使する場合、本人または代理人が議決権を行使する場合には、その議決権の全部を行使し、またはその議決権の全部を同様に行使することはできないものとする。

122.

会員の承認決定書

1.本会社の覚書および定款の定めに従い、総会または社員集団において社員が行うことができる行為は、事前の通知なしに、社員の書面による決議、またはテレックス、電報、ケーブル、その他の書面による電子的通信によっても行うことができる。

第一項の決定は、一人以上の会員が署名し、又は一人以上の会員を代表して承認した書面による電子的通信を含む複数の文書で構成することができる。

3.本節に基づく決定は、同意の文書または複数の文書のうち最後に署名されたものが、決議に定められた後日に署名その他の方法で承認されたときに行われたものとみなす。

123.

第一審裁判所は、審理を命じることができる。

審判所は、以下の事項を考慮した場合には、審判所の指定する方法で総会を招集し、開催し、実施することを命ずることができる。

(a) 本法または会社の法令で定められた方法で会社の構成員の会議を招集し、または開催することが何らかの理由で現実的でない場合。

イ)総会を開催することが本会の会員の利益となること。

(2) 第(1)項の規定による免除の申請は、当会社の会員または取締役が行うことができる。

第一審裁判所は、審理を行うための費用及びその費用の担保の提供等、適切と認める条件で、第一項の規定による命令をすることができる。

このような命令が発せられた場合には、裁判所は、適当と認める追加的又は事後的な命令を発することができる;このため、集会も集会とみなすことができる。

124.

閉会中の会議での決議

閉会した社員会議または会社の社員グループの会議で決議が採択された場合、その決議は、いかなる目的においても、実際に採択された日に採択されたものとして扱われ、それ以前に採択されたものとはみなされない。

125.

議事録の保存と会員の意思決定

(1) 会社は、次のことをしなければならない。

(a) 会員のすべての会議の議事録。

(b) メンバーのグループのすべての会議の議事録。

(c) メンバーが同意したすべての決議文のコピー。

(d) メンバーのグループが合意した決定書のすべてのコピー。

第一項の記録(この款において「議事録及び決議書」という。

(3) 本項に違反した企業は、違反が続く日またはその一部ごとに25ドルの罰金を科される。

(4) 本節の下で故意に違反行為を許可した取締役は、違反行為が続く日またはその一部ごとに 25 米ドルの罰金を支払う義務がある。

126.

会員の議事録・決議の場所

(1) 会社は、取締役が決定したセイシェル内外の場所に、その議事録および決議を保管しなければならない。

2.会社は、議事録及び決議書を登記された事務所に置かない場合には、登記された代表者に、議事録及び決議書の保管場所の実在する住所を書面で通知しなければならない。

(3) 当会社は、議事録及び決議事項の保存場所に変更があった場合には、変更後14日以内に、議事録及び決議事項の保存場所の現住所を書面で登記上の代表者に通知しなければならない。

(4) (1)、(2)または(3)項に違反した企業は、違反が続いた日またはその一部ごとに25ドルの罰金を課せられなければならない。

(5) (1)、(2)または(3)の規定に基づく違反を故意に許可した理事は、違反が継続している間、その日またはその一部につい て、25US$の罰金を科す責任がある。

127.

会員の議事録・決議書の閲覧

(1) 会社の取締役は、会社の経営を監査する権利を有する。

議事録・決議は無料です。

(2) 本会の会員は、その会員が所属する団体の議事録及び決議文を無料で閲覧することができる。

第一項又は第二項の情報を閲覧する権利は、会社の定款又は取締役の決議によって定められた合理的な通知その他の制限に従うものとするが、毎営業日二時間を超えてはならない。

(4) 上記(1)項または(2)項に基づく閲覧権を有する者は、その権利を有する会社の議事録および決議文の写しを請求することができる。

第一項若しくは第二項の規定により審査を拒否されたとき、又は第四項の規定により請求された書類の写しが申請日から二十一営業日以内に提供されないときは、第一項若しくは第二項の規定により審査を拒否され、又は第四項の規定により請求された書類の写しが申請日から二十一営業日以内に提供されないときは、第一項若しくは第二項の規定により審査を拒否され、又は第四項の規定により請求された書類の写しが申請日から二十一営業日以内に提供されないとき。

(a) 犯罪を犯し、5,000米ドル以下の罰金に処せられる。

b)負傷者は、問題の議事録及び決定書へのアクセスのために、または彼が利用できるようにするためのコピーのために裁判所に申請することができる。

第五項の申請があったときは、裁判所又は審判所は、適当と認める決定をすることができる。

PART VII - ディレクター

第一款 企業の経営

128.

経営陣

当社の取扱説明書に記載されている変更や制限事項が適用される場合があります。

備忘録や記事

(a) 会社の業務及び事務が、会社の取締役又はその指揮監督下で行われていること。

(b) 会社の取締役は、会社の事業と業務を指揮、管理、監視するために必要なすべての権限を持っている。

129.

常務取締役による会社の義務の履行

この法律で会社または事業に義務または義務が課せられている場合、会社は、その義務、義務または行為が会社の取締役によって実行されているか、または実行されなければならないと別段の定めがない限り、いかなる行為も行う権限を有するものとする。

130.

最少取締役数

(1) 会社は、セーシェルの他の法律で定められている場合を除き、この法律に基づいて任命された取締役を常に一人以上置かなければならない。

第一項の規定は、会社が成立してから最初の取締役が選任されるまでの間は、適用しない。

第一項の規定により、会社の取締役の数は、会社の定款又はその定める方法で定めることができる。

131.

事実上の取締役

(1) 第2項の規定による「取締役」の読み方を妨げることなく、会社の取締役に正式に選任されていないが取締役の地位にある者、または会社の業務を指揮し、管理し、または監督する者は、その会社の取締役として扱われる。

第一款の規定により会社の取締役として扱われる者を、この法律においては、事実上の取締役という。

(3) 何人も、会社またはその取締役の一人に対して専門的な助言をしたからといって、事実上の取締役になることはできない。

会社に正式に選任された取締役がいない場合には、事実上の取締役は、この法律の目的上、その会社の取締役とみなす。

132.

権力委譲

1.会社の取締役会は、会社の覚書または定款に制限があることを条件に、取締役会が次の権限を委任する権限を与えられていない場合を除き、1つまたは複数の権限を取締役委員会、会社の取締役または従業員、またはその他の者に委任することができる。

(a) 事業の分配を承認すること。これには、第 70 条(1)項または第 71 条(1)項に基づく、提案された分配の直後に事業がソルベンシーテストを満たしているかどうかの判断も含まれる。

(b) 念書または定款を改正すること (c) 取締役委員会を任命すること

(d) 理事会に権限を委譲し、(e) 理事を選任または解任する。

(f) 代表者を選任し、又は解任すること。

(g) 計画又は合併、統合又は整理を承認すること。

(h) 会社の任意整理を承認すること。

(2) 第(1)項の下で権限を委任した理事会は、理事会が権限を行使した場合を除き、委任された者が権限を行使する責任を負うものとする。

(a) 権限の行使に先立って、委任者が本法および当社の覚書および定款によって当社の取締役に課せられた義務に従って権限を行使すると信じられる正当な理由があると信じられる場合、および

(b) 適切かつ適切な方法で委任者の権限の行使を監督した。

第二款 取締役の選任、解任及び退任

133.

役員の資格

(1) 会社の取締役は、第2項、定款および国際企業サービス提供者法(キャップ275)の規定の適用を受けて、自然人または法人である。

(2) 次の者は、会社の取締役になることができない。

a)の人

未成年者

二 障害のある成人であること。

三 破産債務者であって、未だに免責されていないものであること。

(b) 巻かれているか、又は巻かれている事業体

(c) この法律、その他の書面による法律、または裁判所の命令に基づき、取締役としての任務から除外されている者。

(d) 特定の会社について、その会社の覚書または定款で取締役を務めることを禁止されている者。

(3) 第1項で禁止されているが、会社の取締役を務める者。(2)は、取締役に義務または義務を課すこの法律の規定の目的のために、会社の取締役とみなされなければならない。

134.

取締役の選任

当会社の定款の加入者又はその過半数が、当会社の設立の日から9ヶ月以内に、当会社の最初の取締役又は取締役を選任しなければならない。

(2) 会社の取締役には、次の者を選任することができる。

(a) 備忘録または定款に別段の定めがない限り、単純な決議によって会員が行う。

(b) 備忘録または定款で認められている範囲内で、取締役の決議によって。

3.理事は、選任された解決策で定められた任期で選任される。

会社の覚書又は定款に別段の定めがある場合を除き、会社の取締役は、取締役会の欠員を補充するため、取締役を1名以上選任することができる。

第四項の目的のため、第四項の場合においては、- 第四項の規定は、- 第四項の規定によるものとする。

(a) 取締役の任期満了前に死亡その他の事由により取締役会に欠員が生じたとき。

(b) 取締役は、取締役でなくなった者が辞任するなどして辞任したときに残存していた任期を超えて取締役を選任することができない。

6.理事は、後任者がその職務に就くまで、または早期に死亡、辞任、解任されるまで在任する。

135.

常任理事の選任

会社に自然人である社員が一人しかおらず、その社員が会社の唯一の取締役を兼ねている場合、その一人の社員/取締役は、覚書または定款の規定にかかわらず、その社員/取締役が死亡した場合には、会社の取締役になることを妨げられない者を書面で、唯一の取締役に代わって代行する者を指名することができる。

136.

予備役の選任終了

(1) 当会社のリザーブ・ディレクターとしての選任は、次の場合には失効する。

(a) 唯一の会員/理事が死亡する前に、その会員/理事が任命された場合

(i) 予備理事を辞任したとき。

(i) 唯一のメンバー/ディレクターが書面で任命を取り消す場合。

(b) その者を選任した唯一の構成員・取締役が、その者の死亡以外の理由により、当社の唯一の構成員・取締役でなくなったとき。

第1項の規定により、その選任した唯一の構成員・取締役が死亡したときは、予備取締役は、取締役の義務及び責任を含め、この法律に基づくすべての目的のために、当会社の取締役となる。

137.

取締役の解任

1.会社の取締役は、会社の法令の定めるところにより、会社の構成員の議決を経て解任することができる。

2 定款の規定により、第一項の決議のみを行うことができる。

(a) 理事の解任又は理事の解任を含む目的のために招集された社員総会で、又は

(b) 投票権を有する本会会員の投票権の半数以上を占める書面決議によるもの。

3 第2項イの招集通知には、理事を解任することを目的とする旨又はその目的の一つである旨を記載しなければならない。

4.会社の定款で認められている場合には、取締役は、取締役の決定によって解任することができる。

第二項及び第三項の規定は、定款の定めるところにより、第三項中「理事」を「会員」に改め、第四項の理事の決定に適用する。

138.

取締役の退任について

(1) 会社の取締役は、会社に対して書面による辞任の通知をすることにより辞任することができる。

企業の理事は、第百三十三節の規定により理事となることができなくなったとき、又は理事となることができなくなったときは、直ちに辞任しなければならない。

139.

副理事の選任

(1) 当会社の取締役は、定款および定款および国際企業サービスプロバイダー法(キャップ275)の規定に従い、第1項の規定により取締役を務めることが禁じられていない他の者を、他の取締役または他の取締役を補欠として指名することができる。

(a) 指名取締役の権限を行使すること。

ロ 選任理事の職務を行うこと。

選任取締役不在時の取締役の意思決定について

2.選任理事は、いつでも契約を解除することができる。

(3) 副理事の選任及び解任は、書面で行うものとし、その選任及び解任の通知は、選任理事が会社に書面で行うものとする-。

(a) 通知又は条文に定められた期間内に、又は

ロ 通知又は条文に期限が定められていないときは、できる限り速やかに。

副理事の選任の解除は、当社に書面で通知された後でなければ、その効力を生じない。

(5) 副所長

(a) 指名理事にも副理事にも、副理事を指名する権限を与えられていない。

(b) 指名取締役を代表して、または指名取締役を代表して行動してはならない。

140.

副理事の権利と義務

1.副理事は、経営委員会の会議および書面による承認のために回覧された決定書に関しては、 任命理事と同様の権利を有する。

取締役の意思決定に関連して副理事の権限が行使された場合、その権限は、指名理事が行使したも のと同様に有効である。

副院長は、副院長としての自己の作為及び不作為について責任を負うものとし、副院長に選任された者が副院長を務める場合には、本編第3款の規定を適用する。

141.

役員報酬

会社の覚書または定款に従うことを条件として、会社の取締役は、会社に提供されたサービスに対する取締役の報酬を、いかなる地位にあっても決定することができる。

142.

継続的な責任

取締役の任期を終了した取締役は、本法のすべての規定に基づき、また、取締役としての任期中に行った行為、不作為または決定に関して、取締役に義務を課すセーシェルのその他の法律に基づき、責任を負うものとする。

143.

取締役の行為の有効性

取締役を務める者の行為は、後に以下の事実が判明した場合であっても有効である。

イ その者の取締役就任に誤りがあったこと。

(b) 第132条の規定により、その者が取締役を務めることが禁止されている。

(c) 職を辞したとき。

(d) 問題となっている事項について投票権を有していなかったこと。

第三款 取締役の職務と抵触

144.

取締役の職務の執行

本節および第145節の規定に従い、理事は、その権限の行使および職務の遂行において、次のことを行うものとする。

(a) 協会の定款に基づく。

記事を見て

(b) 正直かつ誠意を持って、取締役が会社の最善の利益と考える行動をすること。

(c) 合理的に賢明な人が同じ状況で使用するような注意、勤勉さ、能力を使用します。

145.

子会社取締役等

1.完全子会社である会社の取締役は、取締役としての権限または義務を行使する際に、その会社の定款または定款で明示的に認められている場合には、その会社の親会社の最善の利益にならない場合でも、その会社の親会社の最善の利益になると考えられる方法で行動することができる。

2.子会社であって完全子会社でない会社の取締役は、定款で明示的に認められている場合には、親会社以外の社員の事前の同意を得て、権限の行使または取締役としての機能を果たす場合には、親会社の利益にならない場合でも、親会社の最善の利益になると考えられる方法で行動することができる。

3.メンバー間のジョイントベンチャーを運営する事業の取締役は、ジョイントベンチャーの運営に関連して取締役としての権限または義務を行使する際に、事業の定款で明示的に許可されている場合には、事業の最善の利益にならない場合でも、1人以上のメンバーの最善の利益になると考えられる方法で行動することができる。

146.

侵害の回避

第2項を条件として、会員または会員が第144条の違反を承認または批准する権限を有する法の規則の適用を損なうことなく、以下の場合には、理事の作為または不作為は、第144条の違反として扱われないものとする。

(a) 本会の会員全員が、会員の決議により、その行為または不作為を承認または批准すること。

(b) 行為または不作為に続いて、企業は、債務の期限が到来したときにその債務を決済することができるようになる。

(2) 第144条に違反した取締役の作為または不作為については、第(1)項を利用してはならない。

(a) 本契約に基づいて課される可能性のある罰金またはペナルティ

セーシェルの法律またはその他の法律。

(b) 取締役または会社のその他の刑事責任または規制責任。

147.

記録と報告書への信頼

(1) 第(2)項を条件として、会社の取締役は、その権限の行使または取締役としての義務の遂行において、メンバーのリスト、帳簿、記録、会計、その他の文書、その他作成または利用可能な情報、および以下の専門家または専門家の助言に依拠する権利を有する。

(a) 当該事項に関して信頼でき、かつ有能であると信じるに足る正当な理由のある企業の従業員。

(b) 監督がその人の専門的または技術的能力の範囲内であると合理的に考える事項についての専門的な アドバイザーまたは専門家。

(c) 理事または委員会が指定した権限の範囲内の事項に関して、理事が所属していない他の理事または理事会。

第一項の適用は、第一項の場合に限る。

イ 善意で行動すること。

(b) 状況から調査の必要性が生じた場合には、適切な調査を行うこと。

(c) 会員名簿や帳簿、記録、財務諸表などの情報や専門的なアドバイスに対する信頼が正当化されていないことを知らない。

148.

利害関係の開示

1.事業の取締役が、事業の利益に実質的に反している、または反している可能性のある事業が締結した、または締結する予定の取引に利害関係を有する場合、取締役は、そのような利害関係を有することを知った日から7日以内に、その利害関係を事業の取締役会に開示しなければならない。

(2) 企業の理事は、以下の場合、第(1)項を遵守する必要はない。

(a) 取締役と当社との間で取引または取引の提案が発生した場合。

(b) 当社の通常の業務の過程で、慣習的な条件で取引または取引の提案が完了するか、または完了する予定であること。

(3) 第(1)項の目的のためには、取締役が他の指定された企業または個人のメンバー、取締役、その他の役員または管財人であり、登録または開示の日以降にその企業または個人との間で行われる可能性のある取引について利害関係があると考えられることを取締役会に開示することは、その取引に関連する利害関係の開示として十分である。

(4) 第149条(1)項を条件として、取締役が第1項に従わなかった場合でも、取締役または会社が締結した取引の有効性には影響を与えないものとする。

第1項の目的のためには、取締役会に通知し、又は取締役の注意を喚起しなければ、取締役会に開示してはならない。

取締役会での開示は、議事録に記載する。

(7) 第一項に違反した理事は、違反した者として、10,000$米ドル以下の罰金を科す。

149.

会社による取締役の利害関係取引の回避

(1) 本節の規定に従い、取締役が利害関係を有する会社が行った取引は、その取締役の利害関係が - - でない限り、その会社に関しては無効である。

(a) 第1項に従って執行役会に開示されること。

当社が取引を開始する前に、当該取引を行っていた場合。

(b) は、第 148 条(2)項に基づく開示の対象とはなりません。

第一項の規定にかかわらず、取締役が利害関係を有する会社が行う取引は、その会社は、その取引について争うことができない。

(a) 取締役の利害関係に関する重要な事実が社員総会において議決権を有する社員に知られており、社員の決議により承認または確認されている場合。

(b) 取引の公正価値を受領している場合

第二項の場合において、会社が取引の公正価値を受けるかどうかは、取引が成立した時点で会社及び利害関係を有する取締役が知っている情報に基づいて判断するものとする。

4.会社が締結した、または締結しようとしている取引に関心を持つ会社の取締役は、覚書および定款の定めるところによ り、次のようにすることができる。

(a) 取引に関する事項について議決権を行使すること。

(b) 本取引に関連する事項が発生する取締役会に出席し、定足数のために出席した取締役の一人であること。

(c) 会社を代表して文書に署名したり、取締役としての立場で取引に関連するその他の行為を行ったりすること。

第一項の取引の防止は、その者が取得した財産の所有若しくは参加又は所有に影響を及ぼさないものとする。

(a)会社以外の人(譲渡人)によって。

(b) 貴重な対価のため。

(c) 譲渡人が会社から不動産を取得した取引の事情を知らないで

第四款 取締役名簿

150.

役員名簿

(1) 会社は、セーシェルの登記上の事務所に、取締役名簿と呼ばれる登記簿を保管しなければならない。

(a) 当社の取締役又は副取締役である者及び当社の予備取締役に選任された者の氏名及び住所を記載し、その者が取締役、副取締役、予備取締役のいずれであるかを表示すること。

(b) 登録簿に名前が記載されている各人が、会社の取締役もしくは副取締役に選任された日、または予備取締役に選任された日

(c) 取締役または副取締役に任命された者が、会社の取締役または副取締役でなくなる日。

(d) 予備理事に指定された者の選任が効力を失う日

(e) その他、国務長官の規則により要求される可能性のある情報。

会社は、第一項の規定により取締役会に備えるべき情報を正確かつ最新のものにしなければならない。

(3) 取締役の登記簿は、取締役の承認を得たものでなければならないが、磁気的、電子的、その他のデータ記憶装置である場合には、その内容を読み取ることができる証拠を提供することができるものでなければならない。

理事の登記簿は、この法律で必要とされ、又は許可されている事項を記載するための疎明な証拠となるものでなければならない。

(5) (1)項または(2)項に違反した企業は、500ドルの罰金と、違反が続く日またはその一部ごとに50ドルの追加料金を課せられなければならない。

(6) 第(1)項または第(2)項の違反を故意に認めた取締役は、500米ドルの罰金と、違反が続いた日またはその一部ごとに50米ドルの追加罰金を支払わなければならない。

151.

取締役の登記簿謄本の閲覧

(1) 取締役または会社の構成員は、自由にする権利を有する。

第一項の情報を閲覧する権利は、会社が定款又は取締役の決議で定める合理的な通知その他の制限に従うものとするが、各営業日の閲覧時間は、二時間以内とする。

(3) 上記第(1)項に従って閲覧する権利を有する者は、会社の登記簿の謄本または抄本を請求することができ、これにより会社は合理的な謄本料金を請求することができる。

第一項の規定による審査が拒否されたとき、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは、第一項の規定による審査が拒否され、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは、第一項の規定による審査が拒否され、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは

(a) 犯罪を犯し、有罪判決を受け、5,000米ドル以下の罰金を科された場合。

b) 負傷した当事者は、裁判所に対し、登記簿の閲覧を許され、又は登記簿の写し若しくはその抜粋を閲覧できるようにする命令を申請することができる。

第四項の申請があったときは、第一審裁判所は、適当と認める決定をすることができる。

152.

登記官への取締役名簿の提出

(1) 会社は、次のことをしなければならない。

(a) この法律の施行日以降にこの法律に基づいて設立された会社の場合には、第134条に基づく最初の取締役又は取締役が選任されてから30日以内に

(b) この法律の下で会社を継続し、又は会社に変更した場合において、その継続又は会社に変更した日から三十日以内であること。

(c) 既存の会社の場合は、法律の施行後12ヶ月以内。

登記官の登記簿謄本を提出して、登記官による登記を行う。

(2) 第(1)項に基づき登録官による登録のための取締役登録簿の写しを提出した会社は、その変更又は変更を含む取締役登録簿の内容に変更があった場合には、30日以内に登録官による登録のための更新された取締役登録簿の写しを提出しなければならない。

(3) (1)項または(2)項に違反した企業は、500ドルの罰金と、違反が続く日またはその一部ごとに50ドルの追加料金を支払う義務がある。

登記官への取締役の提出

(4) 第(1)項または第(2)項の違反を故意に許可した取締役は、500米ドルの罰金に加え、違反が続いた日またはその一部ごとに50米ドルの追加罰金を科される。

第五款 - 理事会の会合および決定

153.

院長会議

1.会社の取締役は、会社の定款に基づき、セイシェルの内外を問わず、取締役が必要と判断した時に、必要と判断した時に、必要と判断した時に、必要と判断した方法で、必要と判断した場所で、取締役会を開催することができる。

(2) 備忘録および定款の定めに従い、1人または複数の取締役は、取締役会を招集することができる。

たら

取締役は、取締役会に出席したものとみなす。

(a) 電話その他の電子的手段により出席した場合。

(b) 出席した理事全員がお互いの声を聞くことができること。

(4) 理事会の定足数は、定款に定められた定足数でなければならないが、定足数が定められていない場合は、理事会の開始時に理事総数の半数が直接または代理で出席すれば、理事会は、すべての目的のために正式に構成されるものとする。

154.

取締役会の招集

1.取締役は、会社の覚書または定款に定められた長期の要件を満たす場合には、少なくとも2日前に取締役会の通知をしなければならない。

(2) 第(1)款にかかわらず、本款に違反して開催された取締役会は、覚書または定款に定める取締役全員またはその過半 数が、覚書または定款または議決権行使条文に定める取締役会の通知を放棄した場合には、覚書または定款に従って有効となり、この目的のために、取締役が取締役会に出席した場合には、取締役が放棄したものとみなされる。

3.理事の不注意で会議を通知しなかったこと、または理事が通知を受けなかったことは、会議を無効にすることはできない。

155.

取締役の決定

(1) 取締役の決定を行うことができる-。

(a) 取締役会で、または

(b) 書面による決議として、覚書および定款に従うことを条件とする。

(2) 取締役会の決議は、覚書及び定款に定めるところにより、出席した取締役の議決権の過半数をもって行う。

(3) 書面決議とは、書面またはテレックス、電報、電報、ケーブル、その他の書面による電子的通信により、通知を必要とせずに可決された決議をいう。

(a) 定款に記載されている決議に投票権を有する取締役の過半数の投票によるもの。

(b) 備忘録または定款に規定がない場合は、決議に投票する権利を持つすべての取締役によ るものとする。

(4) 決定書 - 判決書

(a) 一人以上の取締役が署名または承認した複数の文書で構成されていること。

(b)は、承認の書面または複数の書面のうち最後に署名されたものが、決議に定められた後日に最後に署名されるか、その他の方法で承認されたときに承認されたものとみなされるものとする。

156.

取締役の議事録・決議事項の保存

(1) 会社は、次のことをしなければならない。

(a) 取締役会の議事録。

(b) 取締役の委員会のすべての会議の議事録。

(c) 取締役が同意したすべての書面決議のコピー。

(d) 取締役会の委員会で承認されたすべての決議書のコピー。

第一項の記録(この款において「議事録及び決議書」という。

第一項の規定に違反した会社は、その違反が続く日またはその一部ごとに、25ドルの罰金を科す。

(4) 第一項の違反を故意に許可した理事は、その違反が継続する日またはその一部ごとに、25US$の罰則を科す。

157.

取締役の議事録及び決議の場所

(1) 会社は、取締役が決定したセイシェル内外の場所に、その議事録および決議を保管しなければならない。

2.会社は、議事録及び決議書を登記された事務所に置かない場合には、登記された代表者に、議事録及び決議書の保管場所の実在する住所を書面で通知しなければならない。

(3) 当会社は、議事録及び決議事項の保存場所に変更があった場合には、変更後14日以内に、議事録及び決議事項の保存場所の現住所を書面で登記上の代表者に通知しなければならない。

(4) (1)、(2)または(3)項に違反した企業は、違反が続いた日またはその一部ごとに25ドルの罰金を課せられなければならない。

(5) (1)、(2)または(3)の規定に基づく違反を故意に許可した理事は、違反が継続している間、その日またはその一部につい て、25US$の罰金を科す責任がある。

158.

取締役の議事録・決議書の閲覧

(1) 会社の取締役は、会社の業務を監査する権利を有する。

第一項の情報を閲覧する権利は、会社が定款又は取締役の決議で定める合理的な通知その他の制限に従うものとするが、各営業日の閲覧時間は、二時間以内とする。

会社の取締役は、その会社の議事録及び決議の写しを請求し、無料で利用できるようにする権利を有する。

第一項の規定による審査が拒否されたとき、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは、第一項の規定による審査が拒否され、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは、第一項の規定による審査が拒否され、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは

(a) 犯罪を犯し、5,000米ドル以下の罰金に処せられる。

b)負傷者は、問題の議事録及び決定書へのアクセスのために、または彼が利用できるようにするためのコピーのために裁判所に申請することができる。

(5) 裁判所又は裁判所は、第4項の申請があった場合には、適切と考える決定をすることができる。

第六款 補償および保険

159.

報酬

(1) 会社は、第2項およびその覚書および定款を条件として、次のいずれかに該当する者を補償することができる。

(a) 当事者が当社の取締役であるか、または取締役であったために、民事、刑事、行政または調査の脅迫、係争中または完了した手続きの当事者であるか、または当事者になる恐れがある場合。

(b) 他の法人、パートナーシップ、ジョイントベンチャー、信託その他の事業体の取締役であり、または取締役であった場合、または会社の要請によりその他の地位にある者として行動し、または行動したことがある場合。

第一款の者については、その者が誠実かつ善意で、会社の最善の利益と信じて行動した場合であって、かつ、刑事手続の場合には、その者の行為が違法であると信じるに足る合理的な理由がない場合を除き、適用しない。

第二項の目的のため、取締役は、会社の最善の利益のために行動するときは、会社の最善の利益のために行動するものとする。

(a) 事業体の親。

(b) 本会の会員のうち、1名以上の方。

いずれの場合も、第145条(1)、(2)または(3)に規定されている状況下でのことです。

(4) 決定、命令、和解、有罪判決またはNolleprosequiの開始による手続の終了は、それ自体が、その人が誠実かつ誠実に会社の最善の利益のために行動しなかったこと、またはその人が自分の行為が違法であると信じる理由があったことを推定するものではない。

第1項に基づき、最終的に取締役が会社からの補償を受ける権利がないと判断された場合には、最終的な処分に先立ち、取締役がその金額を返済することを約束した上で、弁護士費用を含む、取締役が裁判、行政手続または調査手続を弁護するために発生した費用を会社が支払うことができる。

6.司法手続、行政手続または調査手続を弁護するために元取締役が負担した弁護士費用を含む費用は、当該手続の最終処分に先立ち、最終的に元取締役が第 1 項に従って会社から補償を受ける資格がないと判断された場合には、元取締役がその金額を返済することを約束した後に、また、該当する場合には、会社が適切と考えるその他の条件で、会社が支払うことができる。

(7) 本節に基づいて提供され、又は付与された費用の補償及び資金調達は、補償又は資金調達を求める者が、合意、会員の決議、利害関係を有しない理事の決議によって他の権利を有することを妨げるものであってはならない。

本人の公務執行に関連しても、当社取締役在任中のその他の機能の執行に関連しても、その他の場合には、当社の取締役としての職務を遂行することができます。

第一項の者が第一項の手続の抗弁に成功したときは、その者は、弁護士費用を含むすべての費用、及びその手続に関連してその者が合理的に負担したすべての判決、罰金及び和解で支払われた金額について補償を受ける権利を有する。

9.会社は、本項に違反した者に対して補償してはならない。

(2) そして、本節に違反して付与された補償は、無効であり、効力を有しないものとする。

160.

Insurance

会社は、会社の取締役であるか、または取締役を務めたことがある人、または会社の要請により他の法人またはパートナーシップ、ジョイントベンチャー、信託またはその他のエンティティの取締役として行動しているか、または行動している人に関して、会社が第159条に基づいて責任からその人を解放する力を持っていたか、または持っていたであろうかどうかにかかわらず、その人に対して主張され、その立場でその人が引き受けたあらゆる責任に対して保険を取得し、維持することができます。

第八部 管理運営

第一款 会社の登記所

161.

登録事業所

1.第2項を条件として、会社は常にセイシェルに登記された事務所を持たなければならない。

会社の登録事務所は、セーシェルにおける登録代理人の主たる事業所と同じ住所とする。

第二項の規定により、会社の登記所

(a) その覚書が設立されている会社の登録事務所として示されている場所。

(b) 第162条または第163条に基づき、覚書からの抜粋に対する1つまたは複数の認証済み修正が登録官に提出された場合、登録官が最後に記入した通知に示された場所。

162.

登記所の変更

(1) 会社は、登記された事務所の所在地を変更するために、定款および定款を変更することができる。

(a) ungeachtet anders lautender Bestimmungen im Memorandum oder in der Satzung durch einfachen Beschluss; oder

(b) 備忘録または定款で認められている場合は、取締役の決議によって。

会社の登録事務所がセーシェルにおける登録代理人の主たる事業所と同じ住所であることを条件に、第23条に基づき登録機関に提出する。

登記所の移転は、第一款第二十三節の規定により提出された決議の謄本又は抄本を登記官が提出したときに、その効力を生ずる。

163.

登記上の代表者が住所を変更する登記所の変更

(1) 第五項を条件として、本項は、次のような事業について適用される。

(a) 会社の登録事務所がセイシェルの登録代理人の本社にあること。

(b) この法律の発効後、会社の登録代理人がセーシェルにおける主たる事業所の所在地を変更した場合。

本項が会社に適用される場合、その登録代理人は、会社の登録事務所をセーシェルの主要な事業所の新しい所在地に移転することができます。

(a) 登録代理人がその主たる事業所の登録事務所をセーシェルに移転し、会社がその登録事務所を引き続き登録代理人の主たる事業所とする意向であること。

(b) 会社の覚書および定款が該当する場合。

は登録代理人の住所を示す。

(c) セーシェルにおける登録代理人の主たる事業所の新しい住所。

第二項の通知が登録官によって登録されたとき。

イ この節の規定による登記所の移転が行われること。

効果

(b) 会社の覚書に登録代理人の住所が記載されている場合、覚書は、登録代理人のセーシェルにおける主要な事業所の住所が変更されたことを示すように変更されたものとみなされる。

二以上の会社の登録代理人である者は、第二項の通信のうち一以上の通信を組み合わせて一通の通信をすることができる。

(5) この節は、旧法の会社を対象とする。

(a) 登録代理人が、この法律の開始前6ヶ月以内にセーシェルに主たる事業所を移転した場合。

(b) 法律の施行日において、その登録事務所の所在地を変更していなかったもの。

第二款 登記上の代表者

164.

代表者が登録されている国際貿易会社

(1) 会社は、セイシェルに関連して、常に登録代理人を置かなければならない。

何人も、国際企業サービス法に基づき国際ビジネスサービスを提供する権限を与えられた者でなければ、会社の登録代理人となり、又は登録代理人となってはならない。

(3) 会社の最後の登録代表者が第167条の規定により辞任した場合、または第168条の規定により会社の登録代表者でなくなった場合を除き、会社の登録代表者は、次のとおりとする。

(a) 会社の登録代理人として覚書に記載されている人物、または

(b) Memorandumの登録後、1部またはそれ以上の修正決議案の謄本または抄本が、第169条に基づき登録機関に提出されている場 合、登録機関が登録する最後の通知に会社の登録代理人として記載されている人物。

(4) この法律に別段の定めがない限り、会社が登記官に提出しなければならない、または提出することができる書類は、登記官に提出しなければならない、または提出することができない。

(a) 登録された代理人を通じて

(b) 会社、その登録代理人、または本法の第9部で許可されている方法で作成された手数料に関して、または

(c) 会社に関連して本法第XVII部に基づき清算人が選任された場合、その会社の登録代理人によ る場合、または第XVII部で許可されている場合、会社の登録代理人ではない第IX部または第XVII部に基づ く権利を有する者が会社に関する書類を登録機関に提出した場合、登録機関は提出された書類の写しを会社の登録代理人 に送付するか、または書面で通知を行うものとする。

(5) 第(1)項に違反して登録代理人を持たない会社は、100ドルの罰金と、違反が続く日またはその一部ごとに25ドルの追加罰金が科せられる。

(6) 第(5)項の違反を故意に許可した取締役は、100米ドルの罰金に加え、違反が続いた日またはその一部ごとに25米ドルの追加罰金を科す責任を負う。

(7) 第168条(11)に従い、第(2)項に違反した者は犯罪を犯し、有罪判決を受けた場合には25,000米ドル以下の罰金を科される。

165.

登記上の代表者の選任

(1) 会社に登記上の代理人がいないときは、社員または取締役の決議を経て、速やかに登記上の代理人を選任しなければならない。

(2) 登録代理人の選任についての決定をすることができる。

(a) 会社の定款の定めにかかわらず、会社の構成員によるもの。

(b) 会社の覚書または定款で認められている場合は、会社の取締役が行う。

3.承認された様式による登録代表者の選任の届出は、登録代表者が登録代表者として活動することに同意したことを確認し、登録代表者が登記官に提出しなければならない。

登録代表者の選任は、第三項の規定により提出された通信が登録官に登録されたときに、その効力を生ずる。

166.

登記された代理人が会社名を変更する場合の覚書の修正を示す。

1.本節は、次のような事業に関連して適用されるものとする。

イ 会社の登録代理人が会社を変更したとき。

という名前で

(b) 登録代理人が、最初の登録代理人であるか、後続の登録代理人であるかを問わず、当社の登録代理人として覚書に記載されていること。

(2) 本項が会社に適用される場合、その登録代理人は、承認された様式で以下のような通知を提出することができる。

イ 登記上の代表者が登記上の名義を変更したこと。

(b) 登録代理人が、最初の登録代理人であるか、後続の登録代理人であるかを問わず、覚書に当社の登録代理人として記載されていること。
ハ 登録流通会社の新名称 3 第二項の通知の登記があったときは、その通知の登記の日から、覚書及び定款に新名称を記載した変更があったものとみなす。

二以上の会社の登録代理人である者は、第二項の通信のうち一以上の通信を組み合わせて一通の通信をすることができる。

167.

登録代表者の辞任

(1) 人は、この節の規定によりのみ、会社の登録代理人を辞任することができる。

会社の登録代理人を辞めようとする者は、第三項ニ号の者に対し、その通知に定める日に会社の登録代理人を辞めようとする旨を三十日以上書面で通知しなければならない。

第二項の規定による届出は、次のことをしなければならない。

(a) この法律に基づき、会社がセーシェルに登録代理人を置くことが義務付けられていることを宣言する。

(b) 当社は、通知に指定された取下げ日までに新たな登録代理人を選任しなければならないことを宣言する。

(c) セーシェルで登録代行サービスを提供することを認可されたすべての人の名前と住所のリストが、当局のウェブサイトで公開されていることを宣言します。

(d)遅滞なく送信される

(i) 当社の取締役の最後に知られている住所への郵便または個人的な配達、または取締役の最後に知られている電子メールアドレスへの電子メール。

(i) 登録代理人が常習的に会社に関する指示を会社の取締役、役員または構成員以外の者から受けていた場合には、登録代理人が最後に会社に関する指示を受けた者への郵便または個人的な配達、またはその者の最後に知られている電子メールアドレスへの電子メールにより、会社に関する指示を受けた場合。

会社が第二項の規定による届出で指定した取下げの日までに第百六十九節の規定により登録代理人を変更しないときは、登録代理人は、当該会社の登録代理人としての取下げの日後に、書面により登録官にその旨を通知することができる。

第二項の届出には、第四項の届出書の写しを添付しなければならない。

会社があらかじめ登録代理人を変更した場合を除き、登録代理人の辞任は、第四項の規定により辞任の宣言を登記官に登記した日から効力を生ずる。

168.

登記上の代表者が行動できなくなった場合

(1) 本節の目的のために、国際企業サービス・プロバイダーの下で国際企業サービスを提供するためのライセンスを保有していない者は、登録代理人として行動する資格がなくなった。

登録代理人として活動する資格を失った者は、その活動が終了する直前に登録代理人であった会社について、登録代理人としての活動が終了した日から三十日以内に、第三項の規定によりその会社に通知しなければならない。

第二項の規定による届出は、次のことをしなければならない。

イ 届出をする者がその者でなくなったことを宣言すること。

は、登記上の代表者になる権利があります。

(b) この法律に基づき、会社がセーシェルに登録代理人を置くことが必要であることを宣言する。

(c) 通知の日から90日以内に新たな登録代理人を選任しなければならないことを宣言すること。

(d) 通知の日から90日を経過した後、その時点までに当社が登録代理人を変更していない場合には、通知を行う者は当社の登録代理人ではなくなったことを宣言すること。

(e) セーシェルで登録エージェントにサービスを提供することを認可されたすべての人の名前と住所のリストが、当局のウェブサイトで公開されていることを宣言します。

(f)遅滞なく送信される

(i) 当社の取締役が最後に知っている住所にある取締役の最後に知っている電子メールアドレスに電子メールを送ることによって、当社の取締役に対して郵便または個人的に配達することによって、または

(i) 登録代理人が常習的に会社に関する指示を会社の取締役、役員または構成員以外の者から受けていた場合には、登録代理人が最後に会社に関する指示を受けた者への郵便または個人的な配達、またはその者の最後に知られている電子メールアドレスへの電子メールにより、会社に関する指示を受けた場合。

第二款の規定による届出をした者は、第二款の規定による届出をした会社が届出をした後に登録機関の代理人を変更した場合を除き、その届出をした日から十四日以内に、その届出の写しを登録機関に提出しなければならない。

第二款の届出をした会社は、その届出をした日から九十日以内に、第百六十九条の規定により登録代理人を変更しなければならない。

登録代理人をすることができなくなった者は、第二款の規定による届出をした会社の登録代理人としての地位を喪失するには、その都度、第三款の取締役その他の者を経由して、第二款の規定による届出をした会社の登録代理人としての地位を喪失しなければならない。

(a) 第5項の規定により登記上の代理人を変更する日

ロ 第五項の通知期間の満了の翌日から起算して最初の日に

第一項の規定により登録代理人としての資格を喪失した日から第六項の規定により取引先企業の登録代理人でなくなるまでの期間については、その者は

(a) は、その顧客企業の記録を保持し、登録された後継者に転送することのみが許可されています。

(b) 国際企業サービスプロバイダー法(キャップ275)に基づいてライセンス可能なサービスを顧客企業に提供することは許可されていない。

(c) 登録代理人として事業を設立したり、継続したり、登録代理人としてのサービスを宣伝したり、その他の登録代理人としての活動を行ってはならない。

第二項又は第七項に違反した者は、犯罪を犯し、有罪判決を受けたことを理由に、二万五千米ドル以下の罰金を科す。

(9) 第(2)項または第(7)項の下で故意に(法人である者による)侵害を許可した理事は、刑事犯罪を犯し、有罪判決を受けた場合には 25,000 米ドル以下の罰金を科される。

第五項の規定に違反した会社は、その違反が続く日またはその一部ごとに、25ドルの罰金を科される。

(11) 人は、単に以下の理由で第164条(2)項を侵害しない。

(a) 登録代理人として活動する権限がなくなった。

(b) 行為能力の終了後、行為能力がなくなった日から会社が新たな登録代理人を指名する日までの間、会社の登録代理人であり続けなければならない。

169.

登録代表者の変更

第2項の規定により、会社は、登記上の代理人を変更するために、定款を変更することができる。

(a) 会合の覚書または定款の定めにかかわらず、会員の全会一致の決定によって、または

(b) 備忘録または定款で認められている場合は、単純決議または取締役の決議によるもの。

(2) 第(3)項を条件として、登録代理人を変更しようとする会社は、第(1)項の決議(登録代理人決議の変更)の日から 14 日以内に、第 23(1)項に基づき、会社のために提出された登録代理人決議の変更の謄本またはその抜粋を会社の登録簿に提出しなければならない。

登録代表者の変更

(a) 会社の既存の登録代理人。

(b) 当社の新たな登録代理人の提案。

第四項に従い、登録官は、既存の登録代理人の変更及び新たに提案された登録代理人が抽出決議を提出することについて、登録官が書面による同意を得た場合を除き、会社の登録代理人に決議の謄本又は決議の抜粋修正を登録しないものとする。

会社の既存の登録代理人は、第三項の書面による同意をしなければならない。

(a) 登録代理人の変更に同意することを当社が書面で承認していない場合。

(b) 既存の登録代理人に支払うべきすべての手数料が支払われていないこと。

登録代表者の変更は、第二十三節の規定により提出された第一項の決議の謄本又は抄本を登録官に登録したときに、その効力を生ずる。

(6) 登録代理人の命令の修正日から14日以内に第(4)項に従わなかった者は、100米ドルの罰金と、違反が続いた日またはその一部ごとに25米ドルの追加罰金を支払う義務がある。

(a) 既存の登録代理人が、登録代理人の変更に同意することを当社が書面で承認していること。

(b) 既存の登録代理人に支払うべき手数料がすべて支払われていること。

第三款 総則

170.

通信簿等に記載する会社名

会社の名前は、そのすべての-に読みやすい文字で表示されなければなりません。

ア ビジネスレター、決算書、請求書、注文書

(b) 通信及びその他の公式刊行物

(c) 会社を代表して、または会社を代表して署名したと称する譲渡性のある有価証券および信用状。

171.

年間収量

各会社は、第二項の規定にかかわらず、この法律の規定により設立し、若しくは継続し、又は会社に変更した年の翌年の十二月三十一日までに、その登記名義を伝達しなければならない。

セーシェルの代表者 会社を代表して署名し、第六リストに記載されている情報を含む、承認された形式の声明書の形での年次報告書。

この節においては、この法律による旧法会社の成立の日は、その成立の日又は旧法による旧法会社への継続若しくは転換の日とみなす。

企業は、第一項の規定による虚偽又は誤解を招くような開示をしてはならない。

第一項の規定に違反した者は、五百ドルの罰金を支払わなければならない。

第三項に違反した会社は、刑事犯罪の罪に問われ、5,000米ドル以下の罰金を科せられる。

172.

書類の送達

(1) 法的手続に関連した文書その他の文書の送達は、会社に預けるか、書留書簡またはその他の所定の通信手段を用いて、 会社に対して行うことができる。

(a) 会社の登録事務所、または

(b) セーシェル地域における主たる事業所

の登記上の代表者である。

(2) 第(1)項(a)の目的のために、会社に登録代理人がいない場合には、その会社の登録事務所は、その会社の最後の登録代理人のセーシェルにおける主たる事業所とする。

第一項の場合において、書留郵便とは、郵便局又は民間の宅配便業者による郵便物の配達システムであって、配達物に付された受取人の署名によって配達の証明を行うものをいう。

(4) 会社に関する文書の送達は、第(1)項の規定にかかわらず、また、第(1)項の規定を害することなく、会社登録機関が、セーシェルの会社の登録代理人の主たる事業所に普通郵便、ファックスまたは電子メールで送達することができる。

大臣は、企業に関する文書の送達証明の方法を定める規則を発することができる。

173.

記録の提供

(1) 本節の目的のために、記録は、以下のようなものである。

(a) 会計記録。

(b) 第125条に従って保管される会員の議事録および決議。

(c) 第156条に従って保管されている取締役の議事録および決議。

(d) 第171条に準拠した年次宣言 (e) 会員名簿

(f) 取締役名簿

(g) 受益権者の登記簿

(h) 手数料の登録簿(ある場合) .

セーシェルの法律に基づき、会社がその記録(またはそのコピー)の全部または一部を利用できるようにすることを要求された場合(以下の要求を含むが、これに限定されない)。

(a) セーシェル税務当局は、租税条約に基づく情報提供の要求に応じるために

(b) 反マネーシステム内の金融インテリジェンスユニット

ロンダリング法

(c) この法律の遵守状況を監視し評価するための登録機関。

会社は、申請書に記載された期限内に、申請者に要求された記録(またはそのコピー)をセイシェル国内で提供するよう手配するものとします。

(3) 第(2)項に違反した会社は、登録機関に500ドルの違約金を支払うとともに、違反が継続する日またはその一部ごとに50ドルの追加の違約金を支払わなければならない。

(4) 上記(2)項の違反を故意に認めた取締役は、その違反が継続する日またはその一部ごとに、500米ドルの違約金と50米ドルの追加ペナルティを登録機関に支払わなければならない。

第四款 会計記録

174.

簿記

1.事業は、信頼性の高い会計記録を保持しなければならない。

(a) 会社の取引を提示し、説明するのに十分なものであること。

(b) 常に合理的な精度で企業の財政状態を決定すること。

(c) 会社の財務諸表の作成を許可すること。

第一項の規定により、会計記録は、その会社の資産、負債、財政状態及び損益を真実かつ公正に表示せず、かつ、その取引を説明していないものは、保存されていないものとみなす。

(3) 第1項に違反した会社は、その違反が続く日またはその一部ごとに、100ドルの罰金に加え、25ドルの追加罰金を科さなければならない。

第一項の違反を故意に認めた理事は、その違反が継続する日又はその一部ごとに、100US$の罰金及び25US$の加算金を支払わなければならない。

175.

口座の場所と保管場所

(1) 会社の会計は、登記された事務所または取締役が適切と考えるその他の場所に保管しなければならない。

会社の会計記録が登記上の事務所以外の場所に保管されている場合には、会社は、登記上の代理人に対し、その所在地を書面で通知しなければならない。

3.会社は、会計記録の保管場所を変更した場合には、変更後14日以内に、登記された代理人に、変更後の会計記録の保管場所の住所を書面で通知しなければならない。

(4) 会計記録は、当該会計記録に係る取引又は業務の終了後、少なくとも7年間保存しなければならない。

(5) 本項に違反した企業は犯罪行為を犯したことになり、有罪判決を受けた場合、最高2,500米ドルの罰金が科せられます。

176.

取締役による会計監査

(1) 会社の取締役は、以下を行うことができる。

(a) 会社の帳簿および記録を無料で検査し、会社が判断した合理的な時期にそのコピーまたは抜粋を取ること。

(b) 14日以内に会計記録の原本またはコピーの提供を要求すること。

事業者は、第一項の請求に応じなければならない。

(3) 本項に違反した会社は、犯罪行為の罪を犯し、有罪判決を受けたことにより2,500米ドル以下の罰金を科される。

本項に違反して取締役が会計書類を閲覧できるようにしていない場合、審判所は、当該取締役の要求に応じて、当該書類の閲覧又は送達を命じ、適切と考える関連命令を行うことができる。

第9部 企業用不動産の手数料

177.

解釈

(1) この部分では

-バッチとは、以下を含むが、これに限定されないあらゆる形態の担保権を意味します。

(a) 固定金利または変動金利の料金;(b) 住宅ローン。

(c) 先取特権

(d)誓約書。

法の適用から生じる利益を除き、どこにあっても財産上のものであり、-chargeeおよび-chargorはそれに応じて解釈されるものとする。

-負債には、偶発債務および予想される債務が含まれています。

-既存の料金とは、法施行前に旧法会社が作成した料金を意味する。

(a) 料金の登録がされているかどうか

前法101A(2)

(b)完全に解消されておらず、かつ、効力発生日に解約されているもの。

法律の発効日。

-不動産、動産、金銭、物品、知的財産およびその他のあらゆる種類の財産(所在地がどこであろうと)、債務、および現在または将来のものであるか、既得権があるか、条件付きであるかを問わず、財産から生じた、または財産に付随して生じたあらゆる種類の利益を含みます。

-関連料金とは、この法律が施行された日以降に成立した料金をいう。

2 この編において担保権の設定について言及する場合には、その取得の直前に担保権の対象となっていた不動産であって、その取得後も担保権の対象となる不動産の取得についても言及するものとし、そのためには、担保権の設定の日を不動産の取得の日とみなすものとする。

178.

当社は、その資産を担保に供することができる。

1.会社は、定款および定款に基づき、書面により、その資産の全部または一部に対して手数料を請求することができる。

2.会社が作成した料金の準拠法は、会社と料金者の間で合意された管轄区域の法律とすることができ、料金は、適用法の範囲内で、かつ、適用法の要件に従って、会社を拘束する。

(3) 企業が有償の財産を取得した場合

(a) 第(1)項は、書面による取得でなければならない場合を除き、書面による取得を要しない。

(b) 当社と被請求人との間で別段の合意がない限り、当社が対象不動産を取得する直前の権利に適用される法律が適用されます。

179.

料金の登録

(1) 会社は、セイシェルの登録事務所に、関連する全ての手数料及び会社が作成した既存の手数料の登録簿を保管しなければならない。

イ 会社が作成した使用料である場合にはその作成日、会社が取得した不動産に基づく使用料である場合にはその不動産を取得した日

(b) 充電によって担保された負債の簡単な説明 (c) 充電された資産の簡単な説明

(d) 他の人のために受託者または担保代理人として行動することができる担保受取人の名前と住所。

(e) 使用料を設定する文書に含まれる禁止事項または制限事項の詳細で、会社が将来使用料に優先して、または使用料と同等の使用料を設定することを許可するもの。

(2) 料金台帳は,理事会が承認するような形式で作成することができるが,磁気的,電子的又はその他のデータ記憶装置であ る場合には,会社は,その内容の判読可能な証拠を提供することができなければならない。

(3) 第1項に違反した会社は、その違反が続く日またはその一部ごとに、100ドルの罰金に加え、25ドルの追加罰金を科さなければならない。

第一項の違反を故意に認めた理事は、その違反が継続する日又はその一部ごとに、100US$の罰金及び25US$の加算金を支払わなければならない。

180.

料金台帳の見直し

(1) 取締役又は会社の構成員は、無償でこれを処分する権利を有する。

第一項の情報を閲覧する権利は、会社が定款又は取締役の決議で定める合理的な通知その他の制限に従うものとするが、各営業日の閲覧時間は、二時間以内とする。

上記(1)に基づく閲覧権を有する者は、会社の料金台帳の謄本又は抄本を請求することができ、会社は相当の謄本料を請求することができる。

第一項の規定による審査が拒否されたとき、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは、第一項の規定による審査が拒否され、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは、第一項の規定による審査が拒否され、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは

(a) 犯罪を犯し、5,000米ドル以下の罰金に処せられる。

b) 負傷した当事者は、裁判所に対し、登記簿の閲覧を許され、又は登記簿の写し若しくはその抜粋を閲覧できるようにする命令を申請することができる。

第四項の申請があったときは、第一審裁判所は、適当と認める決定をすることができる。

181.

料金の登録

(1) 会社が適切な料金を請求する場合、その料金の登記を登記官に請求することができる。

(a) 登録された代理人またはセイシェルの弁護士を通じて行動する会社。

(b) セーシェルの登録代理人(会社の登録代理人以外の者)または担保設定者の代理を務める弁護士。

第一款の規定による申請は、申請書を提出しなければならない。

(a) 第179条第1項第(a)号から第(e)号までに掲げる賦課金の内容を承認された様式で記載した申請書

(b) 請求の原因となった証書または証書の謄本。

(c) 担保取得者が、または担保提供者を代表して申請する場合には、担保提供者が署名した、または担保提供者を代表して署名した、申請に対する書面による同意書。

3. 登録官は、登録手数料登録簿と呼ばれる各会社の登録を行うものとし、本節に基づき登録された各関連手数料について、以下の情報を記載するものとする。

イ 会社が作成した使用料である場合にはその作成日、会社が取得した不動産に基づく使用料である場合にはその不動産を取得した日

(b) 充電によって担保された負債の簡単な説明 (c) 充電された資産の簡単な説明

(d) 他の人のために受託者または担保代理人として行動することができる担保受取人の名前と住所、および

(e) 登録官が適切と考えるその他の情報

(4) 登録官が本編の登録要件を満たしていると判断した場合,登録官は,第(2)項に基づく申請を受領した後,不当な遅滞なく,次のことを行う。

(a) その会社に代わって保管している登録手数料の登記簿に手数料を記入すること。

(b) 手数料の登録書を発行し、提出された手数料証明書又は謄本証書の押印された写しを添えて、第(1)項の申請をした者に送付する。

ハ 第一項の請求をした者が積載会社の登録代表者でないときは、積載会社の登録代表者に貨物の登録書の写しを送付すること。

5.登録官は、登録料金の登録簿及び登録書簡に、料金が登録された日時を表示しなければならない。

第四項の規定により発行された登録書は、この部の登録の要件を満たしていることの決定的な証拠となるものでなければならない。

また、書簡に記載されている料金は、書簡に記載されている日時に登録されていること。

(7) 本節に基づいて登録された手数料は、セーシェルの民法第 1328 条の規定に基づき、証書登録簿(抵当権および登記法の下で証書登録官が管理する)に記載される必要はない。

182.

登録料金の変更

(1) 第百八十一条の規定により登録された賦課金の条件に変更があったときは、その変更の登録の申請は、次の方法により行うことができる。

(a) 登録された代理人またはセイシェルの弁護士を通じて行動する会社。

(b) セーシェルの登録代理人(会社の登録代理人以外の者)または担保設定者の代理を務める弁護士。

第一項の申請は、申請書を提出しなければならない。

イ 承認された様式による申請

(b) 当該バッチの条件を変更する証書又は証書の謄本。

(c) 担保取得者が、または担保提供者を代表して行った修正要求の場合は、担保提供者が署名した、または担保提供者を代表して行った修正要求に対する同意書。

登記官は、第二項の規定による申請を受理したときは、遅滞なく、これを受理しなければならない。

(a) 貨物の変更を記録する

(b) 料金変動登録証明書を発行し、提出された料金変動証明書又は謄本を添えて、第一項の請求をした者に送付すること。

(c) 第(c)項の申請をした者が、その申請をした場合。

(1)は、チャージャー協会の登録代表者ではありませんでした。

料金変更の登記簿謄本を積載会社の登録代表者に送付する。

登録官は,登録手数料の登録簿及び訂正通知書に,手数料の変更が登録された日時を表示しなければならない。

第三項の規定により交付された登録書は、当該登録書に記載された変更が当該登録書に記載された日時に登録されたことを示す決定的な証拠となるものでなければならない。

183.

料金の履行または解除

(1) 以下の場合,承認された様式による満足または解放通知は,本項の下で登録官に提出することがで きる。

(a) 第 181 条に基づいて登録された手数料を担保とするすべての債務が完済されている、または完済されている。

(b) 第181条に基づいて登録された手数料は、会社の資産の所有権または一部に影響を及ぼさなくなった。

(2) 満足または解放は、-しなければならない。

(a) 使用料が全額支払われたか満たされたか、または使用料が企業の財産もしくは資産の一部に関 連しなくなったかどうかを開示する。

(b) 料金が企業の財産または財産の一部に関係しなくなった場合は、料金の影響を受けなくなった企業の財産を示し、それが企業の財産の全部または一部であるかどうかを示す。

(c) 担保取得者が署名したもの、または担保取得者を代表して署名したもの。

(3)満足度またはリリースは、以下の方法で提出することができます。

(a) 登録された代理人またはセイシェルの弁護士を通じて行動する会社。

(b) セーシェルの登録代理人(会社の登録代理人以外の者)または担保設定者の代理を務める弁護士。

登録官は、第一項の規定により提出された届出が適正に完了し、かつ、第二項に適合していることに満足したときは、速やかに、その届出を登録し、満足書又は手数料免除書を発行し、これを送付しなければならない。

(a) 第(1)項の申請をした者に宛てた書簡。

ロ 第一項の請求をした者が会社の登録代理人でないときは、その会社の登録代理人に宛てた書簡の写し

登録官は、第一項の規定により提出された届出が登録された日時を登録料台帳及び第四項の規定により交付された信書に記載しなければならない。

第四項イの信書に定める日時からは、第一項の通知に係る物件については、その手数料の登記がされていないものとみなす。

184.

該当料金の優先順位

(1) 第181条に基づいて登記された会社の財産に対する賦課金は、以下のものに優先する。

(a) 第181条に従って登録された不動産に対して課される、対応する課税。

(b) 第181条の下で登記されていない不動産に課される対応する賦課金。

第百八十一条の登録を受けていない使用料は、成立した順に、相互に適用する。

185.

既存料金との関係での優先順位

会社の資産に対する既存の差押えは、その発生した順に、それぞれの間に置かなければならない。

(2) 会社の資産に既往のある資産とそれに対応する資産にかかる費用がある場合-。

(a) 既存の使用料は、各使用料が作成された順番に基づいて優先順位が決定されるため、当該使用料よりも優先される。

該当料金の優先順位

既存料金との関係での優先順位

(b) 既存手数料が第 181 条に基づいて登録されている場合、登録日は既存手数料の優先順位を決定する際には考慮されない。

第二項の規定は、現行の使用料の有無にかかわらず適用する。

登録されていない

(b) 第181条に基づいて登録されている。

(C)は旧法で登録されていました。

186.

優先順位に関する例外

第184条及び第185条にかかわらず

(a) 料金の優先順位は、以下の条件を満たすものとする。

(i) 同意がなければ優先されていたであろう 1 つ以上の他の使用料と比較して、その使用料の優先順位を変更する使用料の所持人の 書面による明示的な同意、又は

(i) 各使用料保有者が保有する使用料に関する優先順位に関する使用料保有者間の書面による合意

(b) 登録された保留貨物は、後に登録された堅実な貨物に延期されます。

187.

セーシェル法に基づく起訴の執行

(1) 会社によって作成された料金に適用される法律がセーシェルの法律である場合、料金は、料金に関 して充電者が不履行をした場合、以下の救済を受ける権利を有するものとする。

(a) 料金を課す証書の制限または反対の規定に従って、料金で担保された不動産の全部または一部を売却する権利。

(b) 料金を請求する証書に定められた制限または規定に反している受取人を指定する権利

(i) 担保に供されている不動産に関して分配金その他の収入を受け取ること。

一 貨物に担保されている財産についての充電器のその他の権利及び権限の行使

貨物を降ろすところまで。

(2) 第(3)項を条件として、会社が作成した召喚状に適用される法律がセーシェルの法律である場合には、第(1)項の救済措置は、セーシェルの法律の後にのみ利用できるものとする。

(a) 不履行が発生し、少なくとも 30 日間または請求を行う証書に指定されたより短い期間継続した場合。

(b) 違反が14日以内、または違反を特定し、その是正を要求する通知の送達料金を定めた文書で指定されたより短い期間内に是正されなかった場合。

(3) 会社が作成した使用料に適用される法律がセイシェルの法律である場合、使用料を定めた証書に定めがある 場合には、第(2)項の救済措置は、不履行の場合に直ちに適用されるものとする。

疑義を避けるため、かつ、その規定に従つて、第一項イの規定によるものを含む告発は、裁判所の命令を受けなければ、することができない。

188.

セーシェルにおける法定報酬による分配権の行使について

セーシェルの法律に基づいて規制されている手数料の規定にかかわらず、チャージエがこの法律に基づいて売却する権利を行使した場合、売却は以下の場所で行われるものとする。

(a) 売却時の公開市場価格、または

(b) 売却時に市場価格が存在しない場合は、合理的に入手可能な最善の価格。

(2) セーシェルの法律に基づいて規制されている賦課金の規定に別段の定めがない限り、第187条(1)(b)項に従って売却を行うことができる。(a) 個人売買または公売を含むいかなる方法でも行うことができる。

PART X 変換

第一款 総則

189.

解釈

この節では

(a) 普通会社登録機関とは、会社法上の会社登録機関を意味する。

(b) エキスへの言及は、-によって真偽が確認されたエキスであることを意味する。

一 会社にあっては、その登記上の代理人

一 普通の会社にあっては、取締役又はその登記上の代理人の候補者

190.

適合宣言

(1) このパートの目的のために、適合宣言とは、会社の転換に関連するこの法律のすべての要件が満たされていることを取締役が署名した声明である。

(2) 登録官は、この法律に基づく職務の遂行においてあらゆる点で適合宣言に依拠することができ、したがって、転換または移転に関連してこの法律の規定が遵守されているかどうかをさらに照会する義務はないものとする。

(3) 合理的な理由なく、特定の資料について虚偽、誤解を招くような、または欺瞞的な陳述をした取締役は、犯罪行為を犯したとみなされ、有罪判決を受けた場合には、10,000米ドルを超えない罰金を科される。

191.

変換は標準ではありません

本編に基づく転換は、行われたものとはみなされないものとする。

a) 契約違反、秘密保持義務違反、その他民法上の違反として

(b) 権利または義務の譲渡または移転を禁止、制限または規制する契約の条項に違反した場合。

(c) 当事者もしくは他の証書による訴因として、契約もしくは他の証書に基づく債務不履行として、または契約もしくは他の証書もしくは義務もしくは関係の終了の原因もしくは許可として。

第二款 普通会社の国際事業会社への転換及びその逆

192.

一般企業の国際商社への転換

(1) 普通会社は、本節の規定により国際事業会社に転換することができる。

(2) セーシェル税務当局から、普通会社の ITC 化に異議がない旨の書簡を受領した場合を除き、普通会社を ITC 化することはできません。

(3) 普通会は、承認について会員の特別決議を行う-。

(a) ITCへの転換。

(b) ITC の覚書および定款に関して、この法律の要件を満たすために、その覚書および定款 を変更すること。

(4) 普通の会社は登記所に提出しなければならない。

一般企業の国際商社への転換

イ 第三項の特別決定の抄本

(b) その修正された覚書と条文の案。

(c) 適合宣言書又はその抜粋

(d) 会社法の下で良好な状態にあることを登録機関に十分な証拠を提出する。

(e) 第(2)項で言及されたセイシェル難民委員会からの反対しない書簡のコピー。

(5) 第(4)項の書類及び第二附属書第二部の手数料を受領したときは,次のとおりとする。

登録者は、以下を行うものとする。

(a) 修正された覚書および定款を登録すること。

(b) 承認された様式のITCへの移行証明書を会社に発行すること。

(c) 書面で当社の通常の登録機関に変更を通知すること。

6.ITC への転換証明書は、登録官が署名し、押印するものとする。

(7) 当社のITCへの転換は、会社登記所が転換証明書を発行した日に効力を生じる。

会社の普通登記官は、第五項ハの通知を受けたときは、その会社の商号を株式会社法に基づく登記簿から抹消しなければならない。

193.

一般企業の国際商社化による効果

第192条の規定により普通会社がITCに転換された場合

(a) 通常の会社が転換直前に権利を有していたすべての資産および権利は、ITC の財産および権利として存続する。

(b) ITCは、通常の会社が変身直前に対象としていたすべての刑事上及び民事上の義務、並びにすべての契約、債務その他の義務の対象となる。

(c) 本転換の直前に通常の会社が、本転換後に ITC が、または ITC に対して提起した、または継続した可能性のあるすべての訴訟およびその他の法的手続。

(d) 通常の会社のために、または通常の会社のために有罪判決、判決、判決、決定、命令または裁定が、転換後にITCによって発せられ、またはITCに対して強制されることができる。

194.

国際事業会社の一般企業への転換

ITC は、本節の規定により普通会社に転換することができる。

(2) 当社は、特別決議を行う。

普通会社化の承認

(b) 普通の会社として設立される会社の覚書および定款に関して、会社法の要件を満たすための 覚書および定款の変更を承認すること。

(3) 会社は普通の会社の登記簿謄本を提出しなければなりません。

イ 第二項の特別決定の抄本

(b) その修正された覚書と条文の案。

(c) 会社に関して登録官が本法に基づいて発行した評判の良い証明書。

(d) 適合宣言書又はその抜粋

第三項の書類を、株式会社法に基づく手数料を添えて受領したときは、当社の普通名簿管理人は

(a) 修正された覚書及び定款の登録

(b) 普通会社への転換証明書を会社に発行する。

(c) 登録官に書面で変更を通知する。

普通会社への転換証明書には、普通会社の登記官が署名押印しなければならない。

6.普通会社への転換は、普通会社の普通登記官が普通会社への転換証明書を発行した日に効力を生じる。

第4(c)項の通知を受領した場合、登記官は会社名を登記簿から削除する。

195.

ITCの一般企業化による影響

第194条の規定により国際事業会社が普通会社に転換された場合

(a) 当該転換の直前に ITC が権利を有していた全ての資産及び権利は、通常の会社の財産及び権利であり、また、当該転換の直前に ITC が権利を有していた全ての資産及び権利は、通常の会社の財産及び権利である。

(b) 通常の会社は、ITCが変身直前に対象としていたすべての刑事上及び民事上の義務、並びにすべての契約、債務及びその他の義務の対象となります。

(c) 本転換の直前に ITC によって、または ITC に対して、本転換後に普通の会社によって、または普通の会社 に対して、本転換の直前に提起または継続された可能性のあるすべての訴訟およびその他の法的手続。

(d) ITC に有利または不利な判決、判決、命令または決定は、転換後、通常の会社によって、または通常の会社に 対して強制的に行使することができます。

第三款 非細胞社会の保護された細胞社会への変容とその逆

196.

非細胞社会の保護された細胞社会への変容

(1) 非細胞社会は、この節の規定により、保護細胞社会に転換することができる。

第十三編第二款の規定により当局の書面による同意を得なければ、転換することができない。

(3) 当社は特別決議を行う。

保護された細胞社会。

(b) 保護細胞会社として法人化される会社の覚書に関して、この法律の要件を満たすための覚書の修正を承認すること。

第三項の規定による特別の決定は、また、することができる。

(a) 当会社の定款の変更を承認する。

(b) 被保護細胞社会の細胞の創設を認可し、これらの細胞間及びこれらの細胞と核との間に、会員、株式、資本金、資産及び負債を確立すること。

(5) 会社は登記官に提出しなければならない。

イ 第三項の特別決定からの抜粋

(b) その提案された修正覚書および適切な場合には、その条文。

(c) 適合宣言書又はその抜粋。

(d) 第(1)項および第(2)項で言及された当局の同意の写し

6.適合宣言書には、次のような記述が含まれていなければならない。

(a) 被保護セル会社及び各セルは,転換後直ちにソルベンシーテストを満足する。

(b) 会社の債権者の中に、転換によって不当に影響を受ける者がいないこと。

第五項の書類を受領したときは、登録官は、以下を行う。

(a) 修正された覚書および該当する場合は条文を登録する。

(b) 承認された様式で保護細胞会社への転換証明書を会社に発行すること。

(8) 保護セル会社への転換証明書には、登録官が署名し、公印を押印しなければならない。

(9) 当社の保護細胞会社への転換は、登録機関が保護細胞会社への転換証明書を発行した日に効力を生じる。

197.

非細胞社会から保護細胞社会への転換の効果

(1) 第 196 条の規定により企業が保護されたセル企業に転換された場合

(a) 変換の直前に権利を有していたすべての資産および権利は、彼の財産および権利のままである。

(b) すべての刑事上および民事上の義務、ならびに当該転換前に直前に対象としていたすべての契約、債務およびその他の義務の対象となり続けること。

(c) 当該転換の直前に当該会社によって、または当該会社に対して、または当該会社に対して継続されていた可能性のあるすべての訴訟およびその他の法的手続きは、当該会社によって、または当該会社に対して、新しい名称で、または当該会社に対して、継続されることができる。

(d) 改宗前の判決、決定、命令または命令は、改宗後も、改宗者によって、または改宗後も、改宗者に有利または不利な立場で執行することができる。

(e) 第 2 項を条件として、その構成員、株式、資本金、資産及び負債は、第 196 条(4)項(b)で言及されているように、その配分を定める特別決議の規定に従って、 その細胞間及び細胞と核との間に配分されなければならない。

第(1)項(e)及び第十三編の規定にかかわらず、被保護セル主体への転換前に企業との間で取引を行った各債権者は、当該取引に係る責任に関して、全ての核及びセル資産(当該転換後に作成されたセルに帰属するセル資産を除く。債権者が別段の合意をした場合を除きます。

(3) 取締役は、被保護セル会社及び各セルが転換後直ちに支払能力テストを満たすと信じるに足る正当な理由がある場合を除き、適合性宣言書に署名した各取締役は、被保護セル会社のコア又はセルに対して、コア又はセルが債権者に支払わなければならなかった金額と同額の金銭を、第(2)項の規定のためにのみ、個人的に支払う責任を負うものとする。

198.

保護された細胞社会の非細胞社会への変容

(1) 保護された細胞社会は、この節の規定により、非細胞社会に転換することができる。

第十三編第二款の規定により当局の書面による同意を得なければ、転換することができない。

(3) 当社は特別決議を行う。

(a) 保護された細胞社会の非細胞社会への転換を認めること;及び

(b) 非セルラー企業の覚書に関して、この法律の要件を満たすための覚書の修正を承認する。

第三項の特別決議は、第三項の規定による特別決議においても、その承認を必要とすることができる。

定款を変更しました。

(5) 当社のセルは、この目的のためにセル株が発行されている場合には、当社を非セル会社に転換する特別決議を行うものとする。

(6) 第(7)項および第(8)項に従い、会社は登録機関に提出するものとする。

イ 第三項の特別決定からの抜粋

(b) その提案された修正覚書および適切な場合には、その条文。

(c) 適合宣言書又はその抜粋

(d) 第1項の当局の同意書の写し。

(2) ; そして

(e) 会社の各セルの特別決議の抜粋。

(7) 適合性宣言書には、次のような記述が含まれていること。

(a) 企業が支払能力テストを満たしていること。

(b) 会社の債権者の中に、転換によって不当に影響を受ける者がいないこと。

(8) 第(6)項の書類を受領した場合、登録官は以下を行う。

(a) 修正された覚書および該当する場合は条文を登録する。

(b) 承認された形式で、普通会社または保護細胞会社への転換証明書を会社に発行すること。

保護された細胞社会の非細胞社会への変容

9.普通会社または国際事業会社への転換証明書は、登録官が署名し、押印しなければならない。

(10) 非セルラー会社への転換は、会社登記所が普通会社又は国際商事会社への転換証明書を発行した日に効力を生ずる。

199.

保護された細胞社会から非細胞社会への転換の効果

(1) 第198条の規定により保護された細胞社会が非細胞社会に転換された場合

(a) 当該変態の直前に核及び細胞が権利を有していたすべての財産権は、非細胞社会の財産及び権利として存続する。

および民事責任、ならびに核および各細胞がその変容の直前に対象としていたすべての契約、債務およびその他の義務。

(c) 変換後に核又は細胞に対して、又は非細胞主体に対して、変換の直前に制定されたか又は継続された可能性のあるすべての訴訟及びその他の法的手続、並びに

ニ 核又は細胞に有利又は不利な判決、判決、命令又は決定は、転換後に、非細胞会社によって、又は非細胞会社に対して執行されることができること。

2.裁判所は、転換が不当に会社のメンバーまたは債権者を不利益にすると認める場合には、それは、転換が有効になる日の前のいつでも、または裁判所が特定の場合に許可することができるような追加の時間内に、上記の一般性を損なうことなく、命令を含む転換に関して適切であるとみなすことができるような命令を行うものとするその人の申請に基づいて、ことができます。

(a) そのような効果を転換時に行使してはならない旨の指示 (b) それを可能にするように転換を変更すること。

購入命令書で指定されているもの、または

(c) 会社またはその取締役に対して、転換またはその一部を再考するよう命じること。

3)第二款(2)に基づく命令は、これらの条件の下で、裁判所が適切と考えるような罰則で発行することができる。

第11部 合併、統合および契約

第一款 合併と統合

200.

解釈

この部分では

-連結会社とは、結果としての新会社を意味します。

2つ以上の構成会社の合併によるものです。

-連結とは、2人以上の人を連結することを意味します。

構成会社を新会社にする。

-企業の構成要素とは、既存の企業のうち、1社以上の既存企業との合併・統合に関与している企業のことをいいます。

-結合とは、2つ以上のコンポーネントを結合することを意味します。

を構成会社の一つにする。

-親会社 会社とは、他の会社の各種類の株式の発行済株式の少なくとも90%を所有している会社を意味します。

-孫会社とは、各種類の株式の発行済株式の90%以上を他の会社が保有している会社をいう。

-生き残った社会とは、その構成社会の中で、「生き残った社会」を意味します。

1つまたは複数の他の構成会社が合併した場合。

201.

合併・統合の承認

(1) 二以上の事業は、この節の規定により合併し、又は統合することができる。

2.合併又は連結に参加しようとする各構成会社の取締役は、必要に応じて、合併又は連結の条件を記載した書面案を承認しなければならない。

イ 各構成会社の登記所の名称及び所在地

(b) Name und Anschrift des Sitzes der überlebenden Gesellschaft oder der vorgeschlagenen konsolidierten Gesellschaft;

(c) 各構成会社について

(i) 合併または連結について議決権を行使することができる各種類の株式の名称および発行済み株式数。

(i) 階級として投票することができる各階級の指定。

(d) 合併又は合併の理由

(e) 各構成会社の株式の消却、再編又は存続法人又は連結法人の株式、社債その他の有価証券、金銭その他の資産又はこれらの組み合わせへの転換の方法及び根拠を含む、合併又は連結の提案の条件。

(f) 合併の場合には、合併によってもたらされることを意図した存続会社の覚書及び定款の変更の記述。

3.連結の場合、連結計画には、この法律を遵守し、連結会社が採用する覚書及び定款を添付しなければならない。

4.各構成会社の同一種類の株式の一部又は全部を特定又は混合の種類の資産に転換し、その種類の他の株式又は他の種類の株式の全部を他の資産に転換することができる。

この節の規定による合併又は連結については、次に掲げるものとする。

(a) 合併又は統合の条件案は、単純決裁で承認されること。

(b) 総会が開催される場合、合併または統合について議決権を有するか否かにかかわらず、各会員は、合併または統合計画書の写しを添付して総会の通知を送付しなければならない。

(c) 組合員の書面による同意を得ようとする場合には、合併又は併合の条件案の写しを、合併又は併合の条件案を承認する権利を有するか否かを問わず、各組合員に交付しなければならない。

202.

合併・統合の登記

1.合併または連結の条件案が各構成会社の取締役および構成員の承認を得た後、その制定または連結は、以下の会社によって行われる。

合併・併合の条件案

(b) 各構成会社の定款が登録官によって登録された日

(c) 各構成会社に関連して合併または統合が承認された方法。

2. 合併または統合の定款は、合併または統合のための定款と一緒に登記官に提出しなければならない。

(a) 合併の場合、存続会社の覚書及び定款を変更する決定。

ロ 連結の場合には、この法律に適合する連結事業の覚書及び定款

(3) 合併又は併合が遵守されている場合であって、合併又は併合後の名称案が

存続会社または連結会社がこの法律の第三部に準拠している場合、以下のようになります。

登録者は、以下を行うものとする。

登録

一 合併又は統合の定款

一 合併にあっては存続会社の覚書及び定款の変更、連結にあっては連結会社の覚書及び定款の変更

(b) 承認された様式で合併又は連結の文書を作成し、連結の場合には連結会社を設立する文書を作成すること。

(4)疑念を避けるために-。

(a) 合併があった場合には、第三項(b)の規定により存続会社に合併宣言書を交付しなければならない。

(b) 連結の場合には、連結証明書及び第三款(3)ロの登記簿謄本を交付する。

登録機関が発行した合併または統合の証明書は、合併または統合に関して本法のすべての要件を遵守していることの決定的な証拠となる。

203.

子会社との合併

(1) 親会社は、この項に基づく会社の構成員の同意を得ずに、1社以上の子会社と合併することができる。

2.親会社の取締役は、以下のような合併条件書の草案を承認しなければなりません。

イ 各構成会社の登記所の名称及び所在地

(b)存続会社の登記所の名称及び住所。

(c) 各構成会社について

(i) 各種類の株式の指定及び発行済み株式数

一 親会社が所有する各子会社の各種類の株式の数

エ)合併の理由

(e) 合併会社の株式を存続会社の株式、社債その他の有価証券、金銭その他の資産、またはそれらの組み合わせに転換する方法とその根拠を含む、提案されている合併の条件。

(f) 合併がもたらすことを意図した存続会社の定款の変更の記述。

3.合併する各社の同一種類の株式の一部又は全部を特定又は混合の種類の資産に、他の同一種類の株式又は他の種類の株式の全部を他の資産に転換することができるが、親会社が存続会社でない場合には、親会社の各種類の株式は、存続会社の類似株式にのみ転換することができる。

(4) 合併条件書の写しまたはその案を交付する権利を放棄した場合を除き、合併する子会社の各構成員には、合併条件書の写しまたはその案を交付しなければならない。

5.合併条件案は、親会社が作成し、以下の内容を含むものとする。

イ 合併の条件案

(b) 各構成会社の定款が登録官によって登録された日

(c) 親会社が合併する各子会社の全株式を所有していない場合には、合併条件書の草案又はその草案が各子会社の構成員に提供された日又はその草案が各子会社の構成員によって消却された日

合併条件の草案は、存続会社の規約を改正する決定とともに、登記官に提出する。

本節の要件が満たされ、かつ提案された存続会社名が第Ⅲ部に準拠していることに 満足した場合、登録官は、第Ⅲ部に準拠していることを確認する。

登録

一 合併の定款

(i) jede Änderung des Gesellschaftsvertrags oder der Satzung der überlebenden Gesellschaft; und

(b) 承認された様式で合併証明書を発行すること。

登録機関が発行した合併証明書は、合併に関連して本法のすべての要件を遵守していることの決定的な証拠となる。

204.

合併・連結の影響

合併又は連結の効力は、合併又は連結の覚書及び定款に定めるところにより、登記官の覚書及び定款の登記の日又はその翌日から最長30日間をもって生ずる。

(2) 合併・併合の効力が発生した時点で

(a)存続会社または連結会社は、合併または連結の条件で改正または決定されたその法令に適合する範囲内で、各構成会社のすべての権利、特権、免除、権限、目的および目的を有している。

(b) 合併の場合には、存続会社の覚書及び定款は、自動的に変更され、覚書及び定款の変更が定款に反映されるものとする。

ハ 連結の場合には、定款及び定款に記載された覚書及び定款並びに定款は、連結事業の定款とする。

(d) 各構成会社の実務及び業務の選択を含む、各構成会社のあらゆる種類の資産であって、直ちに存続会社又は連結会社に譲渡されるもの。

(e) 生き残った事業または連結事業は、各構成事業のすべての資産、負債、債務および公約に対して責任を負うものとする。

(3) 合併・併合が行われた場合

(a) 納期が到来しているか、または到来しようとしている前科、判決、決定、命令、要求、債務、責任または義務がないこと。

合併または連結により、構成会社に対して、または構成会社のメンバー、取締役、その他の役員または代理人に対して、既存のものが解放されたり、損なわれたりする結果となること。

(b) 合併または統合の結果、構成会社のメンバー、取締役、その他の役員または代理人に対して、合併または統合の時点で係属している民事訴訟または刑事訴訟が縮小または廃止されないこと。

一 その手続は、存続会社若しくは連結法人又はその構成員、取締役、その他の管理者若しくは代表者に対して、又はその場合に応じて、執行、起訴、和解又は不利益を受けることができる。

一 存続会社又は連結会社は、その手続において、構成会社に代えることができる。

4.合併・併合があった場合、登記簿管理者は、登記簿を抹消しなければならない。

(a) 合併の存続会社ではない構成会社。

(b) 連結に関与する構成企業をいう。

205.

外国企業との合併・併合

(1) 1社以上の会社は、構成会社のうち1社が親会社で、他の構成会社が子会社である場合でも、外国会社が登記所を有する各法域の法律で認められている場合には、本節の規定により、1社以上の外国会社との合併又は連結を行うことができる。

この節の規定による合併又は併合の場合においては、次に掲げるところによる。

(a) 会社は合併または連結に関してこの法律の規定を遵守しなければならず、外国会社はその会社が設立された法域の法律を遵守しなければならない。

(b) セーシェル以外の法域の法律に基づいて存続会社または連結会社を設立する場合、その会社は、以下の通りでなければならない。

(i) この法律に基づいて設立された会社である構成会社の債権、債務、債務もしくは義務を執行するための手続、またはこの法律に基づいて設立された会社である構成会社の反対メンバーの存続会社もしくは連結会社に対する権利を執行するための手続に関して、セイシェルにおいて訴訟サービスが提供される可能性があるという契約

(i) (i)項に記載されている手続きにおいて、セーシェルに登録されている代理人をその代理人として取消不能な任命し、その手続きの送達を受諾すること。

三 この法律に基づいて設立された会社である構成会社の反対者に対して、反対者の権利についてこの法律に基づいて権利を有する額がある場合には、その額を速やかに支払うこと。

(iv) 当該会社が設立された外国法域の管轄当局が発行した合併または連結の証書の謄本、または外国法域の管轄当局が発行した合併または連結の証書がない場合には、登録官が認める合併または連結の証拠書類

この節の規定による合併又は連結の効果は、この法律の規定により存続会社又は連結会社が設立された場合には、第二百一節の規定による合併又は連結の場合と同様とする。

4.存続会社または連結会社がセーシェル以外の管轄区域の法律に基づいて設立された場合、他の管轄区域の法律に別段の定めがない限り、第 201 条に基づく合併または連結の場合と同様の効果を有するものとする。

存続会社又は連結会社がこの法律により設立された会社である場合には、合併又は連結の効力は、登記官による合併又は連結の定款の登記の日又はその後のその日から三十日を超えない範囲内において、合併又は連結の定款で定めるところにより、発生するものとする。

存続会社または連結会社が、セイシェル以外の法域の法律に基づいて設立された会社である場合、合併または連結は、その法域の法律に基づいて有効であるものとします。

PART II - 資産除去

206.

一定の資産処分の許可

(1) 会社の覚書および定款に従うことを条件として、会社の通常または通常の事業過程以外で、会社の資産の50%を超える売却、譲渡、リース、交換またはその他の処分(抵当権、担保、質権、その他の差押えまたはその執行を除く)は、次のようにして行わなければならない。

(a) 売却、譲渡、リース、交換その他の処分は、取締役の決議を経て、取締役の承認を得なければならない。

(b) 理事は、売却、譲渡、リース、交換その他の処分を承認する場合には、その内容を会員に提供し、会員の決議による承認を得るものとする。

(c) 総会を開催する場合には、各会員に対し、売却、譲渡、リース、交換その他の処分について議決権を有するか否かを問わず、処分の概要とともに、総会の招集を通知しなければならない。

(d) 会員の書面による同意を得ようとする場合には、売却、譲渡、リース、交換その他の処分に同意する権利を有するか否かを問わず、処分の概要を各会員に提供しなければならない。

(2) 本項は、第210条の適用を受ける。

第三款 強制買戻し

207.

少数株主への配当金の支払い

(1) 会社の覚え書きと定款に従うことを条件とする-。

(a) 議決権を行使することができる発行済株式の議決権の90%を有する当社の構成員。

(b) 一種類の株式として議決権を行使することができる各種類の株式の発行済株式の90%の議決権を有する会社の構成員

は、合併または連結に関連して、他のメンバーが保有する株式を買い取るように指示する書面による指示を会社に与えることができます。

当会社は、第一項の書面による指示を受けたときは、その指示書に記載された株式を償還するものとし、その株式が当会社の定める条件で償還可能か否かにかかわらず、その株式を償還する。

(3) 会社は、株式を償還される会員に対し、償還価格および償還の方法を記載した書面をもって通知しなければならない。

(4 ) この節は、第210条の規定を適用する。

第四節 - 手配

208.

ご注文

(1) この節において、-手配-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------(1)

(a) 会社の覚書および定款の改正 (b) 事業の再編または再編成

(c) 1つ以上の企業の合併又は統合であって、以下のものを含む。

は、この法律に基づいて登記された会社で、存続会社または

連結会社は、この法律に基づいて設立された会社です。

ニ 一つの事業で運営されている二つ以上の事業の分離

(e) 会社の資産または事業の一部を、他人の株式、債券その他の有価証券、金銭その他の資産、またはそれらの組み合わせと引き換えに、他人に売却、譲渡、交換その他の処分をすること。

(f) 保有者が保有する会社の株式、負債債務その他の有価証券、金銭その他の財産又はこれらの組み合わせと引き換えに保有する会社の株式、負債債務その他の有価証券を売却、譲渡、交換又はその他の処分すること。

ト 会社の解散

(h) 第(a)項から第(g)項までの各号のいずれかの組み合わせ。

(2) 会社の取締役が、会社またはその債権者もしくは構成員の最善の利益となると判断した場合には、会社の取締役は、この法律の他の規定によって承認され、または許可されている場合や、この法律の他の規定によって許可されている場合にもかかわらず、この款の下で、提案された合意の詳細を含む手配計画を承認することができる。

(3) 当社は、取締役が和解案を承認したときは、裁判所に対し、和解案の承認を申請する。

裁判所は、第三項の規定による申請により、中間又は終局の決定をすることができ、その決定は、法律上の問題である場合を除き、不服を申し立てることができない。

(a) 提案された合意のどのような通信が誰に宛てられているかを決定すること。

(b) 提案されている取り決めの承認を誰かに求めるべきかどうか、および承認をどのように 与えるかを決定する。

(c) 当社の株式、債券その他の有価証券の保有者が、提案された契約から逸脱して公正な対価の支払いを受けることができるかどうかを判断すること。

第210条に基づき、その株式、債券またはその他の有価証券の価値の算定をしなければならない。

(d) 聴聞会を開き、利害関係者全員に出席を認めること。

(e) 提案されたとおりの、または必要な変更を加えたアレンジメント計画を承認または拒否すること。

(5) 裁判所が和解案を承認する決定をした場合、当社の取締役は、和解案の実施をなお希望する場合には、裁判所が承認した和解案を、裁判所が変更を加えたか否かにかかわらず、承認しなければならない。

(6) 会社の取締役は、アレンジメントのスキームを確認した上で、以下を行わなければならない。

(a) その事業の使命の対象となる者に通知すること。

裁判所は通知を求めています。

(b) 裁判所の命令により必要とされる場合には、それらの者に手配のスキームを提出して承認を得る。

(7) 裁判所の命令を承認することができる者が手配スキームを承認した後、定款は会社によって実施され、以下の事項が記載されているものとする。

(a) 手配の計画。

(b) 和解スキームを承認するための裁判所の命令。

(c) 裁判所の命令により承認が必要とされた場合には、アレンジメントのスキームが承認された方法。

8.法令は登記官に提出し、登記官がこれを登記する。

9.登記官は、契約書類が登録されたときは、契約書類が登録されたことを証明する承認された様式の契約書類を発行しなければならない。

10 契約は、法令が登録官によって登録された日またはその翌日のいずれか遅い方の日に発効し、法令に定められた最長30日間有効とする。

209.

会社が任意整理中の契約書

第十七部第二節、第三節または第四節に基づき清算中の会社の清算人は、第 208 節に基づく整理スキームを承認することができる。

第五款 反体制派

210.

少数株主の権利

(1) 会社の構成員は、その会社の株式の時価が-の乖離が生じた場合に、その株式の時価を支払う権利を有する。

(a) 会社が構成会社である場合の合併で、その会社が存続会社であり、会員が同一または類似の株式を継続して保有している場合を除く。

(b) 企業が企業の構成要素である場合の連結

(c) 当社の通常または通常の事業の過程ではない場合、当社の資産または事業の価値の50%を超える売却、譲渡、リース、交換またはその他の処分。

一 当該事項についての管轄裁判所の決定に基づく命令

一 売却日から一年以内に、売却代金の全部又は実質的に全部が会員の持分に応じて分配されることを条件とした資金の処分

(d) 第207条に基づく当社による株式の償還。

(e) 裁判所が認めた場合には、合意書

第1項の規定により権利を行使しようとする会員は、行為が投票に付された総会又は総会において、投票前に本会に通知しなければならない。

ただし、会社が本法に基づいて会議を通知しなかった会員、または会議を開催せずに会員の書面による同意で承認された場合は、異議申立は必要ない。

第2項の異議申立書には、その行為が行われた場合には、その会員が自己の株式の支払を求めることを提案する旨を記載しなければならない。

第4条 当会社は、その行為を承認した会員の投票日または総会によらず書面による同意を得た日の翌日から21日以内に、書面による異議申立てをした会員または書面による異議申立てをしなかった会員の承認または同意を書面で通知しなければならない(賛成票を投じた会員または書面による同意をした会員を除く)。

会社から異議申立てをする旨の通知を受けた会員は、第4項の異議申立てをした日から21日以内に、異議申立てをする旨を書面で会社に通知しなければならない。

(a) 彼の名前と住所

(b) 同意しない株式の数と種類、および

(c) その株式の公正価値の支払いを求めること。

第203条の規定により合併の効力を失うこととなった場合、第203条の規定により合併の効力を失うこととなった会員は、第203条の規定により合併条件案またはその概要が送付された日の翌日から21日以内に、書面によりその旨を当会社に通知しなければならないものとします。

(6) 反対する会員は、その保有するすべての株式について反対しなければならない。

(7) 反対会員の選任が発表された時点で、その発表を参照した会員については、株式の時価を受ける権利を除く会員の権利のいずれかが消滅する。

(8) 会員が否決の選挙発表をすることができる期間の満了後直ちに7日以内、または提案された措置が行われた日から直ちに7日以内。

当社または合併・併合の場合、存続会社または連結会社は、いずれか遅い方の効力が発生した後、反対会員に対して、当社が時価と判断する価格で株式を買い取る旨の書面による申し出を行い、申し出があった日の翌日から30日以内に、申し出会社と反対会員がその株式の払込価格について合意した場合には、当社は、その株式に係る株券を引き渡す際にその金額を会員に支払う。

(9) 第8項の30日間の期間が満了した後21日以内に、第8項の30日間の期間内にその保有する株式の払込価額について当会社と反対会員との間で合意が得られなかった場合には、次のとおりとする。

(a) 会社及び反対会員は、それぞれ1名の査定員を選任する。

(b) 指定された査定員2名は、共同で査定員を指定するものとする。

(c) 三人の評価人は、当該措置またはその提案により直接または間接的に生じた評価または減価償却を除き、当該措置に賛成する会員の投票が行われた日の前日または会議を経ずに会員の書面による同意が得られた日の営業終了時に、反対会員の株式の公正な価値を決定し、その価値は、すべての目的のために、当社および反対会員を拘束するものとする。

(d) 会社は、株主がその株式に係る証書を譲渡した時の金額を株主に支払うものとする。

第8項又は第9項の規定により当会社が取得した株式は消却するが、その株式が存続会社の株式である場合には、再発行することができる。

11.会員が本項に基づく請求権を行使することは、その会員がその参加株式により権利を有するであろう請求権を行使することを妨げるものとする。

第 1 項及び第 8 項から第 11 項までの規定のみが適用され、この場合には、第 8 項の反対会員に対する書面による申し出は、 207 項の会社がその株式を償還することになった直後の 7 日以内に行わなければならない。

第六款 妥協または合意のモデル

211.

妥協案や和解案に関連した法的措置

会社とその債権者若しくはそのグループとの間又は会社とその構成員若しくはそのグループとの間に妥協若しくは合意が提案された場合には、裁判所は、第二款の者の請求により、裁判所の定める方法により、債権者若しくはそのグループ又はその構成員若しくはそのグループの集会を招集すべきことを命ずることができる。

第一項の申請は、次の者によってすることができる。

(a) 引き受けること。

(b) 会社の債権者であること。

(c) 当社の会員。

(d) 会社が清算中の場合は、清算人が行う。

(3) 債権者又は債権者の集団又は構成員又は構成員の集団の価額の七十五パーセントを代表する過半数が出席し、会議において直接又は委任状により投票して、妥協又は合意を承認した場合には、その妥協又は合意は、裁判所の制裁を受けた場合には、すべての債権者又は債権者の集団に対して拘束力を有するものとする。会社、または清算中の会社の場合は清算人および清算中の会社の資産に貢献する可能性のある者を含む。

第三款に基づき発布された第一審裁判所の決定は、決定の謄本が登記官に提出されるまでは、その効力を有しない。

第三款の規定による裁判所の決定の謄本は、決定後に発行された覚書及び定款の写しに添付しなければならない。

妥協または談合の取り決めに関する裁判所への訴訟

(6) 本項において、再編とは、種類の異なる株式を合算して行う場合と、種類の異なる株式に分割して行う場合と、両方の方法で行う場合とを含む。

裁判所が会社についてこの節の規定による決定をしたときは、その会社については、第二百節から第二百十節までの規定は、適用しない。

第5項に違反した会社は、犯罪行為を犯し、5,000米ドル以下の罰金を科される。

PART XII CONTINUATION

212.

セーシェルでの外資系企業の継続

(1) 第(2)項を条件として、外国会社は、本編に従って、この法律の下で設立された会社として営業を続けることができる。

(2) 外国会社は、次の場合を除き、この法律に基づき設立された会社として活動を継続することはできない。

(a) その会社が設立された外国の司法管轄区において、その外国会社がその司法管轄区の法律の下で良好な状態にあること。

(b) 外国会社の取締役またはその他の権限の行使を委任された者の過半 数が、以下の旨を記載した書面による証明書を登録機関に発行する。

一 外国会社がこの法律第六十七条の意味での支払能力を有すること。

(i) 外国会社がその設立ドメインの解散、清算または登録抹消の手続きをしていないこと。

(iii) 裁判所によるか否かにかかわらず、外国会社の資産を管理する管財人または管理人(そのような人と呼ばれる場合もある)が任命されていないこと。

外国会社とその債権者との間に締結されていない未締結の契約がないこと。

(v) 外国企業が登録事務所を有する外国の法域の法律が、セーシェルでの会社としての継続を禁止していない場合。

(3) 第(2)(b)項に基づいて虚偽または誤解を招くような証明書を作成した者は、刑事犯罪の罪に問われ、有罪判決を受けた場合には25,000米ドル以下の罰金を科される。

213.

法令の続き

この法律の規定により設立された会社として継続して活動しようとする外国会社は、第二項の規定による継続契約の承認をしなければならない。

(a) 外国会社の取締役またはその他の権限の行使を委任された者の過半数によるもの。

(b) 組織上の文書および組織された法律に基づいて、その権限を行使するために決定できるその他の手段。

法令には、次の事項を記載しなければならない。

イ 外国会社の名称及び継続する名称

(b) 外国会社が登記所を有する法制度

(c) 外国会社が設立された日。

(d) 外国会社が、この法律に基づいて設立された会社として、セーシェルでの事業継続を希望していること。

(e) 外国会社がこの法律に準拠した覚書及び定款を採用することは、この法律に基づく外国会社の継続から有効である。

(3) 継続契約は、外国企業が署名し、又は外国企業を代表して行うものとする。

214.

セーシェルでの継続のお願い

(1) 第(2)項に従い、外国会社によるこの法律に基づく継続の申請は、その指定された登録代理人が行い、登録官に提出しなければならない。

(a)続きの記事です。

(b) この法律に従って採択された会社の覚書および定款の各当事者が署名した、または各当事者を代表して署名した、第1表の第2部に記載された承認された書式による継続申請書。

(c) 英語またはフランス語で作成された外国会社の覚書および定款または同等の組織文書の認証謄本、または他の言語で作成された場合には登録官が満足する英語またはフランス語の認証翻訳文を添付する。

(d) 外国会社が法人化された法域の法律の下で良好な法的地位を有していることを登録官が満足する 証拠

(e) 第212条(2)(b)項に記載されている証明書(またはセイシェルの外国会社の登録代理人が証明したその真正な抜粋)。

(f) この法律に基づいて、またこの法律に基づいて提案された覚書および条文のコピー3部以上。

(g) 当該事業が保護された細胞の事業として継続する場合には、第221条に基づく当局の書面による同意。

第(1)項の書類は,登録官に提出する場合には,第二表の第二部に規定する手数料を添付しなければならない。

215.

継続

(1) 第(4)項に従うことを条件として、登録官が継続に関するこの法律の要件が満たされていると 判断した場合、登録官は、第214(1)項で言及された書類を受領した時点で、 - - 登録官は、次のことを行うものとする。

の定款を登記し、新たな定款を作成すること。

(b) 会社に固有の登録番号を付与すること。

(c) 承認された様式の継続証明書を企業に発行すること。

2.継続証明書は、登録官が署名・押印するものとする。

第一項の規定により登録官が発行した継続証明書は、次のことを決定的に証明するものとする。

(a) 継続に関するこの法律のすべての要件を満たしていること。

(b) 継続証明書に指定された日に、その覚書に指定された名称でこの法律の下に設立された会社として継続していること。

事業は、第十三部第二款の規定に基づく当局の書面による同意なしには、保護細胞企業としての運営を継続してはならない。

216.

本法による継続の効果

(1) この法律の下で外国会社が継続している場合-。

(a) この法律は、当社が第10条の規定により設立されたものとして適用される。

(b) この法律に基づいて設立された会社のすべての権限を行使できること。

(c) セーシェル以外の法域の法律に基づいて設立された会社として扱われなくなった。

(d) 第214条(1)項に基づき提出された覚書および条文

会社の覚書や定款になる。

この法律に基づく外国会社の継続は、影響を及ぼさないものとする。

(a) 法人としての会社の継続性。

(b) 企業の資産、権利、義務または負債。

第二項を制限することなく、この法律の規定により外国会社を存続させる場合 - 外国会社を存続させる場合

(a) 継続証明書が発行される直前に会社が権利を有していたすべての資産および権利が会社の財産および権利であること。

(b) 継続証明書の発行直前に当社が負っていたすべての刑事上及び民事上の債務、並びにすべての契約、債務その他の債務を対象としています。

(c) 本法の下で事業を継続することにより、当社またはその構成員、取締役、その他の役員または代理人に対して支払うべき、または支払うべきになる、請求、債務、負債、責任または義務が免除されたり、損なわれたりしないこと。

(d) 本法の下で事業を継続することにより、当社またはそのメンバー、取締役、その他の役員または代理人に対して継続証明書の発行時に係属している民事手続または刑事手続は緩和または終了されないが、その手続は、当社またはそのメンバー、取締役、その他の役員または代理人に対して執行、起訴、和解または悪影響を受ける可能性がある。

継続証明書の発行前に登記官が発行した継続会社の株式は、すべてこの法律に基づいて発行されたものとみなす。

217.

セーシェル以外での継続

(1) 第(2)項およびその覚書または定款を条件として、本法に基づき登記官が優良企業証明書を発行する会社は、取締役の決議または通常の決議により、セイシェル以外の法域の法律に基づいて設立された会社として、当該法律に定められた方法で業務を継続することができる。

外国会社として存続する会社は、次の場合を除き、この法律の下に設立された会社として消滅しない。

(a) この法律に基づいて支払うべきすべての手数料および罰金を支払っていること。

(b) 外国の法域の法律がそのような継続を許可しており、当社がそれらの法律を遵守している場合。

(c) 該当する場合には、第(3)項で言及された宣言

が登記官に提出されました。

(d) 第(4)項に定める必要な通知および証明書。

が登録機関に提出されていること。

(e) 登録機関は、会社が第(5)項に従って取引を停止した旨の証明書を発行した。

(3) 外国会社として営業を継続しようとする会社が、第1項の所有権に係る登記をした手数料がある場合。

181、取締役の過半数が以下の旨を記載した書面を登録機関に提出しなければならない。

(a) 告訴の満足または免除通知が第 183 条に基づいて提出され、登録されていること。

(b) (a)項が遵守されていない場合には、登録された債務に関連している荷受人が外国企業として継続する意思を書面で通知されており、荷受人がその継続に同意しているか、または異議を唱えていないこと。

(c) (a)項が遵守されず、かつ、(b)項の通知後に継続に同意し、または明確な異議を述べなかった場合、登録された債務によって担保されている電荷を有する債権者の利益は、継続によって減少せず、または何らかの影響を受けないものとし、その債務は、第218条(a)項の目的のために債務とみなされるものとする。

(4) 外国会社として営業を続ける会社は、会社登記所に提出しなければならない。

(a) 認可されたとおりの事業継続の通知。

(b) 第(2)(b)項の遵守を判断する目的で、以下の方法で、登録機関に宛てた会社の登録代理人の証明書(またはその抜粋)を提出すること。

(i) 企業の取締役の過半数。

(i) 会社を存続させようとするセーシェル国外の法域で認められ、資格を有する弁護士が、その国外の法域の法律がそのような存続を許可していること、および会社がそのような法律を遵守していることを証明すること。

(5) 外国の法律に基づく会社の継続に関するこの法律の要件が満たされていると登録官が納得した場合、登録官は

(a) 承認された形式で事業活動の終了証明書を発行する。

(b) 清算証明書の日付から会社名をITCの登録簿から削除する。

(C) 官報に登録解除の内容を掲載すること。

第五項の規定により発行された不作為の証明書は、次の事項を示す疎明な証拠となるものとする。

(a) 外国法域の法律に基づく会社の継続に関するこの法律のすべての要件を満たしていること。

(b) 清算証明書に指定された日に事業体が放棄されたこと。

第3項に記載又は記載された事項のいずれも、被請求人が当社に対して訴訟を提起することを妨げるものではない。

218.

セーシェル以外での継続の効果

セーシェル以外の管轄区域の法律に基づいて事業を継続している場合-。

(a) 会社は、セーシェル以外の法域の法律に基づき、会社として継続する前に存在していたすべての請求、債務、負債、および義務に対して、引き続き責任を負うものとする。

(b) セーシェル以外の法域の法律の下で会社が会社として存続することにより、会社またはそのメンバー、取締役、その他の役員または代理人に対する有罪判決、判決、判決、命令、決定、命令、請求、債務、責任、または債務が免除されたり、損なわれたりすることはありません。

(c) セーシェル以外の法域の法律の下で会社が会社として存続することにより、会社または会社のメンバー、取締役、その他の役員または代理人に対するか否かを問わず、民事訴訟または刑事訴訟が係属していない、緩和されていない、または終了していないが、かかる訴訟は、会社または会社のメンバー、取締役、その他の役員または代理人によって、または会社または会社のメンバー、取締役、その他の役員または代理人に対して、場合に応じて、執行、起訴、和解または障害が生じる可能性があること。

(d) 会社としての存続期間中の会社の請求、債務、責任、または義務に関す るセーシェルの会社の登録代理人への送達は、本法に基づいて継続して行われ ることができる。

PART XIII 保護された細胞会社

第一款 - 解釈

219.

この部分の解釈

この部分では、文脈上別段の定めがない限り、-。

-管理命令とは、「管理」の項に基づく第一審裁判所の命令を意味します。

保護された細胞またはその細胞を有する会社に関して246

-管理者とは、人によって任命された者をいう。

行政命令と§246第3項による。

-セル証券とは、有限会社が作成・発行する有価証券のことです。

保護されたセルの会社は、そのセルのそれぞれに関連して

-セルシェアとは、保護されたセルから作成され、発行される株式を意味します。

社会の一つの細胞との関係で

-セル部分資本とは、セル株式の発行による収入を意味し、そのセルに帰属するセル資産に含まれていなければなりません。

-セル転送命令とは、第一審裁判所の命令をいいます。

238 (3) 被保護細胞社会の細胞に帰属する細胞財産を他人に譲渡することを制裁すること。

-被保護セル会社のセル資産は、§2228パラグラフ4に基づき会社のセルに帰属する会社の資産である。

-コアは、保護された細胞のための会社に関連して、定義された通りに意味します。

セクション226で

-保護された細胞会社の中核的資産は、以下の資産で構成されている。

細胞植物ではない会社。

貸主には、現在の債権者、将来の債権者、条件付債権者、及び投資ファンド及びヘッジファンド法の第2条の意味での投資ファンドである保護細胞会社に関連して、同法の第2条の意味での投資家も含まれる。

保護された資産とは

(a) 被保護セル・エンティティのセルに帰属しない責任に関して、被保護セル・エンティティのセルに帰属するすべてのセル資産。

(b) セルに帰属する負債に関するすべてのコア・ホールディング。

-受取人は、第240条第3項の規定により破産管財人として選任された者である。

-破産命令は、保護されたセル会社のセルに関して第240条に基づく裁判所の命令である。

-リコース契約とは、第229条に定義されているものをいう。

サブセクションII - 基礎

220.

守られる会社 携帯電話会社

(1) 会社は、以下の場合を除き、保護された細胞会社として設立され、または継続され、または保護された細胞会社に転換されてはならない。

(a) 当社が投資ファンドおよびヘッジファンド法に基づき、投資ファンドとして当局から認可されている(設立されている場合は、(d)投資ファンドとして認可されている)。

(b) 当社が、(d)証券法の意味でのセイシェル証券取引所または外国の証券取引所の上場要件の対象となる上場証券の発行者である(または設立される予定である)、または、(d)以下のような上場証券の発行者である。

(c) 会社が他に記載されているか、または当局の許可を受けた他の活動に従事している(設立された場合は、その予定)場合。

221.

権限の承認が必要

1.次の事項は、当局の監督の下で、当局の書面による同意書に定められた条件に従ってのみ行うことができる。

イ 被保護細胞会社としての会社の設立又は継続

(b) 非細胞社会を保護された細胞社会へと変容させること;および

(C)保護された細胞社会から非細胞社会への変容。

2.当局は、適宜、適切と考える方法で、以下を行うことができる。

(a) 第一項の規定により同意が与えられた条項又は条件を変更し、又は取り消すこと。

(b) 当該同意に関連して新たな規定または条件を課すこと。

(1) —

第一款の規定による当局の承認の申請。

(a) その形式で当局に提出し、当局が検証を要求する文書や情報を添付すること。

(b) には、第1部の手数料を添付しなければならない。

第1部、または必要に応じて第2部の時刻表の第2部。

(4) 当局の同意の規定若しくは条件に違反し、又は違反させ、若しくは違反させることを許可した者は、犯罪を犯し、有罪判決を受けたことを理由に、2万米ドル以下の罰金を科す。

222.

当局の申請等の決定について

(1) Bei der Entscheidung, ob man –

(a) 第2項の規定による同意の要求を認めること。

221;

(b) 本同意書に条件を課す、(c) 本同意書の条件を修正または撤回する、または(d) 本同意書に新たな条件を課す。

当局は、金融センターとしてのセーシェルの評判を保護し、向上させる必要性を含め、公共の利益の保護を考慮しなければならない。

(2) 権限がある場合

(a) セクションに基づく同意の要求を拒否すること。

221;

b)そのような同意のための条件を定める。

(c) 本同意の条項または条件を変更または撤回すること。

(d) 当該同意に新たな条件を課した場合は、その決定と223項に基づく当局の決定に不服を申し立てる権利を書面で申請者に通知しなければならない。

223.

当局の決定およびその他の決定に対する不服申し立て

(1) 当局の決定により負傷した者は、第二十四条第一項に規定するように、第二十五条第一項に規定するように、第二十五条第一項に規定するように、第二十五条第一項に規定するように、第二十五条第一項に規定するように、第二十五条第一項に規定するように

当局の決定の通知から90日後、金融サービス機構の規則2014年に定められた手順に従い、不服審査委員会に決定に対して不服を申し立てることができます(不服審査委員会(d)、決定に対する不服申し立てを含む

(a) セクションに基づく同意の要求を拒否すること。

221;

(b) 当該同意に相当する条件を課すこと。

(c) 本同意の条項または条件を変更または撤回すること。

(d) 当該同意に新たな条件を課すこと。

(e) この同意を撤回すること。

2.本項の規定に基づく要請があった場合、不服審査会は、以下のことを行うことができる。

(a) 当局の決定を確認する。 (b) 当局の決定を修正する。

(c) 当局の決定を取り消し,不服審査委員会が適切と考える場合には,不服審査委員会が適切と考える指示をして,本件を当局に送還すること。

第四項の規定による決定に対する不服申立て

当局は、決定の実施を停止する効果を有しないものとする。

4.当局の決定に対して本項の申請があった場合、不服審査会は、不服申立人の申請により、不服審査会が正当と認める条件で、不服申立が決定されるまで決定の運用を停止することができる。

5.不服審査会の決定に不服のある者は、その決定から30日以内に

金融サービス機構(Appals Boar(d))の2014年規則8(8)に基づき、第一審裁判所に上訴を申し立てる。

第一審裁判所は、第五項の規定により提起された控訴について、控訴審の決定を支持し、無効にし、又は変更し、かつ、適切であると判断した場合には、指示を与えることができる。

サブセクションIII - ステータス、細胞、細胞の構成要素

224.

保護された細胞を持つ企業の状況

(1) 保護細胞社会は単一の法人である。

2.保護されたセル社会によるセルの設置は、そのセルに関して社会とは別個の法人の創設をもたらすものであってはならない。

225.

細胞の生成

保護された細胞社会は、本編に規定された方法で細胞及び核の資産又は負債を分離して保護することを目的として、一つ又は複数の細胞を設立することができる。

226.

コアの限定

核は、その細胞のない保護された細胞会社です。

227.

細胞の安全性

保護された細胞事業は、その各細胞について、細胞分画を含む細胞担保物を設定し、発行することができる。

(2) 保護されたセル社が作成し、発行したセル社株式以外の株式の発行による収入は、当社のコア資産に含まれております。

(3) 被保護セル事業者は、第 71 条に従ってセルラー配布又は非セルラー配布を行うことができる。

この法律の規定は、この部の規定に従うものとし、文脈上別段の定めがない限り、次のものに関連して適用される。

(a) セル株式でない株式に適用されるセル株式。

(b) セル株式資本でない株式資本に適用されるセル株式資本。

第四項の一般性を損なうことなく、第七十六条(株主の選択による株式の償還)の規定は、投資ファンド及びヘッジファンドに関する法律の下で認可された保護細胞会社の細胞株は、保有者の選択により償還することができることを含め、保護細胞会社の細胞株について準用する。

第四款 資産及び負債

228.

細胞と核の資産

(1) 保護された細胞社会の資産は、細胞資産か核資産のいずれかである。

(2) それは保護された細胞会社の取締役の義務である-。

(a) セルラー資産をコア資産とは分離して区別しておくこと。

(b)各セルに割り当てられたセルの特性を、他のセルに割り当てられたセルの特性とは別個に区別して維持すること。

保護細胞社会の細胞資産には、その社会の細胞に帰属する社会の資産を含むものとする。

(4) 被保護細胞社会の細胞に帰属する資産には、次のものが含まれるものとする。

セルとコアコンピテンシー

(a) セルの株式資本からの収益およびセルに帰属する準備金によって表される資産、および

(b) セルに帰属するその他の資産。

(5) 保護細胞社会の中核的資産は、社会の中核に帰属する資産からなる。

(6) 保護細胞社会の核に配分されるべき資産は、次のものからなる。

(a) コア・シェア・キャピタルの収益に相当する資産およびコアに帰属する引当金

(b) コアに帰属するその他のすべての資産。

(7) 第(4)項および第(6)項の目的のために、以下の用語を使用する。

-引当金には、利益剰余金、資本準備金、資本準備金が含まれております。

第二項の規定にかかわらず、被保護細胞社会の理事は、細胞財産及び核財産を保有させ、又は保有を許すことができる。

(a) ノミニーによって、またはノミニーを通じて。

(b) 株式及び持分が携帯電話資産又は原子力資産、又はその両方を組み合わせたものであ る事業体による

第二項の義務は、被保護細胞社会の理事が、第二項の規定により当該機器が個別に識別可能な状態にあることを理由としてのみ、投資管理者が細胞資産若しくは核資産又はこれらの組み合わせを共同で投資し、又は共同で運用することをさせ、又は許可したことによっても、破られてはならない。

229.

リコース契約

(1) リコース契約とは、被保護細胞会社と第三者との間の書面による契約であって、被保護資産は、本編の規定にかかわらず、被保護細胞会社が締結した契約(第 239 条(2)項に定義されている)の下で、その第三者が負うべき責任の対象となることがあることを規定するものである。

(2) リコース契約を締結する前に、その権限を与えられた利益保護細胞会社の取締役は、合理的な理由によ り、以下のことを確信している旨の供述をしなければならない。

(a) 当社の債権者が代位契約によって不当に不利益を被らないこと。

(b) 合意書または法令に別段の定めがない限り、次のことを行う。

(i) 被保護資産がセルに帰属する資産である場合には、そのセルのメンバー。

一 被保護資産が中核的資産である場合には、その構成員

は、代位弁済契約の承認を決定しました。

(3) 合理的な理由なく、特定の資料に関して第(2)項に基づく虚偽、誤解を招くような、または欺瞞的な発言をした取締役は、刑事犯罪の罪に問われ、有罪判決を受けた場合には7,500米ドル以下の罰金を科される。

(4) 被保護セル企業の会員または債権者は、被保護セル企業が課す合理的な制限に従い、取締役の声明文の監査またはコピーを要求することができる。

(5) 企業が(4)項の下で検査を許可しなかったり、コピーの要求を拒否したりした場合、それは犯罪行為を犯していることになり、有罪判決を受けた場合には、2,500米ドルを超えない罰金を科される。

230.

債権者の立場

(1) リコース契約の条件に従い、被保護細胞企業の債権者の権利は、第 233 条及び第 234 条に規定する義務に対応するものとする。

(2) リコース契約の条件に従い、被保護細胞社会の債権者は、本項及び第231条、第232条、第233条及び第234条に定める権利以外の権利を有してはならない。

(3) 保護された細胞会社が締結した取引には、以下の条件が含まれているものとします(書面で明示的に除外されている場合を除く)。

(a) 当事者は、いかなる手続きにおいても、あるいはその他の方法でも、あるいはどこであっても、保護された資産を保持したり、責任を負うことを求めてはならない。

(b) 一方の当事者が、保護された資産の責任を保持することで、何らかの手段で、またはどこでも、成功した場合には、その当事者は、結果としてそれが受け取った利益の価値に等しい金額を事業体に支払う義務があること、及び

(c) いずれかの当事者が、保護された資産の差押えや差押え、その他の方法での執行に成功した場合、その当事者は、当社のために、また当社に代わって、かかる資産またはその収益を信託し、かかる資産または収益を、かかる信託財産として分離して識別可能な状態に保つこと。

(3) (c)項に記載された依拠の結果として利益保護細胞会社が徴収した金額は、(3) (b)項の暗黙の条件に従って徴収された同時賠償責任と相殺されるものとする。

(5) (3)(b)項若しくは(3)(c)項で言及されている暗黙の期限に従って、又はその他これらの款で言及されている場合にはどこでも、被保護細胞事業から回収された資産又は金額は、事業者が、回収に要するすべての費用を控除した後又は支払を行った後に、当該細胞又は(場合によっては)当該核を補償するために使用するものとする。

(6) 保護資産が帰属しない債務のために執行された場合であって、当該資産に係る資産又は報酬が、他の方法で当該セル又はコア(もしあれば)に 返還できない場合には、当社は、以下を行わなければならない。

(a) 鑑定人としてであって仲裁人ではない独立した専門家を手配するか、または委託して、当該セルまたは該当する場合にはコアに失われた資産の価値を証明する。

(b) 被害を受けたセル又は(場合によっては)炉心、資産又は被害を受けたセル又は(場合によっては)炉心を回復させるのに十分な額のセル又は核資産からの失われた資産の譲渡又は支払

7.本項は、域外適用とする。

231.

債権者によるセル資産の活用

第230条及び第233条の規定を害することなく、かつ、償還協定の条件に従うことを条件として、被保護細胞社会の細胞に帰属する細胞資産は、以下のとおりとする。

(a) 当該セルに関連して債権者であり、本編の規定に従って当該セルに帰属するセル資産の償還を受ける権利を有する事業体の債権者のみが利用可能であること。

(b) 当該セルに関して債権者ではない事業体の債権者から完全に保護されており、したがって、当該セルに帰属するセル資産への償還請求権を有していないこと。

232.

債権者による自己資本へのリコース

第 230 条及び第 234 条の規定を害することなく、また、救済措置協定の条件に従うことを条件に、被保 護細胞事業体の核資産は、第 230 条及び第 234 条の規定を害することなく、保護されてい る細胞事業体の核資産となる。

(a) コアに関する債権者であり、それによって本編の規定に従ってコア資産を使用する権利を有する会社の債権者のみが利用可能であること。

(b)中核的資産に関して債権者ではなく、したがって中核的資産に対する求償権を持たない会社の債権者から絶対的に保護されている。

233.

細胞の性質の接着

(1) 第(2)項の規定及び再請求契約の条件に従い、被保護セル企業の特定のセルに起因する責任が発生するものとする。

(a) そのセルに帰属するセル値が責任を負う。

(b) その責任は、保護された資産に対する責任ではない。

被保護細胞企業の特定の細胞が被った損失又は損害であって、核又は他の細胞が犯した不正行為によって引き起こされた場合には、損失又は損害は、企業以外の者の責任を害することなく、企業の核資産又は(場合によっては)その他の細胞の資産に対してのみ責任を負うものとする。

(3) 被保護セルの特定セルに帰属しない責任セル会社は、会社の中核資産の独占的な負債である。

(4) 本項の前記の規定にかかわらず、保護セル会社の特定のセルに帰属するセル資産の第(1)項(a)に基づく負債は、負債総額の価値がそれらの資産の価値に等しくなるまで急速に減少するものとするが、リコース契約がある場合又は第(2)項の不正行為に起因するセル会社の負債のいずれかがある場合には、本項の規定は適用されないものとする。

5.本節は、域外適用とする。

234.

コア資産の負債

(1) 第(2)項の規定及び再請求契約の条件に従い、被保護細胞企業の核心部から生じる責任は、発生するものとする。

(a) 中核資産が責任を負う。

(b) その責任は、保護された資産に対する責任ではない。

セルによって、またはセル上で行われた不正行為によって、保護されたセル企業の核に対する損失または損害が発生した場合、損失または損害は、企業以外の者の責任を害することなく、そのセルのセルの財産の唯一の責任とする。

(3) この節は、治外法権的効力を有する。

235.

細胞の責任をめぐる争い

(1) Im Falle von Streitigkeiten über –

イ 権利の有無

(b) 特定のセルについて債権者が債権者であるかどうか。

(c) 責任が特定のセルに帰属するかどうか。

(d) 責任が限定される金額。

裁判所は、保護された携帯電話会社の要求に応じて、かつ、いかなる人の他の権利または救済を害することなく、紛争となっている問題について陳述を行うことができる。

第一項の規定による宣言の申立てを聴いた後、第一審裁判所は、第一項の規定による宣言の申立てを聴いた後、- 第一審裁判所は、第一項の規定による宣言の申立てを聴取しなければならない。

(a) 人が申請の聴取を受けることを命ずることができる。

(b)は、予約の有無にかかわらず、暫定的な宣言をし、又は聴聞を延期することができる。

(c) 適切と思われる条件を付して宣言を行うことができる。

(d) その宣言がそれらの者を拘束することを命ずることができる。

236.

コア資産と負債の配分

(1) 保護されたセル企業の負債であって、そのセルのいずれかに他の方法で帰属させることができないものは、その企業の中核的資産から排出されなければならない。

保護細胞社会の収入、収入その他の資産又は権利であって、細胞に帰属しないものは、社会の中核的資産に充当し、これに含まれなければならない。

第五款-保護された細胞社会との取引とその中での合意

237.

保護された細胞を持つ会社についてのお相手の方の情報を得る会

(1) 保護されたセル企業は、次のことをしなければならない。

(a) 事業を行う者に、保護された携帯電話会社であることを通知すること。

(b) トランザクションの目的のために、その人がトランザクションを行っているセルを特定または特定する。

第一項の規定に反して、被保護細胞会社が第一項の規定に違反しているとき。

(a) 保護されたセル会社と取引をしていることを通知せず、かつ、保護されたセル会社と取引をしていることを知らず、かつ、その取引をしていると信じるに足る合理的な理由がない場合。

(b) ある人が取引を行っているセルまたはコアを特定または特定しておらず、その人がどのセルまたはコアを取り扱っているかを知らないか、または知るための合理的な根拠がない場合

となると、どちらにしても

(i) 取締役が(当社の覚書や定款、または当社との契約などに別段の定めがあるにもかかわらず)本取引に関連して、その人物に対して個人的な責任を負うこと。

(i) 取締役は、不正、無謀、過失または不誠実な行動をした場合を除き、会社の中核的資産の補償を受ける権利を有しています。

(3) 裁判所は、第350条に基づく取締役が第2項(i)に基づく個人的責任の全部または一部を免除された場合には、当該責任を、規制で言及されている被保護細胞企業の細胞資産または核資産から代わりに弁済するよう命じることができる。

238.

保護されたセル会社からのセル資産の譲渡

第三項の規定により、その者がどこに居住し、又は登録しているか及びその者が保護細胞社会であるか否かを問わず、保護細胞社会の細胞に帰属する細胞財産であって、保護細胞社会の核財産でないものを他人に譲渡することは、適法である。

第一項の規定によるセル財産の譲渡であって、保護されたセル社会のセルに帰属するものは、それ自体では、その社会の債権者は、そのセル財産が譲渡された者の財産を請求する権利を与えられないものとする。

第八項及び第九項の規定を適用して、保護細胞社会の細胞に帰属する細胞の財産の譲渡は、この節の規定による裁判所の命令(細胞譲渡命令)の監督の下で、かつ、その条件に従って行われなければ、行ってはならない。

(4) 裁判所は、保護されたセル企業のセルに関しては、セル譲渡命令を出すことはできません。

a)彼女が納得しない限り

(i) セルに帰属する資産のうち、セルに帰属する資産を引き当てる権利を有する事業体の債権者が譲渡に同意すること;又は

(i) これらの債権者が譲渡によって不当に不利益を被らないこと。

(b) この点について当局の意見を聴かないこと。

(5) 細胞移動命令の申請に関する口頭審問において-。

(a) 予約の有無にかかわらず、差止命令を発し、又は聴聞会を延期することができる。

(b)は、第(4)項(a)の要件のいずれかを放棄することができる。

(6) 裁判所は、当該命令が求められているセルに帰属するセルの資産を償還する権利を有する債権者の請求を充足するための条件を含む、適切と認める条件をセル譲渡命令に付すことができる。

7.裁判所または裁判所は、保護された細胞社会の細胞に関して細胞移転命令を出すことができる。

(a) 会社のために清算人が選任されたか、または会社が任意清算の決議をした場合。

(b) 事業体のセル又は他のセルに関して債務超過の申立てがなされている。

(c) セル、事業またはその他のセルに関して行政上の決定が下された場合。

(8) この節の規定は、この節の規定に従って、企業のセルが権利を有するセル資産から、それらのセル資産を償還する権利を有する者に合法的な支払い又は譲渡を行うために、保護されたセル社会の権限に影響を及ぼさないものとする。

(9) 本項の規定にかかわらず、保護されたセル企業は、企業の事業の通常の過程でセル資産の投資や変更、またはその他の方法でセル資産の支払いや移転を行うために、セル移転命令を必要としないものとする。

(10) 第二百六条は、この節の規定により行われる被保護細胞社会の細胞に帰属する細胞財産の譲渡については、適用しない。

239.

細胞の容量などに影響を与える細胞間の合意

(1)疑義を避けるために、被保護細胞企業は、その事業の通常の過程で、又はその細胞の一つに帰属する事業の過程で、第(2)項に定義される契約を締結することができる。

2.取決めは、有効な保護細胞社会の細胞資産又は核資産の譲渡、売却又は配分を取り扱うものでなければならない。

(a) 実体のいずれかのセル間

(b)核とその細胞の一つとの間にある。

(c) エンティティとコアの間。

(d) 企業とそのセルのいずれかとの間の契約であっても、企業と他の者との間の取引を伴うものではない。

(3) 裁判所または裁判所は、第(4)項で言及された者の申請により、適切と思われる条件の下で、以下の事項について命令を発することができる。

(a) 契約の実施、管理または執行。

(b) 本契約の対象となる、または本契約の影響を受ける、保護された細胞会社の細胞資産または核資産であって、それらの配分、譲渡、処分、追跡、送信、保存、使用、回収または引渡しの命令を含む(これらに限定されない)もの。

第三項の規定による選任の申請をすることができる。

(a) 保護された細胞会社。

(b) 会社の取締役、清算人または管理人。

(c) 配置の影響を受ける事業体のセルの受信者または管理者。

(d) 事業体の業務を管理する者。

(e) 管理者が、アレンジメントの影響を受ける事業体の業務又はセルに帰属する者である場合。

F)裁判所の許可を得て、直接または間接的に、またはそうでなければそれによって影響を受ける、契約に利害関係を有する他の人。

被保護セルの事業は、いかなる合意に関連しても、そのセルのものも含めて、必要なまたは適切な 調整を行わなければならない。

(6)疑念を避けるために-。

(a) 第五項にいう調整には、被保護細胞社会の資産、権利及び負債の譲渡、処分又は配分を含めることができる。

(i)実体の一つの細胞の間;(i)核とその細胞の一つの間;(iii)実体と核との間;または

(iv) 企業とそのセルとの間のものであって、企業の固有の法的性格を損なうものではないこと。

(b)協定の履行は、セル譲渡命令を必要としない。

第三項の規定による命令は、一方的に発することができる。

8.本節は、域外適用とする。

第六款 破産申請

240.

細胞に関する倒産管理命令

(1) 本節の規定に従うことを条件として、保護された細胞企業に関連して裁判所が納得した場合

(a) 企業の特定のセルに帰属するセル資産(及び、企業がリコース契約を締結している場合には、その契約に基づき責任を負う資産が、そのセルに関する債権者の請求を満足させるのに十分であるか、又はその可能性が低いこと。

(b) 行政命令の発出がそのセルにとって適切でないと判断された場合。

(c) 本節に基づく発注が第(3)項に定める目的を達成することになること。

裁判所は、このセルに関して、このセクションに基づく命令(a - 管理命令)を行うことができます。

2.以下の1つまたは複数の項目について、和解要求が出されることがあります。

破産管財命令とは、セルの業務及びセル業務を、その命令で指名された者(管財人)が管理することを命ずる命令である。

(a) セルの業務又はセルに帰属する取引の適切な実施、及び

(b) セルに帰属するセル資産の分配(及び、企業がリコース契約を締結している場合には、その契約に基づき、セルにアクセスする権利を有する者への責任を負う資産)。

(4) 破産宣告 - 破産宣告

(a) 以下の場合には、これを行ってはならない。

(i) 清算人が保護された細胞会社に関連して行動するように任命された。

一 プロテクトセル社が任意整理の決議をしたこと。

(b) 行政命令の対象となるセルに関連して行われることができる。

(c) 保護された細胞社会に関連して行動する清算人の選任時に期限が切れるが、以前の行為を損なうことなく。

破産の申立ての対象となっている被保護細胞社会の任意解散の決定は、裁判所の許可を得なければ、その効力を生じない。

241.

管財命令の申請

保護されたセル事業のセルに対する破産手続開始の請求は、以下の者によって行うことができる。

(a) 引き受けること。

(b)当社の取締役。

c)そのセルに関するエンティティの各債権者、(d)そのセルに関するセルの株式の各保有者。

(e) そのセルの管理者。

(f) 当局。

審判所は、申請を聴取した後、次のようにしなければならない。

(a) 破産命令のため。

(b) 任意解散の命令のための第二百四十条第五項の規定による許可のためには、留保の有無にかかわらず、仮差止命令を発し、又は審理を延期することができる。

被保護セル事業のセルに関する破産手続開始のための裁判所への申請の送達は、効力を有するものとする。

(a) 引き受けること。

(b) セルの管理者(いる場合)。

(c) 権限

(d) 裁判所が命令することができる他の者(もしあれば)、それぞれの者は、決定が行われる前に裁判所に意見を提出する機会を持たなければならない。

242.

受益者の機能と支払不能命令の効果

(1) 細胞の受信者-細胞の受信者

(a) 第240条(3)に定める目的のために必要なすべてのことを行うことができる。

(b) セルの事業とセルの資産に関連するすべての機能を取締役に持っているか、または取締役に帰属させることができる。

受取人は、いつでも裁判所に訴えを提起することができる。

イ 機能又は権限の範囲又は行使に関する指示について

ロ 破産の決定の履行又は変更を命ずること。

(c) その管財の過程で生じるすべての事項に関する命令。

受領者は、その機能及び権限の行使において、被保護セル事業の代表者として行動するものとみなされ、詐欺、無謀、重過失又は悪意の場合を除き、個人的責任を負わないものとする。x

(4) 受益者と善意で取引をする者は、受益者がその権限の範囲内で行動しているかどうかを照会することに関心がない。

(5) 破産命令の発令の申請があった場合であって、破産管財人又は裁判所の休職が同意し、かつ、裁判所が定める条件に従う(裁判所が休職を許可した場合)場合を除き、破産命令が発令され、又は発令されたセルに関して、その期間中、保護されたセル会社に対して手続を開始し、又は継続することができない。

疑義を避けるため、訴訟による担保権者の権利及びその執行を含むがこれに限定されない相殺権及び担保権は、第五項の規定の影響を受けないものとする。

(7) 破産宣告の期間中 - 破産宣告を受けている間

(a) 理事の機能が終了するか、または委任されたセルの事業とセル資産に帰 属するものとする。

(b) 企業がセルに関するリコース契約を締結している場合には、セルの受取人は、その契約に基づいて責任を負う資産に関して、被保護セル企業の取締役とみなされる。

243.

破産管財契約の解雇・変更について

1.裁判所または審判所は、和解命令が発せられた目的が達成されたか、実質的に達成されたか、または達成できないと裁判所または審判所が認める場合に限り、和解命令を執行することができる。

和解請求の採択又は変更の請求についての口頭審理の後、裁判所は、条件付又は無条件で、仮処分をし、又は審理を延期することができる。

裁判所は、命令が発せられた目的が達成され、又は実質的に達成されたことを理由として、被保護細胞企業の細胞について強制管理者命令を発する場合には、裁判所は、強制管理者がその細胞について企業の債権者に支払うことは、その細胞について企業の債権者に対する負債の完全な充足とみなし、その細胞について企業に対する債権者の債権は、それによって消滅するものとみなすことを命ずることができる。

第三項のいかなる規定も、他の者に対する債権者の権利又は救済手段(保護されたセル事業の保証を含む)を害し、又は消滅させる効果を有しないものとする。

(5) 以下の規定に従う。

(a) 本編及び優遇措置に関する法的規定、(b) Protected Cell Company と Protected Cell Company との間の契約。

債権の従属に関する各債権者

に帰すべき債務について、当該債権者に対し、その債務を弁済することを求めております。

その他の債権者

(c) 被保護セル事業とその債権者との間のネッティングに関する合意

破産手続開始命令が発せられた法人のセルに帰属する法人のセル資産は、そのセルの事業の清算またはそのセルの事業の清算において、本部の規定に従い、それぞれの場合において、法人に対する、または法人に対するそれぞれの権利および利益に応じて実現されるものとする。

7.裁判所は、保護された細胞企業の細胞に関する破産申立てを処理する場合には、裁判所が決定する日に細胞を解散することを命ずることができる。

8.被保護細胞社会の細胞が解散した直後は、その細胞に関していかなる事業も行ってはならず、また債務も発生してはならない。

(9) 破産命令が発せられ、又は本項の規定により変更されたときは、受益者は

(a) 放棄を与える決議または決定を修正する決議の日から 7 日以内に,決議の写しを登録官に送付する。

b)裁判所が命令することができる期限内に、裁判所が指示することができる他の人にそれのコピーを送信する。

244.

受益者の報酬

受信者の報酬および受信者が正当に負担したすべての費用は、受信者が任命されたセルに起因するセルの財産に起因する他のすべての請求に優先するものとする。

245.

受取人が提供する情報

(1) 破産命令が発せられたときは、被保険者は

(a) 契約の通知書を直ちに被保護細胞事業体に送付すること。

(b) 命令の日から7日以内に命令の写しを登録官に送付する。

(c) 注文の日から28日以内に-。

i)裁判所の命令がない限り、(裁判所が彼らの住所を知っている範囲で)セルのすべての債権者に命令の通知を行う。

(i) 契約の通知を当局に送付すること。

d)裁判所が命令することができる期間内に、裁判所が命令することができる他の人に注文のコピーを送信します。

登記官は、適切と認める方法及び期間で、破産の請求を通知しなければならない。

第七款 管理契約

246.

保護された細胞会社または細胞に関する行政命令

(1) 本節の他の規定に従うことを条件として、保護された細胞企業に関して裁判所が納得した場合

(a) 企業の特定のセルに帰属するセル資産(企業がリコース契約を締結している場合には、その契約に基づき責任を負う資産が、そのセルに関する債権者の請求を満たすには不十分であるか、または満たす可能性が低い)であること。

b)会社の携帯電話および非携帯電話資産が会社の負債を満たすのに十分ではないか、または十分ではないと思われること、および裁判所は、本項に基づく命令を行うことは、第4項に定める目的のいずれかを達成することができると判断した場合、裁判所は、その会社に関して、本項に基づく命令(管理命令)を行うことができる。

2.行政決定は、次のいずれかに該当する場合に採択されることがあります。

行政命令とは、命令が効力を有する期間中、セルの業務及び資産、場合によっては会社の業務及び資産を、裁判所がその目的のために任命した者(行政官)が管理することを明記した命令をいう。

ざま

行政命令を発することができる目的

(a) 細胞または実体としての実体が継続して存在していること。

(b) セルの債務超過、または(場合によっては)会社の清算によって達成されるよりも、セルまたはセルまたは(場合によっては)会社の事業と資産のより有益な実現。

(5) 被保護セル会社又はそのセルに関するものであるか否かを問わず、行政命令

(a) 以下の場合には、これを行ってはならない。

(i) 会社に関連して清算人が任命された。

任意整理の解決策を見いだしたこと。

(b) 会社に関連して行動する清算人が選任された時点で消滅するものとする。

保護細胞社会、当該細胞又は行政命令の対象となる細胞の任意解散の決定は、裁判所の許可を得なければ、その効力を生じない。

247.

管理命令の発令申請

(1) 保護された細胞社会又はその細胞に関する行政命令のための裁判所への申請は、以下の者によって行うことができる。

(a) 引き受けること。

(b)当社の取締役。

(c) 会社の株主または株主のグループ、または細胞。

(d) 会社の債権者(または、セルに関して命令が求められている場合は、そのセルに関して会社の債権者)。

(e) 当局。

審判所は、申請を聴取した後、次のようにしなければならない。

(a) 行政機関の決定を求めること。

(b) 任意解散の命令のための第246条第6項の規定による許可のためには、仮差止命令を発出 し、または予約の有無にかかわらず審理を延期することができる。

保護されたセル会社又はそのセルに関する行政命令のための裁判所への申請は、次の宛名で行わなければならない。

(a) 引き受けること。

(b) 権限

c)裁判所が命令することができるその他の者(もしあれば)、各人は、決定が行われる前に裁判所に意見を提出する機会を持っていなければならない。

248.

管理者の機能と管理契約の効果

(1)保護されたセル会社のセルの管理者-。

(a) 行政命令が出された第246条(4)で言及されている目的のために必要なすべてを行うことができる。

(b) セルの事業とセルの資産に関連して、取締役のすべての機能と権限を持っていなければならない。

管理者は、いつでも裁判所に訴えを提起することができる。

イ 機能又は権限の範囲又は行使に関する指示について

ロ 行政命令を発し、又は改正するために

或いは

(c) その管理の過程で発生した事項に関する命令のために。

管理者の機能と管理委任の効果

(3) 管理者は、その機能及び権限の行使において、不正、無謀若しくは重過失又は不誠実な行為がない限り、保護細胞会社の代理人とみなされ、個人的責任を負わないものとする。

(4) 資金調達原簿モニターに善意で協力した者は、資金調達原簿モニターがその権限の範囲内で行動しているかどうかについて、関心を持たないものとする。

行政命令の申請があった場合において、その期間中、管理者又は裁判所の免除権が得られ、かつ、裁判所が定める条件に従わなければ(裁判所が免除を与える場合にあっては)、被保護細胞社会又は行政命令が申請され、又は発令された細胞については、手続を開始し、又は継続することができない。

疑義を避けるため、起訴及びその執行における被告発者の権利を含む相殺権及び被担保利益は、第五項の規定の影響を受けないものとする。

(7) 行政命令の期間中-その間

(a) 取締役の機能が停止するか、または命令が下されたセルの事業およびセル資産に帰属することになる。

(b) セルに関するリコース契約を締結している場合には、セル管理者は、その契約に基づいて責任を負う資産に関して、被保護セル主体の取締役とみなされるものとする。

249.

行政命令の発行と修正

裁判所は、裁判所に対し、次のような印象を与える場合に限り、行政決定を執行しなければならない。

(a) 契約を締結した目的が達成されていないか、または達成できない場合。

(b) その他契約を締結することが望ましい、または適切であると認められるとき。

裁判所は、行政決定の補正の決定の申請についての口頭審理の後、条件付又は無条件で、仮処分をし、又は審理を延期することができる。

行政処分の執行後、裁判所は、行政処分を命ずることができる。

イ 次の各号のいずれかに該当する行為について行政処分を受けたとき。

管理者が債権者に対して行った支払いは、その債権者に対する同社の債務を完全に履行したものとみなされ、同社に対する債権者の請求は消滅するものとみなされる。

(b) あるクラスの行政命令が下された場合、清算人がそのクラスに関する会社の債権者に支払う支払いは、そのクラスに関する会社の債権者に対する負債を完全に満たしたものとみなされ、そのクラスに関する会社に対する債権者の請求権は消滅する。

(4) 第(3)項のいかなる規定も、保護されたセル事業の保証を含め、他の者に対する債権者の権利又は救済手段に影響を与え、又は消滅させるものではない。

250.

管理者の報酬

管理人の報酬および管理人が正当に負担したすべての費用は、他のすべての請求権に優先して支払われるものとします。

(a) セルが権利を有するセル資産からセルを管理する場合。

(b) 保護された細胞社会の運営の場合には、その細胞社会の非細胞資産から

251.

管理者が提供する情報

行政決定があったときは、管理者は、義務を負う。

(a) 契約の通知書を直ちに被保護細胞事業体に送付すること。

(b) 命令の日から7日以内に命令の写しを登録官に送付する。

(c) 命令の日から28日以内。

i)裁判所が別段の命令をしない限り、会社のすべての債権者に、または場合によっては(裁判所が知っている範囲内で)、命令が関係している各セルのすべての債権者に命令を通知する。

(i) 契約の通知を当局に送付すること。

d)裁判所が命令することができる期間内に、裁判所が命令することができる他の人に注文のコピーを送信します。

2.登記管理者は、適当と認める方法及び期間をもって、行政命令を通知しなければならない。

第八款 保護された細胞を有する事業の清算

252.

保護された細胞のための会社の清算に係る規定

(1) 法令の規定にかかわらず、被保護細胞社会の清算の場合には、清算人

(a)は、第228条(2)号2文字(a)及び(b)の要件に従い、当社の資産を取り扱う義務があること、及び

(b) 保護されたセル事業の債権者の請求を満たすために、本編の規定に従って事業の資産を請求者に適用する。

清算中の会社の資産を実現し、会社の債務と負債を満たすためにパリパスで適用することを規定している規則または法律の規定は、改正され、本編の規定の対象となる被保護細胞会社に関連して適用されるものとする。

サブパートIX - 一般

253.

刑事罰の責任

(1) 保護されたセル会社が、この法律に基づくか否かにかかわらず、セル又はセルに関連して行動する役員の行為又は不行 為に対して刑事罰を科す場合には、その刑罰は、次のとおりである。

(a) セルに帰属するセル資産からのみ、事業体が満たすことができる。

(b)は、セルラーであるか原子力であるかを問わず、事業体の他の資産に対して強制力を持つものではありません。

保護された細胞主体が、核又は核に関連して行動する役人の行為又は不作為のために、この法律に基づくか否かにかかわらず、刑事制裁の対象となる場合には、その役人の責任を害することなく、制裁

(a) 企業が中核的資産からのみ満たすことができる。

(b)は、携帯電話の財産に対しては強制力を持たない。

第14部 事業計画の調査

254.

監査役の定義

本編において「検査官」とは、次のいずれかの者によって任命された検査官をいう。

255.

調査委任

メンバー又は登録官は、最初から、又は審判所の要請があれば、事業及びその関連事業の調査を必要とする命令を 求めるために、審判所に照会することができる。

(2) 第(1)項の申請により、申請者がその旨を明らかにしたときは、当該申請者は、第(1)項の規定による申請をすることができる。

裁判所は...

(a) 事業体又はその関連事業体の事業が、人を欺く目的で行われているか、又はその目的で行われていること。

(b) 会社またはその関連会社が、詐欺的または不法な目的で設立されたか、または詐欺的または不法な目的で清算される場合。

(c) 当社またはその関係会社の設立、事業または業務に関与した者が、不正または不誠実な行為をした場合、またはそのおそれがある場合。

第一審裁判所は、登記官である可能性のある検査官による会社およびその関連会社の調査に関して、適切な命令を下すことができる。

会員は、第一項の規定による請求をしたときは、遅滞なく登録官に通知しなければならず、登録官は、その請求の会議に出席し、聴取を受ける権利を有するものとする。

4.本項の申請者は、費用の担保を提供することを要しないものとする。

256.

裁判所の権限

第二百五十五節第二項の規定により発せられた命令には、企業を調査するための調査官を任命する命令及び調査官の報酬を定める命令を含まなければならない。

審判所は、いつでも、次の命令を含むがこれに限定されない、調査の目的のために適切であると 考える命令を行うことができる。

(a) 検査官を交代させる。

(イ)利害関係人の届出を指定し、又は届出を控えること。

(c) 検査官は、関連情報が保持されている可能性があると法廷が判断した施設に立ち入り、施設内で発見された文書や記録を調査し、そのコピーを取ることを許可するものとします。

(d) 何人かに文書または記録を検査官に提供するよう要求すること。

(e) 検査官が聴聞を行い、宣誓または宣誓を行い、宣誓または宣誓のために人を検査する権限を与え、聴聞の実施に関する規則を定めること。

(f) 検査官の行う聴聞会に出席し、宣誓または宣誓に基づいて証拠を提出することを要求する。

(g) 調査から生じた事項について、検査官または利害関係者に指示を与えること。

(h) 検査官が裁判所に中間報告書又は最終報告書を提出するように要求すること。

(i) 審査官の報告書を公表すべきかどうかを決定し、公表すべき場合には、登録官に報告書の全部若しくは一部を公表す るよう命じ、又は裁判所が指定した者にその写しを送付すること。

(j) 検査官に調査の中止を求めること。

(k) 調査の費用の全部または一部を負担するよう事業者に要求すること。

3.検査官は、本節に基づいて行う各報告書の写しを登記簿に提供しなければならない。

(4) 第(3)項に基づき登録官が受領した報告書は、第(2)項(i)に基づく裁判所の命令に従ってのみ、他の者に開示することができる。

257.

監査役の権限

検査官

(a) 彼を任命する決定に定められた権限を有すること。

(b) 要請に応じて、利害関係者が注文の写しを入手できるようにすること。

258.

会議室でのヒアリング

1.本パートに基づく申請、及び調査から生じた事項に関する指示の申請を含むその後のすべての手続は、 審判所が別段の決定をしない限り、カメラで審理されるものとする。

この編の規定により検査官が行う聴聞会に出頭し、又は聴聞会に付されている者は、その目的のためにその指名する弁護士を代理人とする権利を有する。

3)何人も、裁判所の許可なくして、この部の手続に関するものを公表してはならない。

259.

虚偽の情報に関する犯罪

この部の規定により検査官の質問に答える義務がある者。

(a) 故意に、または無謀にも、特定の資料に虚偽、誤解を招く、または欺瞞的な記述をすること。

(b) 故意に、または無謀にも、特定の材料に含まれる情報を誤解を招く、または欺瞞的なものとする情報の漏洩は犯罪行為であり、有罪判決を受けた場合には1万ドルを超えない罰金で処罰されるものとします。

260.

証拠としての監査報告書

1. 本編に基づく検査官の報告書の写しで、登録官が真の写しであることを証明したものは、報告書に含まれる事項に関す る検査官の意見の証拠として、裁判手続において認めることができる。

第一項の証明書と称する文書は、証拠として受理し、別段の証明がない限り、これを取り扱うものとする。

261.

特権

1)この部分の何も弁護士と彼のクライアントに関連して存在する弁護士と依頼人の特権に影響を与えません。

2.本編に基づく調査において、審査官その他の者による口頭又は書面による陳述書又は報告書は、絶対的な優先順位を有する。

第15部 会員の保護

262.

会員の第一審裁判所への提訴権

(1) 会社の会員は、以下の理由で、第264条に基づく決定を裁判所に申請することができる。

(a) 会社の業務が、メンバーとしての地位にある者に対して、抑圧的、不当に差別的、または不当に偏見を与えるような方法で行われてきたか、行われているか、または行われる可能性があるとき、または行われる可能性があるとき。

(b) 会社による実際または意図的な行為または不作為(会社に代わって行われる行為または不作為を含む)が、抑圧的、不当に差別的または不当に不利益なものであるか、またはそのおそれがある場合、またはそのおそれがある場合。

(c) 会社又は会社の取締役が、この法律又は会社の定款に反する行為をしたとき、又はしようとしたとき。

この節の規定は、会社の構成員に適用されるのと同様に、会社の構成員ではないが、法律の運用により会社の株式が譲渡され、又は譲渡された者にも適用されるものとする。

263.

裁判所に手続を提出するための登記官の権限

会社の場合は

(a) 登録機関が、以下に基づく監査人からの報告を受けていること。

第十四部;及び

(b) 登録官に以下のように表示される。

一 会社の業務が、会社の構成員一般又は構成員の一部に対して抑圧的、不当な差別的又は不当に不利益な方法で行われ、又は行われ、又は行われるおそれがあること。

の実際または意図した行為または不作為(その代行行為または不作為を含む)が、当社の会員全般または一部の会員に対して抑圧的、不当に差別的または不当に不利益を与えるか、または与えるおそれがあること。

三 企業又は企業の取締役がこの法律又は企業の定款に反する行為に従事し、又は従事しようとしたときは、登録官は、第二百六十四条の規定による裁定を裁判所に申請することができる。

264.

裁判所の権限

第二百六十二条又は第二百六十二条の規定による訴えがあると裁判所が認めるとき。

263 は、その根拠が十分にある場合には、申し立てられた事項に関して除名を認めることが適切であると考える命令を出すことができる。

(2) 第(1)項の一般性を損なうことなく

注文することができます。

(a) 以下の分野における当社の事業の遂行を規定する。

ロ 会社若しくは取締役に対して、会社若しくは取締役の遵守を命じ、又は会社若しくは取締役がこの法律若しくは会社の定款若しくは覚書に反する行為をすることを防止すること。

(c) その他、申請者が申し立てた行為を自粛したり、継続したり、実行したりすることを事業体に要求すること。

申請人が申し立てた行為で、申請人がしなかったこと。

(d) 当会社の株主に関連して、その株主の株式の取得を当会社または他の者に要求すること。

ホ 会社の覚書及び定款を変更し、又はその変更を請求すること。

(f) 当社またはその他の者に対して、会員に対する報酬の支払いを要求すること。

(g) 事業の記録の訂正を命じる。 (h) 事業の決定または行為を無効にする。

会社またはその取締役が本法または本法の規定に反する行為をした場合。

会社の覚書や定款。

(i) 裁判所が指示する条件の下で、会社の名前で、会社を代表して民事訴訟を起こすためのメンバー、その他の人または人の権限。

(j) 会社を代表して手続きを継続、弁護、または終了させるために、会社が関与する手続きに参加するメンバーまたはその他の人または人に権限を与えること。

(k) 会社の全構成員の権利を他の構成員または会社自身が取得し、会社自身が取得した場合には、会社の資本勘定を減少させることを規定する。

(3) この節の規定により、会社またはその他の者に対しては、会社またはその者が申請の手続の当事者でない限り、決議を行うことができない。

(4) 本項に基づく選任により、会社が覚書または定款の変更を行わないか、または一定の変更のみを行う必要がある場合には、会社は、裁判所の許可なくして、その要件に違反するような変更を行ってはならない。

(5) 本項の規定に基づく命令に基づき行われた覚書又は定款の変更は、会社の秩序ある決議と同一の効力を有するものとし、これに基づき変更された覚書又は定款については、この法律の規定が適用されるものとする。

(6) 本節に基づき裁判所が会社の覚書または定款を改正または許可する命令の写しは、命令の日から 14 日以内、または裁判所が許可する期間内に、会社が登記機関に送達しなければならない。

(7) 会社が第6項に違反した場合、その会社は犯罪行為を犯し、有罪判決を受けてから1万米ドル以下の罰金を科せられる。

第十六部 資格喪失命令

265.

欠格命令

(1) 本節の目的のために、事業に関する「管理者」とは、-を意味する。

イ 第七編第七部の下で選任された管理者

XIII; または

ロ 書面による法律により裁判所が他の場所で選任した管理人

欠格決定とは、裁判所の決定である。

禁じる

(a) 会社または任命書に記載された事業体の取締役であること。

(b) 会社又は選任に指定された会社の経営、設立若しくは昇格に直接又は間接的に関与し、又は何らかの影響を受けること。

ハ 選任に定める会社又は事業の管理者となること。

(D)は、保護された細胞社会又は購入命令で指定された保護された細胞社会からの細胞の受取人であること。

ホ 会社又は選任に定める会社の清算人となること。

3.裁判所は、自らの意思で、又は裁判所の請求により

(a) 登録官、(b) 当局、(c) 大臣、又は

(d) 会社の清算人、管理人、メンバー、債権者で、資格喪失命令が求められている人が取締役であったか、取締役であったか、または直接、間接を問わず、その会社の管理、設立、推進に参加したことがある者。

この節の規定による命令を申請しようとする者は、命令を申請しようとする意思を、少なくとも10日分の書面で、命令を求められた者に通知しなければならない。

この節の規定による命令の申請は、命令を受けた者に送達しなければならない。

(6) 資格喪失の決定は、裁判所の絶対的な裁量により、同意により行うことができる。

(7) 資格喪失命令には、裁判所が適切と考える追加的な条件や補助的な条件を含めることができる。

裁判所又は審判所は、その命令の写しを送達する旨を表示しなければならない。

9 資格喪失命令は、その定めるところにより、最長5年間有効とする。

10 既にその命令の対象となっている者が欠格となった場合には、裁判所が連続して実行するように命じない限り、それらの命令に定められた期限は、同時に実行されるものとする。

266.

欠格命令を出す理由

1.裁判所は、その者が会社に対する行為その他の理由により、会社の経営、振興又は清算に関与するには適さないと判断した場合には、欠格を命ずることができる。

裁判所は、人が第一項の規定により不適格であるかどうかを判断するに当たり、次の事項を考慮しなければならない。

(a) 企業が関与する詐欺、不正行為、不正行為、不正行為、その他の不正行為への本人の関与又は知識の性質及び程度

(b) 過去の事業又は財務に関する行為及び活動の内容

c)人が会社の推進、創造、管理、清算または排除に関連する犯罪のために苦しんでいる任意の有罪判決。

(d) 刑事犯罪、特に詐欺や不正行為に対する有罪判決。

(e) 破産状態に陥った会社に関する行為

(f) 個人による事業体に関連した受託者またはその他の義務の不正行為または違反。

(g) 不法行為や能力不足を理由に、セイシェル以外の場所の法律の下で外国企業の経営に携わる資格を失ったことがあるかどうか。

(h) その他裁判所が適切と考える事項。

267.

控訴裁判所への上訴権

(1) 第265条に基づく裁判所による欠格命令の採用によって不利益を被った者は、欠格命令の日から30日以内に控訴裁判所に上訴することができる。

(2) 第1項に基づく控訴裁判所への訴状の通知は、訴状の審理に出頭し、聴取を受ける権利を有する登録官に送達されなければならない。

(3) 本項の規定に基づく不服申立てについては、控訴裁判所は、以下を行うことができる。

イ 資格喪失の命令を取り消すこと。

(b) 資格喪失命令の全部を確認すること。

(c) 適切と考える場合には、欠格命令の期間を短縮し、又は延長することを含め、欠格命令の一部を確認すること。

(4) 上告人の要請があり、かつ、控訴裁判所が公正であると認める条件の下で、控訴裁判所は、本項に基づく不服申立てに対して、不服申立てが成立するまでの間、資格喪失の実施を一時停止し、又は変更することができる。

268.

欠格命令の変更

資格喪失決定を受けた者は、裁判所に対し、その決定の変更を申請することができ、公益に反しないと認めるときは、裁判所は、適当と認める範囲及び条件で、その資格喪失決定を変更する決定をすることができる。

(2) 資格喪失命令を変更するための本項に基づく申請は、資格喪失命令が提出された請求者が、聴聞会の日より前に 28 日以上(または裁判所がその裁量で命令するその他の期間)の通知を送達された場合に限り、聴聞会を行うことができる。

(a) 請求の通知の送達は、裁判所が適切と考える他の者に対しても行われることを規定する。

(b) この目的のために申請の聴聞を延期すること。

欠格命令の変更は、その同意を得て行うことができる。

は、当事者の同意を得て、裁判所の絶対的な裁量で付与される。

(4) 裁判所は、欠格命令を修正する命令の写しが登録官に送達されることに留意する。

269.

欠格命令の取消し

1)資格喪失の決定を受けた者は、彼はもはや会社を経営するのに適していないという理由で、その決定を無効にするために裁判所に申請することができ、裁判所は、以下のように満足している場合には、その申請を支持することができます。

公共の利益に反しない場合

そして

(b) 申請者が事業を経営するのに適していなくなった場合。

(2) 資格喪失命令を取り消すための本項に基づく申請は、資格喪失命令が発せられた申請者が、審問日の少なくとも 28 日前(または裁判所がその裁量で命令するその他の期間)に取消の申請書を送達された場合に限り、審問を行うことができます。

(a) 取り消しの申請を、審判所が適切と考える他の者に送達することを命じる。

(b) この目的のために申請の聴聞を延期すること。

除斥決定の取消しは、当事者の同意を得て、裁判所の裁量で行うことができる。

裁判所は、欠格決定を取り消す決定の写しを登記官に送付することを命ずるものとする。

270.

欠格命令違反の結果

(1) 資格喪失命令のいずれかの規定に違反した者 - 資格喪失命令のいずれかの規定に違反した者

(a) 犯罪を犯し、10,000米ドル以下の罰金に処せられる。

(b) 資格喪失規則に違反した結果、侵害行為が行われた会社のすべての債務および負債に対して、個人的に責任を負う。

第1項ロの者の責任は、会社及びその会社に対して責任を負う他の者と連帯する。

271.

欠格命令の登録

1.登録官は、登録簿を備え、これを登録簿と称する。

の情報を含む欠格命令の

(a) 第265条(7)に基づき登録官に送達された資格喪失命令

(b) 実体に送達された資格喪失命令を修正する命令。

第268条(4)項に基づく登録機関。

欠格命令が効力を失ったときは、登記官は、欠格命令の登記簿からその記載を削除しなければならない。

3 資格喪失命令登録簿は、第二リストの第二部に従い、該当する手数料を支払えば閲覧できるものとする。

(4) 資格喪失命令登録簿の記載のみに基づいて、他の者が資格喪失命令の対象となっていることを知っていると解釈してはならない。

第17部 削除、解散、終了

第一款 削除及び解散

272.

削除

(1) 登録官は、会社名を登録簿から削除することができる。の場合

(a) それは会社が確信している - 。

(i) 取引を停止したか、営業を停止している。

(i) セーシェルにおいて、以下の国で事業を行うこと。

本法第5条(2)項の侵害。

三 不正の目的で使用されたこと。

(iv) 金融センターとしてのセーシェルの評判を損なう恐れがある。

(b) 事業体は、以下のことを行いません。

一 この法律の規定により提出が義務付けられている通知又は文書を提出すること。

(i) 第164条(登録代理人を有する会社)に準拠していること。

(iii) 本法またはその他のセイシェルの法律に基づき提供された文書または情報について、セイシェル税務局、財務情報部、または登録機関からの要請に従うこと。

(四) 取締役名簿、会員名簿、手数料名簿、受益者名簿又はこの法律の下で維持することが必要な会計記録又はこの法律の下で維持することが必要なその他の記録を維持すること。

(v) (c)項を条件として、この法律に基づき登録官が課した罰則を支払う。

(c) 期日から180日以内に年会費または遅延に対して適用されるペナルティーを登録機関に支払わなかった場合、本項に基づく取消は翌年の1月1日までとする。

第一項(a)又は(1)bに規定する事由により会社の名称が登記簿から抹消される前に、その会社の名称を登記しなければならない。

(a) 登録官は、通知の日から30日以内に当社が別段の決定をしない限り、登録官は、第(b)項に基づく登録簿からの当社の名称の削除案を公報に掲載する旨を記載した通知を当社に送付するものとする。

(b) (a)項の通知に記載された30日間の期間が満了した場合、登録官は、会社が反対の理由を示さない限り、本項の規定により公報に掲載された日から60日を経過した時点で、会社の名称を登録簿から削除する旨の通知を公報に掲載しなければならない。

登記官は、第二項ロの規定による官報への公告の日から六十日を経過した後、会社が反対の理由を述べた場合を除き、会社の名称を登記簿から抹消することができる。

4.登記官は、登記簿から会社名を削除した旨の通知を官報に掲載する。

(5) 登記簿からの会社名の削除は、第3項に従って登記官が登記簿から会社名を削除した日に効力を生じる。

(6) この法律に違反した場合に課される罰則は、この節に基づく会社名の取消の日をもって消滅するが、取消の日より前に発生した未払いの罰則はすべて、登録官に支払うべきものとする。

273.

撤去を不服として不服申し立て

(1) 第272条(1)に基づく登録官の決定により登記簿から会社名が削除されたことにより損害を被った者は、官報に掲載された削除の日から90日以内に、金融サービス庁(不服審査会)規則2014に定められた手続きに従い、登録官の決定および関連する削除に対して不服審査会に不服を申し立てることができる。

2.本項の規定に基づく要請があった場合、不服審査会は、以下のことを行うことができる。

(a) 登録官の決定及び終了の確認

(b) 登録官の決定を取り消し、削除し、不服審査委員会が適切と考える場合、不服審査委員会が適切と 考える指示を付して登録官に事件を再送する。

(3 ) 不服審査会の決定に不服のある者。

は、決定から30日以内に、金融サービス機構(控訴委員会)の2014年規則の規則8(8)に基づき、第一審裁判所に控訴することができます。

第一審裁判所は、第五項の規定により提起された上訴について、上訴審査会の決定を支持し、取消し、又は変更し、かつ、適切であると認めた適切な指示を与えることができる。

274.

削除の効果

1.会社名が登記簿から削除された場合、その会社、その会社の取締役、構成員、清算人または受取人は、以下を行うことはできない。

(a) 法的手続きを開始する、事業を行う、または会社の資産を何らかの方法で取引すること。

(b) 法的手続きにおいて、企業のために、または企業を代表して権利を擁護、主張、または主張すること。

(c) 当社の業務に関連する行為。

第一項の規定にかかわらず、会社の名称が登記簿から抹消されたとき、又はその取締役、社員、清算人若しくは管財人があったときは、第一項の規定は適用されない。

(a) 所轄官庁に事業の復旧の申請書を提出すること。

登録します。

(b) 除斥の日より前に事業に対して開始された手続きの弁護を継続すること。

(c) 除斥日以前に会社を代表して開始された法的手続きを継続して行うこと。

3.会社の名前が登記簿から削除されたという事実は、妨げにならないものとする。

(a) 借入からの事業体

(b) 企業に対して債権を主張し、判決または執行まで債権を追及する債権者、または

(c) ファイナンシャル・インテリジェンス・ユニット、セイシェル歳入委員会、またはその他の政府機関が、セイシェルの法律に基づいて会社に対して訴訟を提起し、判決または執行されるまで訴訟を追及しないようにすること。

また、そのメンバー、取締役、その他の役員または代理人の責任に影響を与えないものとします。

会社は、会社名が登記簿から抹消されたにもかかわらず、この法律に基づいて支払うべきすべての手数料及び違約金について、引き続き責任を負うものとする。

275.

会社の解散を登記簿から削除

第二百七十二条の規定により登記簿から抹消された会社の名称が五年間途切れることなく抹消されたときは、その期間の末日をもって解散する。

276.

会社登記所による会社の登記簿への復帰

(1) (2), (3), (4)項を条件として、会社が解散していないが、その会社名が登記簿から削除された場合、以下のようになります。

(a) 本法に基づき登録官が課した違約金(第272(1)項(c)に規定されているものを除く)の不払いに対する第272(1)項(b)項(v)、または

(b) 第272条(1)項(c)の年会費の不払いまたはその支払い遅延に対するペナルティ

当会社の債権者、会員、元会員、取締役、元マネージャー、元取締役、清算人または元清算人によって承認された書式で提出された登記簿への会社名の回復の請求があった場合、登記官は、その裁量で、第二別表第二部に記載された回復手数料および未払いの手数料および違約金の支払いをもって、当会社の名称を登記簿に回復し、当会社に回復通知を発行することができる。

この法律の規定により登記官が課した違約金の不納付により第二百七十二条(1)(b)(v)の規定により会社の名称の登記がされている場合には(c) )が登記簿から抹消された場合、その会社は、罰則が課されたこの法律の違反が完全に除去されたと登記官が納得しない限り、第1項の規定に基づいて回復することはできない。

(3) 第(1)項の申請者は、国際企業サービス提供者法(Cap 275)に基づき国際ビジネスサービスを提供する権限を有する者を回復会社の登録代理人として指名し、申請者に代わって登録官に回復申請書を提出しなければならない。

(4) 会社の登記上の代表者候補が、登記簿上の抹消時に会社の登記上の代表者(出向登録代理人)でなかった場合には、登記上の代表者の変更についての出向登録代理人の同意書を添付して申請しなければならない。

会社の出向登録代理人は、納付すべき手数料が支払われていない場合を除き、第四項の書面による同意をしなければならない。

この節の規定により登記簿に復帰した会社は、登記簿から抹消されなかったものとして存続しているものとみなす。

277.

登記簿上の会社の復権のための法的措置

1.第2項を条件として、何らかの理由で会社の名前が登記簿から削除された場合、削除されたか、または解散した会社の名前を登記簿に回復するために裁判所に申請することができます。

(a) 会社の債権者、会員、元会員、取締役、元経営者、元取締役、清算人又は元清算人。

(b) その他、会社を登記簿に復帰させることに関心を持つ可能性のある者。

第一項の登記簿上の抹消又は解散した会社の名称の回復の申請は、裁判所にすることができる。

(a) 第二百七十二条(4)の規定により官報に掲載された通知の日から十年以内、又は

(b) この法律第十七部第二款、第三款又は第四款の規定による解散の日から五年以内であること。

出願の通知は登録官に送達され,登録官は出願の審理に出頭し,審理を受ける権利を有するものとする。

第一項の申請があったときは、第一項の規定にかかわらず、第一項の申請があったとき。

裁判所は、することができる。

(a) 会社を適切と思われる条件で登記に復帰させ、会社を登記に復帰させるために裁判所に上訴すること。

(b) 会社およびその他の者を、可能な限り、会社が清算されていないか、または登記簿から削除されていない場合と同じ状態にするために、必要または望ましいと思われる指示または命令を与えること。

(5) 裁判所が会社の登記簿への復帰命令を出した場合、第(1)項に基づく申請者は、国際企業サービス提供者法(Cap 275)に基づき国際ビジネスサービスを提供する権限を与えられた者を、復帰した会社の登記代理人として任命し、復帰命令の封印されたコピーを申請者に代わって登記簿に提出しなければならない。

登記官は、第五項の規定により提起された密封再建命令の提出された謄本を受領したときは、第七項の規定に従い、密封再建命令の謄本が提出された日時から会社を登記簿に復帰させなければならない。

(7) 登録官は、封印された復権命令書の写しの受領にかかわらず、会社を登記簿に復権させない。

(a) 会社に関して本法に基づいて支払うべき未払いの年会費、違約金、その他の料金を会社に支払うこと。

(b) 会社の登録代理人候補者が登録官によって解任されたときに会社の登録代理人(退出登録代理人)でなかった場合、登録官は退出登録代理人から登録代理人変更の書面による同意を受ける(退出登録代理人は、退出登録代理人に支払うべき手数料が支払われていない場合を除き、その同意をしなければならない)。

(8) 本節に基づき復活した解散会社は、解散直前の名称で登記簿に記載されなければならない。ただし、第五表に従って会社名が再利用されている場合は、会社番号と「Limited」の文字を含む名称で登記簿に再記載されなければならない。

(9) 本項に基づき登記簿に復帰した会社は、解散または登記簿から削除されなかった場合と同様に存続しているものとみなす。

278.

削除された会社の清算人の選任

(1) 会社が登記簿から抹消された場合、登記官は裁判所に会社の清算人の選任を申請することができる。

裁判所又は審判所が第一項の決定をしたとき。

(a) 会社が再登記される。

(b) 清算人は、この法律第309条及び第315条の規定により選任されたものとみなす。

279.

解散した会社の所有権の未分配

(1) (2)項を条件として、会社の解散時に処分されなかった会社の財産は、セーシェル政府に返還するものとする。

会社が再登録された場合、会社の解散時に第 1 項に従ってセーシェル政府に送金された金銭以外の財産で、処分されなかったものは、再登録時に会社に返還されなければならない。

(3) 会社は、セイシェル政府からの支払いを受けることができる。

(a) 第(1)項に基づきセイシェル政府が会社に関して受領したすべての金銭。

(b) 会社に関して、第 1 項に従って、現金以外の所有権がセーシェル政府に移転され、その所有権が処分された場合には、以下のいずれか少ない方の金額。

(i) セーシェル政府に譲渡された時点での当該不動産の価値。

(i) 当該不動産の売却によりセイシェル政府が実現した金額

280.

免責事項

(1) この節において「有害物」とは、...

(a) 不採算契約。

(b) 市場に出回らないか、容易に市場に出回らないか、または金銭の支払義務もしくは強引な契約をもたらす可能性のある企業の財産。

(2) (3)項を条件として、大臣は、官報に掲載された書面による通知により、セーシェル政府が第 279 条の規定に基づ き権利を有する財産について、セーシェル政府の所有権を認めることを拒否することができる。

本条に基づく所有権の否認通知の中で、セーシェル政府への所有権の移転が指定された日に最初に大臣に通知された旨の記載は、反対の証拠がない場合、記載された事実を証明するものとする。

大臣の請求により裁判所が別段の命令をした場合を除き、財産の拒絶をすることができない限り、大臣は、財産の拒絶をする権利を有しないものとする-。

(a) 第279条に基づき資産の譲渡が大臣に通知された日から12ヶ月以内、または

(b) 財産に関心のある者が国務長官に書面で通知した場合、その通知を受領してから3ヶ月以内に、その財産を拒否するかどうかを決定しなければならない。

どっちが先か

本節の下で大臣が拒否した財産は、第 279 条の下でセイシェル政府に譲渡されなかったものとみなされる。

(6) この節における責任の免除 - この節における責任の免除

(a) 当社の解散の直前に、拒絶された不動産に関する当社の権利、利益および負債を解消するように運営される。

(b) 当社の責任を軽減するために必要な範囲を除き、他の者の権利または義務に影響を与えないこと。

(7) この節の規定による免責の結果、損失又は損害を被った者 - この節の規定による免責の結果、損失又は損害を被った者

(a) 第8項に基づく裁判所の命令の効果を考慮して、損失または損害の額について会社の債権者として扱われる。

B)は、廃棄された財産がその人に引き渡されるか、または譲渡されることを命ずるために裁判所に申請することができる。

裁判所は、第七項(b)の申立てにより、明け渡した財産が申請者にのみ引き渡され、又は譲渡されるものであると認めるときは、この項の規定による命令をすることができる。

第二部 溶剤会社の自発的な液体化

281.

本項の適用

企業は、本款に基づいて清算された場合に限り、自発的に清算することができる。

(a) 何の義務も負わない。

(b) 債務を期限内に決済することができ、資産の価値が負債と同等かそれ以上であること。

282.

自主解散計画

(1) 本款に基づき清算人または二人以上の共同清算人の選任が提案された場合、会社の取締役は任意清算計画を承認しなければならない。

(a) すべての債務、負債および義務を期限内に全額支払い、決済または決済することが可能であり、その資産の価値が負債と同額またはそれを上回ることを証明すること。

(b)表示

一 会社の解散の理由。

(i) 事業体の解散に必要な時間の見積もり。

(iii) 清算人が必要と考える場合には、会社の事業を継続する権限を与えられるべきかどうか。

四 清算人に選任される者の氏名又は名称及び住所

(v) 本款に従って会社の業務が完全に清算された後、清算人は、清算人が作成した、または作成した、清算、その行為および取引に関す る収支報告書、支払いまたは受領した金額の詳細、および会社の資産の処分の詳細を含め、清算人が作成した、または作成した清算に関する収支報告書を全会員に提供しなければならない。

2.第1項(a)に基づく任意清算計画において、企業がその債務、負債及び義務を期限内に全額支払 い、決済し、または履行することができると信じる合理的な理由がないのに、支払能力証明書を提示した取締役は、犯罪行為を犯したとみなされ、有罪判決を受けた場合、1万米ドル以下の 罰金に処される。

283.

溶剤会社の任意整理開始

(1) 第(2)項を条件として、会社は本款の下で任意に解散することができる。

(a) 事業体が

一 自主的に解散することを特別決議すること。

(i) その覚書または定款で許可されている場合には、任意解散の命令。

(b) 会社の存続期間の定款で定められた期間が満了し、会社が任意解散の普通決議を行った場合。

(c) 定款に会社の解散の定めがあり、会社が任意解散の普通決議を行った場合。

(2) 第二款の規定による会員の任意整理の決定

(1)は、以下の場合を除き、採択されないことがある。

(a) 第282条(1)項に記載されている任意整理計画をその日から30日以内に承認する。

(b) 会社の業務を管理し、資産の実現と分配を行うために、清算人または2人以上の共同清算人を指名する。

清算人は、次の場合には、本節の決議によって選任してはならない。

(a) 会社の清算人が所轄官庁によって任命されていること。

裁判所だ

(b) 会社の清算人の選任を裁判所に申請し、その申請が却下されていない場合。

ハ 任命されるべき者がその任命に同意していないこと。

4.本項に基づく決定は、以下の場合には無効であり、その効力を有しないものとする。

(a) 第(2)項に反して、清算人を選任しない場合。

(b) 第3項で言及された状況で、または第284項に違反して、清算人として人を指名すること。

この節の規定により、この款の規定による任意解散は、第一項の任意解散に関する会員の決定が採択されたときに開始する。

284.

この款の下での清算人としての資格

本款の目的のため、第二項の規定によりその者が会社の清算人を務めることができなくなった場合を除き、その者は、会社の清算人として任命され、かつ、その者を務める権利を有するものとする。

(2) 次の者は、会社の清算人としての選任または活動から除外される。

(a) パート XVI の下で資格を失った者、またはセーシェル以外の国の法律の下で同等の資格を失った者。

(b) 未成年者であること。

(ウ) 障害のある成人。

エ 破産債務者であって、未だに免責されていないもの。

(e) 過去2年間に当社の取締役であった者、または取締役であった者。

(f) 過去2年間に企業に関連した役員の地位にあったか、またはその地位にあった者であって、その機能または責任には、企業の財務管理に関連した機能または責任が含まれている者。

(g) 当社の唯一の構成員である者。

(h) 第(e)、(f)又は(g)項の者の近親者である者

285.

登録機関への提出

1. 会社は、本款に基づき会社を任意解散することを決定した日から21日以内に、第二表の第二部に記載されている 手数料とともに、以下の書類を登記官に提出しなければならない。

(a) 会員の任意整理決定の謄本又は抄本

ロ 任意整理計画書の謄本又は抄本

会社は、第一項の証明書類が確実に

(a) 会社の登録代理人が原本として認証したものであること。

(b) 登録された会社が登録機関に提出したもの。

第一項の規定に違反したときは、その効力を失う。

(a) 会員の任意整理の決定。

(b) 清算人又は清算人の選任。

286.

任意整理のお知らせ

会社の清算人は、承認された様式で本款に基づく任意清算が開始されてから40日以内に、その選任と本款に基づく会社の任意清算の開始を、新聞に掲載して通知しなければならない。

(a) セーシェルで毎日発行され、流通している公報または新聞。

(b) セーシェル国外に主たる事業所を持たない場合を除き、セーシェル国外の主たる事業所の所在地で発行・配布される新聞。

287.

任意整理開始の効果

第二項及び第三項の規定により、会社の任意整理の開始の日から効力を生ずる。

(a) 清算人が会社の資産を保管・管理していること。

(b) 当会社の取締役は、引き続き在任するが、本款で必要とされ、または許可されているも の以外の権限、機能または義務を持たないものとする。

第1項(a)は、被担保債権者が担保権を有する会社の資産を占有し、換価その他の取引をする権利に影響を及ぼさない。

第1項(b)にかかわらず、取締役は、任意清算開始後、書面による通知により、清算人の権限を行使し、その権限を行使する権限を与えることができる。

(4) 第(1)項の規定によりその権限が消滅したときに取締役の権限を行使しようとした者で、第(3)項の規定により 清算人から権限を行使する権限を与えられていない者は、犯罪を犯し、有罪判決を受けた場合には 1 万米ド ル以下の罰金を科さなければならない。

288.

本款に基づく清算人の義務

(1) 本款の下で選任された清算人は、以下を行わなければならない。

(a) 会社の資産を所有し、保護し、利用すること。

(b) 事業体のすべての債権者及び債権者を特定すること。

(c) 企業の債権、債務、負債および義務のすべてを支払うか、提供するか、または満足させること。

(d) 会社の剰余金の分配を行った後、会社の定款に基づくそれぞれの権利に従って、会社の剰余金を会員に分配すること。

この款の規定により選任された会社又は清算人が会社に関する通知その他の文書を提出する必要がある場合には、その文書は、その会社の登録代理人のみが提出しなければならない。

289.

本款に基づく任意清算の場合の清算人の権限

(1) 第(2)項を条件として、本款の下で任命された清算人は、第288条により課せられた任務を遂行するために、本法または法令に基づ いて会員に留保されている権限以外の会社のすべての権限を有するものとする。

(a) 会社の資産の保管を担当し、これに関連して清算人またはその指名人に代わって会社の資産を申告する。

(b) 公売または私募による通知なしに、事業体の資産を売却すること。

(c) 会社が権利を有する、または会社に属する債権や資産を回収すること。

(d) 事業体の解散および清算を容易にする目的で、誰かからお金を借りること。

当社は、当社の財産を当該借入金の担保として質入または抵当権を設定し、また、当社の財産を当該借入金の担保として質入または抵当権を設定しております。

(e) 債権者、債権者であると主張する人、または会社に対してあらゆる種類の請求権を有する人との妥協や合意を含む、会社の請求、債務、責任、または義務を交渉し、解決すること、または自分自身に対してそのような請求を行うこと。

(f) 会社の名前で、会社を代表して、または清算人の名前で、あらゆる訴訟、訴訟、訴追、起訴、その他の民事または刑事手続を提起または弁護すること。

(g) 法律顧問、会計士、その他の顧問及び代理人の雇用。

(h) 清算人が必要であると判断した場合、または会社の債権者または会員の最善の利益のために会社の事業を継続すること。

(i) 会社または清算人の名前で、会社を代表して、または清算人の名前で、契約、契約書またはその他の文書を実行すること。

(j)資本を呼ぶこと。

(k) 本編に従って、現金その他の財産で、又は各個人の一部で、支払又は分配を行うこと。

(l) その他、当社の業務の遂行および資産の分配に必要な一切の事項を行うこと。

(2) 第(1)項は、次の条件を満たす。

会社の解散に関する裁判所の命令

会社または清算人の権限、および

(b) 債権者が担保権を有する事業体の資産に関する被担保債権者の権利

(3) 第(1)項(h)にかかわらず、清算人は、裁判所の許可を得ずに、非自発的に清算されてから 2 年以上経過した会社の事業を継続することはできない。

(4) 複数の清算人が任命された場合、ここに付与された権限はすべて行使することができる。

(a) それらのうちの 1 つ以上の者が、その任命の際に決定することができる。

(b) 少なくとも二人以上の者によるそのような決定がない場合。

290.

この款に基づく清算人室の空席ポスト

清算人の死亡、辞任又は解任により本款の清算人に欠員が生じたときは、少なくとも一人の清算人が在任していなければ、普通決議により適任者を補欠清算人として選任しなければならない。

(2) この節の下で清算人に任命された者は、次のことをしなければならない。

(a) 指定された日から14日以内に、承認されたフォーマットで登記管理者に指定通知書を提出する。

(b) 彼が任命されてから30日以内に、彼が任命されたことを通知するために - 新聞に掲載されます。

(i) セーシェルで毎日発行され、流通している公報または新聞。

(i) セーシェル国外に主たる事業所を持たない場合を除き、セーシェル国外の主たる事業所の所在地で発行・配布される新聞。

291.

本款による清算人の辞任

(1) 本款の清算人は、本項の規定によりのみ脱退することができる。

清算人は、第四項の規定により、少なくとも次に掲げる事項を表示しなければならない。

各会員及び取締役を退会する旨を14日前に通知。

辞任の宣言には、任意整理の決算の概要及び任意整理における清算人の行為に関する報告書を添付しなければならない。

(4) 理事及び構成員は、14日以内の予告をもって、清算人の辞任を受け入れることを決定することができる。

(5) 清算人は、その通知に定められた通知期間または第4項の規定により会員および取締役が受け入れることができるより短い通知期間が満了した場合には、会社の会員および取締役に対して辞任の通知をすることができる。

清算人が辞任する場合は、登記官に辞任の通知をしなければならず、その通知の日から効力を生じる。

(7) 登録官は、第6項に基づき清算人から提出された取消通知を受領したときは、速やかに取消通知の写しを当会社の登録代理人に送付するものとする。

292.

本款に基づく清算人の解任

(1) この款の清算人は、次の場合に限り、その職を解任することができる。

(a) 会社の構成員による決議、または

(b) この節に基づく裁判所又は裁判所の決定。

(2) 裁判所は、以下の場合には、第(3)項の者の申請により、会社の清算人を解任することができる。

(a) 清算人

(i) 会社の清算人に任命される資格がないか、または行動する資格がない。

(i) 企業の任意清算に関連して裁判所の命令または決定に従わない場合。

(b) 裁判所が信じるに足りる正当な理由があること。

本款に基づく清算人の解任

(i) 任意整理における清算人の行為が合理的に有能な清算人に期待される基準を下回っていること。

(i) 清算人が清算人としての役割に反して利害関係を持っている場合。

三 その他の理由により清算人として解任されるべきであること。

清算人の解任の訴えは、裁判所に提起することができる。

(a) 会社の取締役、会員または債権者。

(b) 裁判所の許可を得て、他の利害関係人。

審判所は、申請者に対し、申請に関して清算人が負担した費用の担保を提出するよう要求することができる。

5.本節に基づく申請を聴いた後、裁判所は、決定によって解任された清算人に代わる清算人の選任を含め、適切と考える仮の命令またはその他の命令を下すことができる。

清算人が裁判所の命令又は組合員の命令により解任されたときは、会社は、その命令の写し又はその謄本若しくは抄本を登記官に提出しなければならない。

(7) 登録官は、第6款の規定による複写命令または複写若しくは抄本命令を受けたときは、速やかにその写しを当会社の登録代理人に送信するものとする。

293.

任意整理の廃止

1 この款の規定により任意清算が開始された場合において、第三項の規定により、会社は、第二百九十七条第一項の規定により登記官に清算完了の通知を提出する前に、通常の決議により、会社の任意清算を取り消すことができる。

会社は、第一項の決議の謄本又は抄本を登記官に提出しなければならない。

第一款の規定による任意整理の取消しは、第一款の謄本又は抄本決議が登記官に登録された後でなければ、その効力を生じない。

第一項の決議が登記官に提出された日から直ちに40日以内に、会社は、会社が自主的に解散し、清算する意思を撤回した旨を通知しなければならない。

(a) セーシェルで毎日発行され、流通している公報または新聞。

(b) セーシェル国外に主たる事業所を持たない場合を除き、セーシェル国外の主たる事業所の所在地で発行・配布される新聞。

第四項の規定に違反した会社は、その違反が続く日またはその一部ごとに、25ドルの罰金を科す。

(6) 第(4)項の違反を故意に許可した理事は、その違反が継続している間、その日またはその一部につい て、25米ドルの罰金を科される。

294.

裁判所による任意整理の終了

裁判所または裁判所は、本款に基づく清算人が選任された後はいつでも、これが正当かつ適切であると 認められる場合には、任意清算を終了させる命令を出すことができる。

(2) 第(1)項の申請は、清算人、または会社の取締役、会員、債権者が行うことができる。

第二項の規定による命令を採択する前に、裁判所は、清算人に対し、訴えに関連するすべての事項についての報告書の提出を求めることができる。

第一款の規定による命令は、裁判所が適当と認める条件を付してすることができ、裁判所は、その命令をするとき又はその後いつでも、任意整理の終了に関して適当と認める追加の指示その他の命令をすることができる。

裁判所が第一項の規定による決定をしたときは、会社は、任意整理中でなくなり、清算人は、決定の日又は決定で定めることができる後日の日をもって、その職を失う。

裁判所又は審判所が第一項の決定をしたときは、請求人は、その決定の写しを登記官に提出しなければならない。

(7) 登録官は、上記(6)の規定による複写命令を受けたときは、速やかにその写しを当社の登録代理人に送付するものとする。

295.

裁判所に命令を申請する力

清算人または本款の下で清算中または任意清算されるべき会社の取締役、会員または債権者は、清算のあらゆる側面に関する命令を裁判所に申請することができます。

296.

清算の実施に関する中間報告

(1) 清算人は、任意整理開始の日に始まる年度末及びその後の各年度末において、清算が完了していないときは、清算をしなければならない。

(a) 書面で全会員に配布されること。

(b) 会社の構成員の総会を招集し、その総会には清算人が出席しなければならない。

einen Bericht über seine Handlungen und Handlungen sowie über die Durchführung der Abwicklung im Vorjahr.

清算人は、この会社の総会をいつでも招集することができる。

297.

決議

(1) 会社は、本項に基づく任意清算が完了した場合、会社の清算人からの本項に基づく会社の任意清算が完了した旨の通知書を、別表第2の第2部に記載されている手数料とともに、登記官に提出しなければならない。

当会社は、第1項の清算人の通知を当会社の登録代理人が登記所に提出させなければならない。

(3) 第(1)項に基づく清算人からの通知を受領した場合、登録官は、以下を行う。

(a) 会社名を登記簿から削除する。

(b) 会社の清算を証明する承認された様式の清算証明書を発行すること。

第三款の規定により登記官が解散の証明書を発行したときは、その発行の日からその効力を生ずる。

(5) 第(3)項に基づき登記官が清算証明書を発行した後直ちに、登記官は、会社が登記簿から抹消され、解散したことを官報に掲載しなければならない。

第三部-無溶媒会社の自発的な液体化

298.

本項の適用

本款の規定に従い、会社が支払不能に陥った場合には、本款の規定により、会社を任意に清算することができる。

299.

債務超過の重要性

このサブパートおよびサブパートIV(必須項目)の目的のために

裁判所による解散)の場合、会社は支払不能となります。

(a) 負債の価値が資産を超えるか、または超えることになる。

(b) 債務の支払期日が到来したときに、その債務を支払うことができなくなったとき、またはその見込みがないとき。

300.

会社が債務超過に陥っていることが判明した場合

第二部(ソルベンシー会社の任意清算)に基づく任意清算中の会社の清算人は、いつでも会社が支払不能であると考えた場合には、直ちに

(a) 第二款の規定による任意整理を行わないこと。

(b) 会社の各会員および既知の債権者に書面による通知を行うこと。

(2) 第(1)項に従わなかった清算人は、犯罪行為の罪を犯し、有罪判決を受けた場合、10,000米ドル以下の罰金を科される。

301.

債務超過会社の任意整理開始

第二項の規定により、会社は、任意解散の特別の決定をした場合には、この款の規定により任意解散することができる。

第一款の規定による任意解散決議は、次の場合を除いては、採択してはならない。

一決

(i) 会社の業務を管理し、その資産を実現し、分配するために、清算人または2人以上の共同清算人を任命する。

(i) 会社が本款の目的のために支払不能であること、および会社の取締役が(b)項に従って会社の構成員に支払不能の宣言書を送付したことを明記すること、および

(iii) 提案された任意整理が本款の範囲内であることを特定すること。

(b) 当社の取締役が当社の取締役会に提供したものであること。

破産宣告を受けた会員

(i) 事業体が支払不能であるとの決定

財務諸表作成前の直近の実務上の日における企業の資産及び負債の開示

清算人は、次の場合には、本節の決議によって選任してはならない。

(a) 会社の清算人が所轄官庁によって任命されていること。

裁判所だ

(b) 会社の清算人の選任を裁判所に申請し、その申請が却下されていない場合。

ハ 任命されるべき者がその任命に同意していないこと。

4.本項に基づく決定は、以下の場合には無効であり、その効力を有しないものとする。

(a) 第(2)項に反して、清算人を選任しない場合。

(b) 第3項で言及された状況で、または第284条(清算する権利)に違反した場合、彼は清算人として人を指名する。

この節の規定に基づき、第一款の任意整理は、第一款の任意整理に関する特別決議の採択をもって開始する。

302.

第二款の一定の規定の本款への適用

第二款の次の節の規定は、この款の規定により選任された清算人について準用する。

(a) 第284条(清算人の資格) .

(b) 第二百八十七節(任意整理開始の効果) .

(c) 第288節(清算人の義務) (d) 第289節(清算人の権限) .

(e) 第290節(清算人の欠員) (f) 第291節(清算人の辞任) .

(g) 第292条(清算人の解任)第1項(a)の「会員の解散」という文言を省略して「債権者の解散」という文言に改めることを例外とし、第292条第1項(a)の「会員の解散」という文言を省略して「債権者の解散」という文言に改める。

(h) 第293節(任意整理の停止)、第293節第1款の「-ordinary」の文字を除く。(a)は省略したものとして扱われ、「債権者の解散」という文言に置き換えられています。

一 第二百九十四節(任意整理の終了

裁判所);そして

j)第二百九十五条(裁判所に命令を申請する権限

303.

登録機関への提出

1.会社は、本款に基づく会社の任意清算決議の日から21日以内に、任意清算決議の謄本または抄本を、第2附属書第2部の手数料を添えて、登記官に提出しなければならない。

会社は、第一項の任意整理決議の謄本又は抄本を確保しなければならない。

(a) 会社の登録代理人が原本として認証したものであること。

(b) 登録された会社が登録機関に提出したもの。

(3) 第(1)項に違反した場合は、その効力を失う。

(a) 特別決議の任意解散。

(b) 清算人又は清算人の選任。

304.

任意整理のお知らせ

会社の清算人は、承認された様式で本款に基づく任意清算が開始されてから40日以内に、その選任と本款に基づく会社の任意清算の開始を、新聞に掲載して通知しなければならない。

(a) セーシェルで毎日発行され、流通している公報または新聞。

(b) セーシェル国外に主たる事業所を持たない場合を除き、セーシェル国外の主たる事業所の所在地で発行・配布される新聞。

305.

清算人による第1回債権者集会の招集

(1) 会社の清算人は、この款の規定により選任された後、できるだけ早く、かつ、開催すべき日の14日前までに、その会社の債権者の集会(以下この節において「第一債権者集会」という。

(a) 各債権者に召喚状を送ること。

(b) 会議の推進

(i) セーシェルで毎日発行され、流通している公報または新聞。

(i) セーシェル国外に主たる事業所を持たない場合を除き、セーシェル国外の主たる事業所の所在地で発行・配布される新聞。

(2) 清算人は、最初の債権者集会の日までに、債権者の請求により、その債権者に

(a) 清算人が知っている会社の債権者のリスト。

(b) その他、債権者が合理的に要求し、清算人が合理的に提供する会社の業務に関する情報。

(3) 清算人は、債権者の最初の会合に出席し、会員が指名した場合には、その指名後の権限の行使について会合に報告しなければならない。

(4) 第1回債権者集会において、債権者は以下を行うことができる。

(a) 会員が指名した清算人の場合、その代わりに別の清算人を指名する。

(b) 債権者委員会を設置すること。

(5) (1)、(2)または(3)項に違反した場合は、刑事犯罪を構成するものとし、清算人は有罪判決を受けた場合、1万米ドル以下の罰金を科す責任を負う。

306.

債権者による清算人の決算審査

(1) この款に基づく清算において、清算人は、次のような条件を満たさなければならない。

が会社の資産を売却した場合は、本項の対象となります。

(a) 決算書および債権者の請求と選好を審査し、検討する目的で債権者集会を招集すること。

(b) 企業の資産を分配する日を決定する。

第一項(a)の債権者集会については、会社の清算人は、集会が開催される日の14日前までに、次のことをしてはならない。

(a) 各債権者に会議の通知を行う。

(b) 広告によって会議を招集する - 。

(i) 公報またはセーシェルで発行され、毎日発行されている新聞。

(i) セーシェル国外に主たる事業所を持たない場合を除き、セーシェル国外の主たる事業所の所在地で発行・配布される新聞。

会社の清算人は、第一項(b)の規定による分配案について、分配が行われる日の14日前までに

(a) 各債権者に分配通知を送付する。

(b) 広告による流通

(i) 公報またはセーシェルで発行され、毎日発行されている新聞。

(i) セーシェル国外に主たる事業所を持たない場合を除き、セーシェル国外の主たる事業所の所在地で発行・配布される新聞。

4.会員は、第1項(a)の会議に出席する権利を有する。

清算人は、第二項第三号、第六号及び第七号の規定を適用して、第一項(a)の会議が開催された後、債権について適切と考える会社の資産の一部を分配しなければならない。

(6) 第5款は、会社の清算人、取締役、会員、または債権者が、債権者の請求に関するものを含め、清算のあらゆる側面に関する命令を裁判所に申請する権利に影響を与えないものとする。

(7) 債権者の請求を含む清算のあらゆる側面に関して裁判所に訴訟が係属している場合、清算人は会社の債務および義務を支払ったり、免除したりしてはならない。

(a) 第一審裁判所が請求を確定するまで、または

B)すべての債権者の書面による同意を得て、または裁判所の許可を得て、事前に。

307.

清算前の会計処理

(1) 清算人は、本款に基づく会社の事務が完全に終了した後すぐに、清算人は、清算および清算人の行為と取引に関する書面を作成しなければならず、その中には、支払いまたは受領した金額の詳細、会社の資産の処分が含まれる。

清算人は、会社の構成員に対し、第一項の計算書の写しを提供しなければならない。

308.

決議

(1) 会社は、本款に基づく任意整理が完了し、会社の清算人が第307条を遵守した場合には、会社の清算人から、第307条が遵守され、本款に基づく会社の任意整理が完了した旨の通知書を承認された様式で登記官に提出しなければならない。

により破産管財人に通知させるものとする。

会社の登録代理人が登記所に提出する第一款

(3) 第(1)項の規定による清算人からの通知を受けたときは、清算人は、その通知を受けたときは、清算人は、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは

登録者は、以下を行うものとする。

(a) 会社を登記簿から削除する。

(b) 会社の清算を証明する承認された様式の清算証明書を発行すること。

第三款の規定により登記官が解散の証明書を発行したときは、その発行の日からその効力を生ずる。

(5) 第(3)項に基づき登記官が清算証明書を発行した後直ちに、登記官は、会社が登記簿から抹消され、解散したことを官報に掲載しなければならない。

第四款 裁判所による強制執行

309.

強制清算のお願い

(1) 第310条で言及されている状況のいずれかが会社に適用される場合、会社、取締役、会員、債権者、清算人、またはその他の利害関係者は、裁判所に対して、会社の強制解散の申請を行うことができる。

第一款の訴えに関する裁判所の命令は、会社のすべての債権者に対して、その申請が彼らによってなされた場合と同様の効力を有するものとする。

310.

裁判所が会社を解散させることができる状況

会社は、以下の場合、裁判所によって解散することができます。

裁判所の特別決議により解散することを決定したとき。

(b) 会社設立後1年以内に事業を開始していないこと。

(c) 事業体が1年間事業を停止した場合。

(d) 構成員がいない場合(自己株式を保有している場合には、自己株式を保有している場合には、その企業自身を除く)。

(e) 会社が第299条の意味での債務超過である場合。

(f) 実体からの指示に従わなかったこと。

第31条に基づく登録官がその名称を変更すること。

(g) 裁判所が会社を清算することが正当かつ適切であると判断した場合。

311.

当局は、申請の処理中に相談を受けることがあります。

(1) 第(2)項に記載されている事業の強制解散命令の申請は、申請が審理される日の少なくとも7日前(または裁判所がその裁量で直接決定するその他の期間)までに申請書の写しが当局に送達されない限り、審理されないものとする。

第一項の業務は、次のとおりである。

イ 投資信託を営む会社であって、相互扶助協会内において投資信託を営むもの

ファンドとヘッジファンド法。

(b) 保護されたセル実体;及び

(c) このセクションの目的のために当局が必要とするその他のクラスまたは説明の会社。

3.当局は、申請に関する口頭審問において、第一審裁判所が本パートに基づく権限を行使するか否かを決定する際に、また、行使する場合には、どのような方法で行うかを決定する際に、第一審裁判所が考慮しなければならない事件の陳述書を第一審裁判所に提出することができる。

312.

登記官,官庁又は大臣が解散の申請を提出することができる理由

(1) 裁判所が、国民またはセーシェルの評判を保護するために会社を解散することが望ましいと判断した場合、会社は裁判所によって解散することができる。

(2) 会社の強制解散のための第(1)款に基づく申請は、登記官、当局、または大臣のみが裁判所に対して行うことができる。

第一款の訴えに関する裁判所の命令は、会社のすべての債権者に対して、その申請が彼らによってなされた場合と同様の効力を有する。

この節は、この節の他の規定及び解散に関する他の法律の規定に加えて適用し、これを妨げるものではない。

313.

手続を終了させ、仮清算人を指名する権限

会社の強制清算を申請する場合、または後日、会社の債権者は、裁判所に命令を申請することができます。

(a) 裁判所が適切と考える条件の下で、企業に対して提起された訴訟または訴訟手続を制限すること。

(b) 会社の資産および負債を確定し、その業務を管理し、裁判所が認めたすべての行為を行うための仮清算人を任命すること。

314.

第一審裁判所の訴えを審理する権限

事業の強制清算の申請を聞いた後、裁判所は、適切と考える条件で申請をしたり、申請を拒否したり、適切と考えるその他の決定をしたりすることができます。

315.

強制清算における清算人の選任

施行の決定をするときは、裁判所は、相当と認める清算人を選任しなければならず、その清算人は、申請人が選任した清算人とすることができる。

清算人に選任される前後において、裁判所は、その者が受領した資金を裁判所の指定する口座に振り込むことを命ずることができる。

3. 清算人の選任に関する条件に従い、裁判所が選任した清算人は、以下を行うものとする。

(a) 会社の資産を所有し、保護し、利用すること。

(b) 事業体のすべての債権者及び債権者を特定すること。

(c) 企業の債権、債務、負債および義務のすべてを支払うか、提供するか、または満足させること。

(d) 会社の剰余金の分配を行った後、会社の定款に基づくそれぞれの権利に従って、会社の剰余金を会員に分配すること。

本款の下で通知またはその他の書類が必要とされ、清算人が提出しなければならない場合、清算人がセーシェルの居住者ではない場合、書類は以下の場所でのみ入手することができます。

(a) 国際企業サービス提供者法(キャップ275)に基づき、国際ビジネスサービスを提供する権限を与えられた者、または

(b) 清算人の代理を務めるセイシェルの弁護士

316.

清算人の報酬

裁判所が選任した清算人の報酬は、裁判所が定める。

317.

登録機関への提出

(1) 会社は、裁判所がこの款に基づく強制清算命令を発した日から21日以内に、強制清算命令の写しを第2表の第2部に記載されている手数料を添えて登記官に提出しなければならない。

会社は、第一項の強制清算命令を会社の登録代表者が登記所に提出することを確実にしなければならない。

318.

強制清算のお知らせ

強制清算中の会社の清算人は、強制清算命令から40日以内に、清算人に選任されたこと及び会社の強制清算が行われたことを公告しなければならない。

(a) セーシェルで毎日発行され、流通している公報または新聞。

(b) セーシェル国外に主たる事業所を持たない場合を除き、セーシェル国外の主たる事業所の所在地で発行・配布される新聞。

319.

清算人による第1回債権者集会の招集

(1) 会社の清算人は、この款の規定により選任された後、できるだけ早く、かつ、開催すべき日の14日前までに、その会社の債権者の集会(以下この節において「第一債権者集会」という。

(a) 各債権者に召喚状を送ること。

(b) 会合の推進について

(i) セーシェルで毎日発行され、流通している公報または新聞。

(i) セーシェル国外に主たる事業所を持たない場合を除き、セーシェル国外の主たる事業所の所在地で発行・配布される新聞。

(2) 清算人は、最初の債権者集会の日までに

債権者の要求に応じて、その債権者は

(a) 清算人が知っている会社の債権者のリスト。

(b) その他、債権者が合理的に要求し、清算人が合理的に提供する会社の業務に関する情報。

(3) 清算人は、債権者の最初の会合に出席し、会員が指名した場合には、その指名後の権限の行使について会合に報告しなければならない。

(4) 第1回債権者集会において、債権者は以下を行うことができる。

(a) 会員が指名した清算人の場合、その代わりに別の清算人を指名する。

(b) 債権者委員会を設置すること。

(5) (1)、(2)または(3)項に違反した場合は、刑事犯罪を構成するものとし、清算人は有罪判決を受けた場合、1万米ドル以下の罰金を科す責任を負う。

320.

清算人の選任と強制解散命令の結果

第二項の規定により、会社の強制清算における清算人が選任された日から効力を生ずる。

(a) 清算人が会社の資産を保管・管理していること。

(b) 当会社の取締役は引き続き在職するが、清算人または裁判所がその継続を承認しない限り、いかなる権限、機能または義務も持たないものとする。

第1項(a)は、被担保債権者が担保権を有する会社の資産を占有し、換価その他の取引をする権利に影響を及ぼさない。

第一項の規定によりその権限が消滅した場合において、その権限を行使しようとする者であって、第一項の規定によりその権限が消滅した後にその権限を行使しようとする者

清算人または裁判所の許可を受けていない場合は、犯罪行為を犯し、有罪判決を受けた場合は1万米ドル以下の罰金が科せられます。

強制清算命令が発せられたときは、会社の経済的な清算のために都合の良い場合を除き、事業活動を停止するものとする。

第4項の規定により、当会社の定款に別段の定めがある場合を除き、当会社は解散するまで存続する。

第四項に違反した会社は、刑事犯罪の罪に問われ、一万米ドル以下の罰金を科せられる。

321.

裁判所が選任した清算人の権限

(1) 第2項の規定により、裁判所が選任した清算人は、次の権限を有する。

(a) 会社の資産の保管を担当し、これに関連して清算人またはその指名人に代わって会社の資産を申告する。

(b) 公売または私募による通知なしに、事業体の資産を売却すること。

(c) 会社が権利を有する、または会社に属する債権や資産を回収すること。

(d) 会社の清算および解散を容易にする目的で誰かからお金を借り、そのような借り入れの担保として会社の財産を質入れまたは抵当にすること。

(e) 債権者、債権者であると主張する人、または会社に対してあらゆる種類の請求権を有する人との妥協や合意を含む、会社の請求、債務、責任、または義務を交渉し、解決すること、または自分自身に対してそのような請求を行うこと。

(f) 会社の名前で、会社を代表して、または清算人の名前で、あらゆる訴訟、訴訟、訴追、起訴、その他の民事または刑事手続を提起または弁護すること。

の勢力

選任された清算人

(g) 法律顧問、会計士、その他の顧問及び代理人の雇用。

(h) 清算人が必要であると判断した場合、または会社の債権者または会員の最善の利益のために会社の事業を継続すること。

(i) 会社または清算人の名前で、会社を代表して、または清算人の名前で、契約、契約書またはその他の文書を実行すること。

(j)資本を呼ぶこと。

(k) 本編の規定に従って、すべての債権者に支払いを行う。

(l) その他、会社の業務遂行および資産の分配に必要なすべてのことを行い、実行すること。

(m) 裁判所が認めたその他の行為を行うこと。

(2) 第(1)項は、次の条件を満たす。

(a) 清算人の権限に関する裁判所の命令(特定の権限を行使する前に、清算人に裁判所の承認を得ることを要求する命令を含む。

(b) 債権者が担保権を有する事業体の資産に関連する被担保債権者の権利

322.

清算人の辞任・解任・死亡

(1) 強制清算の場合

(a) 清算人は、裁判所が辞任し、又は解任することができる。

(b) 退任、解任または死亡により清算人の職に欠員が生じた場合、裁判所はその欠員を埋めることができる。

裁判所又は審判所が第一項の決定をしたときは、請求人は、その決定の写しを登記官に提出しなければならない。

(3) 登録官は、上記(2)の規定による複写命令を受けたときは、速やかにその写しを当社の登録代理人に送付するものとする。

323.

債権者による清算人の決算審査

(1) 強制清算において、清算人が債権を実現したとき。

会社の資産を取得した場合、彼はこのセクションの対象となります。

(a) 決算書および債権者の請求と選好を審査し、検討する目的で債権者集会を招集すること。

(b) 会社の資産を分配する日を定める。

第1項(a)の債権者集会については、会社の清算人は、集会が開催される日の14日前までに、次のことをしてはならない。

(a) 各債権者に会議の通知を送る。

での広告による会議(b) - 。

(i) セーシェルで毎日発行され、流通している公報または新聞。

(i) セーシェル国外に主たる事業所を持たない場合を除き、セーシェル国外の主たる事業所の所在地で発行・配布される新聞。

会社の清算人は、第一項(b)の規定による分配案について、分配が行われる日の14日前までに

(a) 各債権者に分配通知を送付する。

(b) 広告による流通

(i) セーシェルで毎日発行され、流通している公報または新聞。

債権者による清算人の決算審査

(i) セーシェル国外に主たる事業所を持たない場合を除き、セーシェル国外の主たる事業所の所在地で発行・配布される新聞。

4.会員は、第1項(a)の会議に出席する権利を有する。

清算人は、第二項第三号、第六号及び第七号の規定を適用して、第一項(a)の会議が開催された後、債権について適切と考える会社の資産の一部を分配しなければならない。

(6) 第5款は、債権者の請求に関するものを含め、清算のあらゆる側面に関する命令を裁判所に申請する清算人または会社の取締役、会員または債権者の権利に影響を与えないものとする。

(7) 債権者の請求を含む清算のあらゆる側面に関して裁判所に訴訟が係属している場合、清算人は会社の債務および義務を支払ったり、免除したりしてはならない。

(a) 第一審裁判所が請求を確定するまで、または

B)すべての債権者の書面による同意を得て、または裁判所の許可を得て、事前に。

324.

第一審裁判所に指示を求める権限

強制清算中または強制管財中の会社の清算人、取締役、構成員または債権者は、清算のあらゆる側面に関する命令を裁判所に申請することができる。

325.

清算前の強制解散宣言

(1) 会社の業務が完全に清算され次第、清算人は、清算の実施内容、清算人の行為および取引(会社の資産の処分を含む)の詳細を記載した、清算に関する書面を作成するか、または作成させなければならない。

清算人は、第一項 bis - 財務諸表の写しを提供しなければならない。

(a) 裁判所

(b) 本会の会員。

第二項の規定により裁判所に提出した明細書の写しは、公衆の縦覧に供してはならない。

326.

決議

(1) 本款に基づく清算が完了し、会社の清算人が第325条を遵守した場合、会社は、会社の清算人が第325条を遵守し、会社の強制清算が完了した旨の通知を承認された様式で登記官に提出しなければならない。

会社は、第一項の清算人の通知を会社の登録代表者が登記所に提出するようにしなければならない。

(3) 第(1)項の規定による清算人からの通知を受けたときは、清算人は、その通知を受けたときは、清算人は、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは、その通知を受けたときは

登録者は、以下を行うものとする。

(a) 会社を登記簿から削除する。

(b) 会社の清算を証明する承認された様式の清算証明書を発行すること。

第三款の規定により登記官が解散の証明書を発行したときは、その発行の日からその効力を生ずる。

(5) 第(3)項に基づき登記官が清算証明書を発行した後直ちに、登記官は、会社が登記簿から抹消され、解散したことを官報に掲載しなければならない。

第五款 和解に関する総則

327.

解釈

本款の目的のために

(a) バッチとは、第176項に規定するものをいう。

(b) -特権とは、セーシェル民法第2102条または第2103条に基づく特権を意味する。

(c) 保証債権者とは、以下のような企業の債権者のことをいいます。

(i) 事業体の資産に係る費用をいう。

或いは

(i) 次のいずれかについての特権を有すること。

の資産を保有しています。

(d) -貨物特権に関連して、担保資産とは、貨物または特権が存在する資産をいう。

328.

債権者集会招集のための清算人

(1) 清算人は、以下の場合には、清算中の会社の債権者集会を招集しなければならない。

イ 第二項の規定により債権者から集会を要求されたとき。

ロ 裁判所から命じられたものであること。

債権者集会は、書面により、会社の債権者に対して、その価額の10%以上の支払を請求することができる。

329.

会社の資産の分配

(1) 以下の規定に従う。

(a) この法律(第三百三十条、第三百三十一条及び第三百三十二条を含むが、これらに限定されない。

(b) 会社と債権者の一人との間で、その債権者の債務を会社の他の債権者の債務に従属させるための合意。

(c) 会社と債権者との間の相殺に関する合意。

清算中の会社の資産は実現され、会社の債務と負債を満たすためにparipassuベースで使用されなければなりません。

当会社の剰余金は、その後(定款に別段の定めがある場合を除く)、会員の権利利益に応じて分配されるものとする。

330.

決済にかかる費用

清算人の報酬を含め、会社の清算に関連して正当に発生したすべての費用、手数料、費用は、他のすべての債権に優先して会社の資産から支払われるものとします。

331.

有担保債権者

(1) 被担保債権者は、被担保資産に対して担保権を有している。

第三項及び第四項の規定により、事業の清算又は支払不能の場合には、被担保資産又はその売却代金から被担保債権者が支払うべき金額は、他のすべての債権に優先して支払わなければならない。

同一の被担保資産を担保とする被担保債権者のうちの優先順位は、第184、185及び186条の規定により定めなければならない。

(4) 被担保債権者が担保権を有する被担保資産が枯渇しても、会社が被担保債権者に対して負う債務が完済されていない場合には、被担保債権者は無担保債権者となり、他の無担保債権者と同列に並ぶことになります。

(5) 会社が解散するときは、すべての法定の特権を尊重しなければならない。

セーシェル民法2101条は無効とされ、これらの権利を主張する債権者は無担保債権者とみなされます。

332.

特別支給

(1) この節において「関係日」とは、「関係日」とは、「関係日」とは、「関係日」とは、「関係日」とは、「関係日」と読み替えるものとする。

(a) 以前に任意整理を開始していない強制清算会社の場合には、清算命令の日

(b) その他の場合には、巻上げ開始の日。

第三百三十条、第三百三十一条及び第三項の規定により、会社が解散した場合には、次のものを他のすべての債務に優先して支払わなければならない。

(a) 会社が登録機関または本法に基づく当局に支払うべき税金、手数料または違約金(もしあれば)で、当該日より12ヶ月以内に支払い期限が到来したもの、および

(b) 当該日以前の3ヶ月間に企業に提供されたサービスに関して、企業の従業員の賃金、給料、その他の報酬の総額は、従業員1人当たり6,000ドルを超えないものとします。

第二項の債務は、次のとおりである。

(a) 資産が債務を満たすのに十分でない場合を除き、互いに同等の地位にあり、全額支払われる。

(b) 一般債権者の手元にある当社の資産では、それを満たすには不十分な場合には、当社が設定した変動担保権に基づく債務証券の保有者の債権に優先し、その担保権に含まれる資産またはその対象となる資産からそれに応じて支払われるものとする。

第一項の債権は、清算の費用及び費用に充てるために必要な金額を留保することを条件として、財産がこれを賄うに足りる限度において、遅滞なく、放棄するものとする。

5.事業の従業員に対して、その目的のために人から請求された金銭のうち、給与ベースまたはその他の形態の報酬の支払いが行われた場合、その人は、清算において、その従業員が清算において優先権を有するであろう金額が、支払いの結果として減額された金額まで、その支払いおよび受領した金銭に関して優先権を有するものとする。

333.

決済開始後の株式譲渡はありません。

清算開始後に行われた会社の株式の譲渡は、清算人への譲渡または清算人の同意を得て行われた場合を除き、無効となる。

334.

清算請求の通知を受ける会社

裁判所は、この法律に基づく会社の解散の申請について、会社が申請の口頭審問の日時と場所を知らされていることを確実にしなければ、この法律に基づく会社の解散の申請を決定してはならない。

335.

会議室でのヒアリング

本パートに基づいて裁判所に提起された訴訟、および差止命令を求める訴訟を含むその後のすべての訴訟は、裁判所が別段の命令を出さない限り、カメラで審理されるものとする。

336.

解散後は一切の取引を行わないこととしております。

(1) 会社の解散(任意清算、強制清算、その他の方法によるか否かを問わない)の直後に、会社は

(a) この法律の下で結成された、または継続された法人としての存在をやめること。

(b) 商業的または契約上の債務または義務を負わないこと。

会社の構成員が第二項ロの規定に違反する行為をさせ、又はさせた者は、その債務又は義務について、個人的に責任を負う。

337.

犯罪行為の責任者に対する措置

会社の解散の過程において、第二項に規定する者が第二項に規定する者であることが判明したときは、その者は、会社の解散の際、第二項に規定する者であることが判明したときは、その者は、会社の解散の際、第二項に規定する者であることが判明したとき。

(a) 事業体の資産に対して、次のいずれかの方法で不正に使用した場合。

(b) 会社が提供した情報に対して個人的に責任を負うようになった場合。

借金か負債か

(c) その他、企業に関連して不正行為または受託者義務違反の罪を犯した場合。

清算人、債権者または会社の構成員は、裁判所に本項に基づく命令を申請することができる。

第一項の者は、次のとおりである。

(a) 事業体のすべての元理事または現理事。

(b) その他、当社の推進、設立または経営に直接または間接的に関与している者、または関与したことのある者。

第一項の申請があった場合には、裁判所又は審判所は、関係者の行為を審査し、及び命令することができる。

その金銭又は財産を返済し、回復し、又は相殺すること。

(b) その金額を企業の資産に拠出すること。

(c) 不履行に関して、補償または補償の方法またはその他の方法であるかどうかにかかわらず、裁判所の裁量により、その金額に対して、その日から、その日のレートで利息を支払うこと。

338.

和解前・和解前の違法な優遇

(1) 会社の債権者、会員または清算人は、会社が当該日の直前の6ヶ月間の期間の開始後、いつでも任意の人に優先的に与えている場合には、本項に基づく命令を裁判所に申請することができる。

(2) この節の目的のために-。

(a) 以下の場合には、事業体は一人の人間に有利な立場にある。

(i) その者が会社の債権者または会社の債務その他の債務の保証人もしくは保証人である場合。

会社が、会社の清算においてその者の地位を向上させるような行為をし、又は許可したとき。

(b) 該当する日付は、以下のうちのいずれか早い日である。

(i) 会社の強制解散のために裁判所に提訴された日。

一 当社が会員の任意解散の決定をする日

其れ

第一項の訴えについて裁判所又は審判所が意見を述べたとき。

(a) 会社が優先権付与の時点で、優先権付与の結果、第299条の意味での債務超過に陥っていた場合。

(b) 第(2)項(a)(i)に定める効果を達成したいという願望により、優先権を付与する決定に影響を受けていた場合。

裁判所や裁判所は、企業が優遇措置を享受していなかった場合に占めていたであろう地位を回復するために適切であると考える命令を下すことができる。

(4) 第(3)項の一般性を損なうことなく、第(5)項の適用を受けることなく、本項の下での命令は

(a) 優先権の付与に関連して譲渡された資産を会社に譲渡することを要求する。

(b) それが譲渡された財産の売却代金または譲渡された金銭のいずれかの使用を人の手に表している場合には、財産を譲渡する必要があります。

(c) 会社によって与えられた担保の全部または一部の解除または解除。

(d) 会社から付与された福利厚生に関して法廷が命じた金額を清算人に支払うよう要求すること。

(e) 優先権の付与によって人に対する債務が免除、減額または免除された保証人または保証人が、裁判所が適切と考えるその人に対する新たなまたは更新された債務の対象となることを規定すること。

(f) 注文から生じる、またはその結果生じるすべての義務の履行のための担保を提供すること。

(g) 命令によって財産が会社に譲渡された者、または命令によって義務が課せられた者が、解散に伴う請求権またはその他の債務を行使できる範囲を規定する。

優先権の付与により生じた、またはその結果として解放された、減額された、または解雇されたもの。

5.本項に基づく命令は、その人が優先権を付与された人であるかどうかに関わらず、その人の財産に影響を与えたり、その人に義務を課したりすることができるが、そうすることはできない。

(a) 本項に基づく命令の申請を許可するような状況下で、当社以外の者が誠意をもって取得した財産権に、価値をもって通知することなく悪影響を及ぼすこと。

(b) そのような権利によって付与された権利に影響を与える。

(c) ある人物が、その人物がまだ会社の債権者ではなかった時に、その人物が善意で受けた利益につい て、価値があり、かつ本項に基づく決議を申請することができる状況の存在を通知することなく受けた金額を、清算人に支払うことを要求する。

(6) 本節の適用においては、優先される者が事業に関連している場合には、その事業を行うことができる。

(a) 第(1)項の6か月との表記は、2年と読み替えるものとする。

(b) 第(3)(b)項の要請によって優先権を付与する決定に影響を受けたことが証明されない限り、事業者が影響を受けたとみなされるものとする。

(7) 第(6)項の目的のために、当社がその時点で知っていた、または知っていたはずの人物は、いつでも当社との関係があるものとします。

(a) その人物が、事業体の実質的な直接的または間接的な所有権、財務的またはその他の利害関係(債権者、保証人または保証人を除く)を有していた。

(b) 他の者が、その者と事業体の両方についてそのような利害関係を有していたか、またはそのような関係を有していた。

(8) 裁判所の決定に従って何かが行われ、または行われることが許されているという事実は、自動的に選好を妨げるものではない。

(9) この節は、他の法的救済手段を害するものではない。

第十三部 詐欺行為および不法行為

339.

詐欺罪

会社の事業が債権者(会社、他人を問わず)を詐取する目的で、または詐欺的な目的で行われている場合、故意にこのような方法で事業の当事者となった者は、犯罪行為を犯し、有罪判決を受けた場合、10万米ドル以下の罰金もしくは5年以下の懲役、またはその両方に処せられなければならない。

340.

不正取引の民事責任

(1) もし、その過程で

イ 会社の解散

ロ 破産又は行政命令に基づく被保護セル事業の事業又はセルの解散

会社またはセル(場合によっては)のすべての取引が、債権者(会社、セル、その他の者を問わず)を詐取する意図で行われたか、または詐欺的な目的で行われたと思われる場合は、第2項の効力を有する。

(2) 裁判所は、以下の申請をした。

(a) 清算人、管理人、債権者または会社の構成員。

(b) 保護された細胞社会の管理者、受信者又は債権者若しくは細胞の構成員

上記の方法で事業の遂行に故意に参加した者は、裁判所が適切と判断した場合には、会社またはセル(場合によっては)の資産への貢献を要求されることを宣言することができる。

341.

不法取引に対する取締役の民事責任

(1) 第三款の規定により、会社の清算の過程で、第二款が人に適用されることが明らかになったときは、裁判所は、第二款を適用しなければならない。

詐欺罪

不正取引の民事責任

不法取引に対する取締役の民事責任

清算人または債権者または会社のメンバーによる申請は、この人が裁判所が適切と考える会社の資産に貢献する義務があることを宣言することができます。

(2) この款は、次の場合には、人に関連して適用されるものとする。

会社が倒産したこと。

(b) 当社の清算開始前のいずれかの時点で、当社の債務超過を防止する合理的な見通しがないことを知っていたか、または知っていたはずであった場合。

(c) その者が当時会社の取締役であったこと。

裁判所は、第2項(b)に規定する条件が本人に関して最初に満たされた後、本人がすべきであった会社の債権者に対する潜在的損失を最小化するためのあらゆる措置を講じたと考える場合には、この節に基づく申立てをしてはならない。

(4) 第2項および第3項の目的のために、会社の取締役が知るべき事実、描くべき結論および取るべき措置とは、第144条の下で取締役が知るべき、到達するべき、または取るべき措置である。

この節の規定により、会社は、その資産が債務その他の負債及び清算に要する費用に充足しないときに清算に入ったときは、支払不能の状態にあるものとみなす。

(6) この節は、第340条を害するものではない。

342.

不法取引による取締役の民事責任:保護された細胞会社の細胞

1)第3項を条件として、破産又は行政命令に基づく被保護セル企業のセルの事業の清算の過程で、第2項(2)が人に適用されることが裁判所に現れた場合、裁判所は、管財人、管財人又は債権者又はセルのメンバーの要求に応じて、そのような人は、裁判所が適切とみなすセルの資産にそのような貢献をする義務があることを宣言することができる。

(2) この款は、次の場合には、人に関連して適用されるものとする。

倒産の危機に陥った

b)巻上げの開始前の任意の時点で知っていたか、または債務超過の巻上げを防止するセルの合理的な見通しがなかったことを知っていたはずである。

(c) その者が当時、保護された細胞会社の取締役であったこと。

裁判所または裁判所は、その人に関して第2項(b)で言及された条件が最初に満たされた後、その人またはその人が、その人またはその人が取るべきだったセルの債権者に対する潜在的な損失を最小限に抑えるためのすべての措置を取ったと考える場合には、その人に対して、この節に基づく宣言をしてはならない。

(4) 第(2)項及び第(3)項の目的のために、被保護細胞社会の理事が知るべき事実、到達すべき結論及び取るべき行動は、第144条の下で理事が知るべき、到達すべき、又は取るべき行動である。

本節において、セルに帰属するセル資産(リコース契約を締結している場合には、その契約に基づいて責任を負う資産)が、当該セルに関する債権者の債権、及び管財事件又は管財事件の費用(場合によっては)を満たすには不十分である場合には、セルは支払不能になるものとする。

(6) この節は、第340条を害するものではない。

343.

第340条、第341条または第342条に基づく手続き

(1) 第340条、第341条又は第340条の規定による申請の口頭審問において、第340条、第341条又は第340条の規定による申請があった場合には、第340条、第341条又は第340条の規定による申請の口頭審問が行われる。

342 申請者は、自ら証言し、又は証人を呼び出すことができる。

(2) 第340条、第341条又は第342条に基づく宣言をする場合には、裁判所又は審判官は、適切であると 考える場合には、更なる指示をすることができる。

(a) 申告に基づく人の責任は、以下のための費用とみなされることを規定する。

(i) 事業体又はセルがその事業体又はセルに対して有する債務又は義務

(i) 当社またはセルの資産のうち、当社が所有または保有するものに対する抵当権、電荷、質権、先取特権またはその他の担保。

第340条に基づく手続き

341または342

(iii) alle Rechte an Hypotheken, Hypotheken, Pfandrechten oder anderen Sicherheiten an Vermögenswerten des Unternehmens oder der Zelle, die sich im Besitz des Unternehmens oder der Zelle befinden oder ihm übertragen wurden, oder einer Person in seinem Namen oder einer Person, die als Abtretungsempfänger von oder über die verantwortliche Person oder eine in seinem Namen handelnde Person beansprucht; und

(b) この款に基づいて請求された手数料を執行するために必要な追加の命令を行う。

第二項イの目的のために-譲受人

(a) 債務、義務、抵当権、チャージ、先取特権、質権、その他の担保が設定され、発行され、もしくは移転され、または設定された持分が、その者またはその者の利益のために設定された者を含むが、以下の場合には、その者は、次のいずれかに該当する。

(b)には、申告の根拠となる事項を善意で通知することなく行われた貴重な対価(婚姻による対価を除く)の譲受人は含まれない。

(4) 裁判所が340、341又は341の規定による陳述をした場合

342 被保護細胞社会の会社又は細胞の債権者である者に関連して、その全部又は一部を命ずることができる。

会社やセルがその人に負っている債務の一部に利息を加えたもの。

会社や携帯電話が負う他の債務や、その債務の利息に優先して適用されます。

第三百四十条、第三百四十一条又は第三百四十二条は、当該者が当該節の規定による申告に基づいて刑事責任を負うことができることにかかわらず、その効力を有する。

第十九部 登録官

344.

国際的な企業の登録者

この法律の規定に従い、登録官は以下の責任を負う。

a この法律に基づく登録官の職務を行うこと。

そして

(b) この法律の運用に関すること。

345.

公印

登録官は、この法律に基づいて法人化された、または継続された事業に必要とされる、またはそれに関連して必要とされる文書の認証またはその他の発行において登録官が使用する、公印として知られる印鑑の作成を手配しなければならない。

346.

登録

(1) 登録官は、以下を保持しています。

(a) 第二項の情報を含む国際会社の登録簿

(b) 第 181 条(3)項に基づく各会社について、入力された手数料の登録簿

(c) 第271条に基づく資格喪失命令の登録。

第1項(a)に言及した登録官が保管するITCの登録簿には,次の事項が含まれなければならない。

イ この法律の下に設立され、又は継続し、若しくは変更された会社の名称

(b) この法律の下で設立され、又は継続され、若しくは変更された各会社の登録番号

(c) この法律の下で各会社が設立された日、継続された日、または会社に変更された日

ニ 各会社の登記所の所在地

(e) 国際事業会社の登録を抹消される日

(f) 企業が連結に再加入する日。

国際的な商業会社の登録。

(g) 第(4)項を条件として、各事業の名称と住所。

当社の取締役

(h) 登録官が適切と考えるその他の情報

(3) 第(1)項に基づき登録官が維持する登録簿および各書類に含まれる情報は、登録官が適切と考える方法で維持することができる。

(a) 情報を磁気的、電子的、その他の方法で記録または保存すること。

(b) 記録されたまたは保存された情報を確認し、読みやすく、使用可能な形で再現できるようにすること。

第152条に基づき会社登記簿謄本が登録官に提出されていない場合には、登録官は、第(1)(a)項に基づき登録官が管理するITCの登記簿に当該会社の取締役の氏名及び住所を記載することを要しないものとする。

347.

提出書類の閲覧

1.この法律またはセイシェルの他の法律に別段の定めがある場合を除き、人は、通常の営業時間内に、第 2 スケジュールのパート II に記載されている手数料を支払うことにより、以下を行うことができます。

(a) 第346条(1)に基づき登録官が保管する登録簿を検査する。

(b) 登録官に提出された各適格書類を審査する。2.本項および第348条(1)項(b)の目的のためには、以下のようになります。

文書は、以下の場合には適格文書となります。

(a) この法律、この法律に基づく規則、またはその他の規則に基づく規則は、登録官に文書を提出することを要求または許可する。

(b) 文書がこの法律、この法律の下で制定された規則、または登録官への文書の提出を要求または許可するその他の規則の要件に適合し、登録官に提出されていること。

348.

提出書類の写し

1.この法律に別段の定めがない限り、人はセイシェルの別の法律の書面を要求することができ、登録官は、認証済みのまたは証明書を発行しなければならない。

無認証コピー

(a) 法人設立、合併、連結、合意、継続、停止、転換、解散又は評判の良いこと。

(b) 登録機関に提出された適格文書またはその一部

第(1)項に基づき登録官が認証した文書又は文書の写し若しくは抄本は、以下のとおりとする。

(a) そこに記載されている事項の疎明な証拠を提供すること。

(b) 文書の原本であるかのように、いかなる手続においても証拠として認められること。

349.

指定されたレジスタの任意登録

(1) 会社は、登録のために以下の書類のコピーを登録官に提出するか否かを選択することができる。

(a) そのメンバーのリスト。

(b) 料金の登録

(c) その受益者の登録。

第一項の規定により登記簿謄本の提出を選択した会社は、第三項の規定による届出をすることができるまでの間は、変更のあった登記簿謄本を提出して、登記簿の変更をすべてしなければならない。

第一項の規定により登記簿謄本を提出することを選択した会社は、承認された様式で通知書を提出することにより、登記簿の変更の記録を中止することができる。

第一項の規定により登記簿謄本を提出しようとするときは、第三項の規定による届出をすることができるまでの間は、その記載された登記簿謄本の内容に拘束されるものとする。

350.

国際商業企業の年次財務諸表の自主提出

会社は、会社登録機関がある場合には、年次会計報告書のコピーを会社登録機関に提出することができますが、提出する必要はありません。

351.

良い評判の証明書

1. 登録官は、何人かの申請があり、第2表の第2部に記載された手数料を支払うと、承認された様式の公印の下、登録官が以下の事項を満足している場合に、会社が良好な状態にあることを証明する、良好な状態の証明書を発行するものとする。

イ 会社が登記簿に記載されていること。

(b) 当社は、本法に基づき支払うべきすべての手数料、年間料金および違約金を支払っています。

(c) 会社の任意・強制清算に関する書類を寄託していない。

第一項の規定により発行された評判証明書には、次の事項を記載しなければならない。

(a) 会社がまだ効力を生じていない合併または連結の覚書を登記官に提出した場合

(b) 会社がまだ有効になっていないチャーターを登録機関に提出した場合。

(c) 会社の清算開始の通知が登記官に提出されている。

(d) 会社名を登記簿から削除するためのすべての手続きが登記官によって開始されていること。

会社が申請の時点で良好な状態にない場合には、登記官は、鑑定書に代えて第三百五十二条の規定による公式調査証明書を発行しなければならない。

352.

公式検索の証明書

1.契約第二部の料金を支払う者

第2回目の予定では、登記官が正式な捜索証明書を求めることがあります。

各会社の会社登記官の公印の下に、以下の情報を記載したものでなければなりません。

イ)会社の名称及び登録番号。

(b) 事業体の前の名称がある場合には、その名称。

ハ その設立又は継続の日

セーシェルでは

(d) 該当する場合には、この法律の下で会社になった日。

(e) その登録事務所の住所。

(f) 登録代理人の氏名及び住所

(g) 第3項の場合には、その取締役の氏名及び住所。

(h) 年会費の支払期限。

(i) 事業体が良好な状態にあるかどうか(また、良好な状態にない場合には、その事業体が離脱した事実)。

(j)の数は、-の数です。

(i) 未払いの登録料

一 登録料を充足し、かつ、排出したこと。

から

第一款の情報を取得しなければならない。

(a) "Registers "と題する項に基づき登録官が保管する登録簿

346(1) ; そして

(b) 登録官に提出された書類

3.会社登記簿謄本が登記官に提出されていない場合、登記官は、当該会社について発行された公式検索証明書に当該会社の取締役の氏名および住所を記載する義務を負わない。

353.

供託する書類の様式

(1) 登録官または当局は、この法律に規定されている場合には、適切な場合には、使用する書式を承認することができる。

(2) 様式が必要な場合は、-承認された様式であること。

(a) で指定された情報を含むこと。

(b) 登記管理者または当局が第(1)項に従って承認した書式に必要な書類を添付していること。

この法律が承認された形式の文書を登録官又は当局に送達することを必要とし、かつ、文書の形式が第一項の規定により登録官又は当局によって承認されていない場合には、文書が登録官又は当局に受け入れられる形式で送達されれば足りるものとする。

354.

罰則と登記官の行動を拒否する権利

(1) 登録官は、以下を行うことができる。

(a) すべての手数料が支払われるまで、手数料が定められているこの法律の下で必要とされる措置をとることを拒否すること。

(b) 正当な理由により、この法律に基づいて課せられた違約金の全部または一部を放棄すること。

登録官がこの法律に基づく罰則を科す前に、関係者には、聴聞の機会を与えなければならない。

(3) 本法のいずれかの規定に違反したことにより登録官が個人に課す罰則は、違反1件につき最高2,500米ドルに制限されるものとする。

第XX部 福利厚生所有者に対する義務

355.

受益権者の登録:定義と解釈

(1) この部分では

-所有者とは、第(2)、(3)及び(4)項を条件として、会社との関係で以下の者(他の者のために行動する候補者を除く)を意味する。

(a) 最終的に(直接、間接を問わず、単独または他の個人または事業体と共同で)事業体の株式を25%以上所有している。

(b) (直接または間接を問わず、単独または他の個人または企業と共同であるかどうかを問わず(g) 企業の構成員の総議決権の25 %を超える議決権を最終的に支配している。

(c) 当社の取締役の過半数を任命または解任する権利を有する(直接的または間接的に、単独または他の個人または団体と共同であるかどうかにかかわらず)。

(d) その他、事業またはその経営に対する支配力を行使したり、実際に行使したりする力を持っている場合。

社会の下に掲載されているのは、-を意味します。

(a) 証券が公認の証券取引所に上場されている会社、または

(b) 証券が公認証券取引所に上場されている会社、パートナーシップまたは信託の子会社である企業。

認知された交換手段--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------。

(a) 証券法に基づいて認可された証券取引所 (b) 証券法に基づいて認可された外国の証券取引所

証券法

(c) その他の取引所であっても、世界に加盟しているもの。

証券取引所の連盟。

-会社に関する受益権者名簿とは、第356条(1)に記載されている受益権者名簿を意味します。

-登録可能な特定事項とは、事業に関連したものをいう。

第356条(1)項の(a)から(d)までに言及された記載事項

(2) 先取特権(第 89 条に定義されている)に基づく企業の株式の担保権を有する質権者は、当該担保権のみで構成されているため、本編の意味での受益権者となることはできない。

(3) 信託の受託者が最終的に(直接または間接を問わず、単独または他の者との共同であるか否かを問わず)、信託の信託財産の過半数を所有または支配している場合。

会社の株式または議決権の25%またはそれ以外の場合は、このパートの目的のために、会社またはその経営に対する支配を行使する権利を行使する権利を有するか、または持っている会社の実質的な所有者である - 。

(a) 信託財産の資本金の 25% 以上を所有している者、または経済的利害関係を有する者

(b) 信託が(a)号で言及された人物の利益のみを目的として設定または運用されている場合を除き、信託が設定または運用されている主な利害関係者のクラス。

(c) 信託を支配している者。

(4) 財団が最終的に会社の株式または議決権の 25% を超える株式または議決権を(直接または間接を問わず、 単独または他の個人または団体との共同であるか否かを問わず)所有または支配している場合、または会社またはその経営者に 対して支配権を行使する権利を有している場合、または支配権を行使する権利を有している場合、本パートの目的のために、会社の実質的な所有者は、会社の実質的な所有者である。

(a) 財団の資産の資本金の25%を超える経済的利害関係を有する者

(b) (a)項で言及された人々の利益のためだけに財団が設立または運営されている場合を除き、財団が設立または運営されている主な利害関係者のグループ。

(c) 財団を管理する者。

(5) 第(3)項(c)及び(4)項(c)において、「支配」とは、単独で、共同で、又は他の者の同意を得ているか否かを問わず、法律の運用、信託証書若しくは財団証書又は該当する場合には規則の下で、その権限を意味するものとする。

イ 信託又は財団の資産を処分し、貸与し、貸与し、投資し、弁済し、又は活用すること。

(b) 信託証書または財団の条項を改正すること。

法令や規則。

(c) 受益者としての者を追加し、又は削除すること。

(d) 管財人、保護者または評議員を任命または解任すること。

(e) 第(a)、(b)、(c)又は(d)項に掲げる権限のいずれかを直接、否定的な同意又は拒否権をもって行使すること。

356.

受益者名簿

1.第3項を条件として、各会社は、セーシェルの登記所に登記簿(実質的所有者名簿と呼ばれる)を置き、そこに以下の情報を記載しなければならない。

イ 当社の各受益者の氏名、住所、生年月日及び国籍

ロ 各受益者の経済的利益に関する情報

と、それがどのように保持されているかを確認します。

(c) 人が事業体の実質的所有者となった日

(d) 会社の実質的な所有者でなくなる日

会社は、第一項の規定により受益者名簿に記載すべき情報を正確かつ最新のものにしなければならない。

第一項の規定は、上場会社には適用しない。

(4) 受益権者名簿は、取締役が承認した形式で維持することができるが、磁気的、電子的、その他のデータ記憶装置である場合には、会社は、その内容を読み取れる証拠を提供することができなければならない。

(5) 会社の元受益者に関する記載は、その者が会社の受益者でなくなった日から7年を経過した後、登記簿から削除することができる。

受益権者名簿は、この法律で命じられ、又は許可された事項を記載するための疎明の証拠となるものでなければならない。

(7) (1)項または(2)項に違反した企業は、500ドルの罰金と、違反が続く日またはその一部ごとに50ドルの追加料金を支払う義務がある。

(8) 第(1)項または第(2)項の違反を故意に認めた取締役は、500米ドルの罰金と、違反が続く日またはその一部ごとに50米ドルの追加罰金を支払わなければならない。

357.

受益者名簿の見直し

(1) 次の各号に掲げる者は、それぞれ無料で利用することができる。

会社の実質的な所有者の登記簿を参照するために-。

(a) 事業体の理事又は構成員。

(b) 会社の受益権者として登記されている者であって、その氏名が受益権者として会社の受益権者名簿に記録されているもの。

第一項の情報を閲覧する権利は、会社が定款又は取締役の決議で定める合理的な通知その他の制限に従うものとするが、各営業日の閲覧時間は、二時間以内とする。

第一款の閲覧権を有する者は、受益者名簿の謄本又は抄本を請求することができる。

第一項の規定による審査が拒否されたとき、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは、第一項の規定による審査が拒否され、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは、第一項の規定による審査が拒否され、又は第三項の規定により請求された書類の写しが申請の日から二十一営業日以内に提供されないときは

(a) 犯罪を犯し、5,000米ドル以下の罰金に処せられる。

b) 負傷した当事者は、裁判所に対し、登記簿の閲覧を許され、又は登記簿の写し若しくはその抜粋を閲覧できるようにする命令を申請することができる。

第四項の申請があったときは、第一審裁判所は、適当と認める決定をすることができる。

358.

受益権者の登記簿謄本の訂正

(1) もしも-もしも-の場合

(a) 受益権者登録簿への記載に必要な情報が登録簿から削除されているか、または誤って登録されている場合。

(b) 登記簿への入力に不当な遅延があるとき。

漏れ、不正確さ、遅延の結果として損害を被った受益者、会社の構成員、その他の者は、裁判所に登記簿の修正命令を申請することができる。

第一項の規定による申立てがあった場合には、裁判所は、- することができる。

(a) 申請者の負担すべき費用の有無にかかわらず、申請を却下するか、又は登記簿謄本の修正を命じ、申請に要した費用及び申請者が被った損害の全額を会社に支払うべきことを命ずる。

(b) 手続に関与している者の氏名を受益者名簿に記載または削除させる権利に関す る質問は、その質問が以下の間で生じたものかどうかを判断するものとする。

一 二人以上の受益権者又は受益権者と推定される者

(i) 一人または複数の受益権者または受益権者と疑われる者と事業体との間のもの。

(c) その他受益権者名簿の修正に必要又は適切な事項を決定すること。

359.

受益権に関する情報を取得する義務

(1) この節において、-特定------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 1

(a) 受益権者の場合には、登録することができる情報;及び

(b) 他の人の場合、その人が当社から連絡を取ることができる情報。

(2) 第356条(1)項が適用される企業は、企業の各受益者を特定しなければならない。

第二項に限るものでない。

356 (1)が適用される場合には、自分が自分との関係で受益者であることを知っている者、または自分との関係で受益者であると信 じるに足る理由のある者に書面による通信を送付し、受取人に義務を負わせなければならない。

(a) 実質的な所有者であるかどうかを宣言すること。

(b) 本人に関するデータのうち、登録することができるものを送信し、確認し、又は適宜訂正すること。

(4) 第356条第1項が適用される企業は、企業が企業の受益者の身元を知っているか、またはそのような知識を持っている可能性の高い人物の身元を知っていると信じるに足る合理的な理由がある場合には、本項に基づき、書面で人物に通知することもできる。

第四項の規定による届出は、被届出人に対し、その旨を要求することができる。

(a) 譲渡人が事業体に関連して受益者の身元を知っているかどうか、または譲渡人がそのような知識を持つ可能性の高い人物の身元を知っているかどうか。

(b) その場合には、以下の者についての情報を提供すること。

受け手の知識の範囲内で。

会社は、第二項から第五項までの規定を害することなく、いつでも、受益者が保有する株式について登記する権利を有する情報を提供し、確認し、又は訂正した旨を書面で会社の構成員に通知することができる。

7.本節の通知には、通知を受けた日から30日以内に通知を受けた者がこれに従わなければならない旨を記載しなければならない。

会社は、受益権者について、受益権者としての個人の状況を書面で既に知らされており、かつ、登録可能なすべての情報を提供されている場合には、受益権者について、本節の規定に基づく措置を講じ、又は届出をする必要はない。

第二項又は第三項に違反した場合は、犯罪行為を犯したものとみなされ、五万米ドル以下の罰金を科される。

360.

受益権情報の開示

(1) この節では、関連する変更は、人に関連して発生します。

(a) 実体の実質的な所有者でなくなった場合。

(b) その他の変更が発生した結果、会社の受益者名簿に記載されている人に与えられた登録可能な情報が不正確または不完全である場合。

人は、会社の実質所有者となった後三十日以内に、その者に関する情報で登記することができるものを書面により会社に通知しなければならない。

(3) 人に関連して重大な変更が生じた場合には、その変更を受けた日から2週間以内に行わなければならない。

変更後30日を経過した時点で、当社への書面による通知は、-から

(a) 当該改正

(b) それが発生した日付。

(c) 事業者名簿を更新するために必要なすべての情報。

の受益者であることがわかります。

人は、第359条の規定による当社からの通知を受けた日から30日以内に、当該通知に記載された情報を書面で当社に提供することにより、これに応じなければならない。

何人も、第二項、第三項又は第四項の規定により虚偽又は誤解を招くような情報を提供してはならない。

上場会社については、第二項、第三項及び第四項の規定は、適用しない。

第二項、第三項又は第四項の規定に違反したとき。

(a) 犯罪を犯し、5万米ドル以下の罰金に処せられる。

(b) 当該株式または保証会員権に付されたすべての議決権および分配権は、侵害された規定が完全に遵守されるまで停止される。

(c) 当該株式の譲渡、償還、または会員資格を保証する権利は、侵害された規定の完全な遵守が達成されるまで、一時停止されるものとする。

(8) 第(5)項に違反した者は、犯罪を犯したものとみなされ、5万米ドル以下の罰金を科せられる。

PART XXI その他の規定

361.

特定の法律の適用除外

(1) 会社は、会社のすべての所得及び利益を含めて、事業税が非課税となる。

第 1 項の規定にかかわらず、租税条約に基づきセーシェル税務当局がセーシェル政府に提出した情報提供の要求に応じるために必要な範囲内であれば、貿易税法、税務管理法及び租税条約が会社に適用されます。

会社は、それに対する支払いのためには、貿易税法の意味で非居住者とみなされるものとする。

(4) キャピタルゲインには税金はかかりません。

会社の株式、社債その他の有価証券について

(b) 資産の一つを売却する際に企業が行うこと。

(5) 会社の株式、債券その他の有価証券には、相続税、相続税、贈与税はかかりません。

(6) 会社は、以下の場合を除き、所得税法および現物給付法の規定を免除される。

(a) セーシェルに居住する従業員(現物給付税法で定義されている)のために、現物給付税法の下で課税され、非課税ではない報酬または現物給付を受領している。

(b) 雇用主が、所得税法第5条の規定により、この報酬または現物報酬(所得税法の意味での所得報酬)に対する税金を源泉徴収していない場合。

(7) 事業は、次の規定を免除される。

(a) 外国為替法

(b) セーシェル国外で会社が供給または販売したサービスまたは商品に関す るVAT法、またはVAT法の第5条(3)項で許可されたサービスまたは商品に関するVAT法。

362.

印紙税

第二項の規定にかかわらず、第一項の規定は、第一項の規定によるものとする。

印紙税法に関連するすべての楽器 - 印紙税法

(イ)会社の設立

(b) 事業体への、又は事業体による所有権の移転

ハ 会社の株式、債券その他の有価証券の取引

(d) 企業の財産に対する担保権またはその他の担保権の設定、変更または解除。

(e) その他企業の事業又は資産に関する取引

は印紙税の支払いが免除されます。

第 5 条(2)項(b)を損なうことなく、第 1 項は、-に基づく商品には適用されないものとする。

(a) セーシェルの不動産の権利の会社への譲渡、または会社を通じた譲渡。

(b) 企業またはその子会社がセーシェルの不動産に参加している場合の株式、債券その他の有価証券の取引。

363.

免除期間とメリットの最小期間

第361条と第362条の下で認められた免除と譲歩は、以下の期間、20年間有効である。

(a) この法律に基づく会社の設立、継続又は転換の日

(b) 旧法会社にあっては、この法律が施行された日とし、その後も、書面による法律で別段の定めがない限り、その効力を有するものとする。

364.

記録の形式

この法律の下で会社が保持しなければならない記録は以下の通りです。

(a) 書面に記録されていること。

(b) 機械的若しくは電子的なデータ処理システム又はその他の情報記憶装置により入力又は記録された、必要とされる情報を分かりやすい書面で表現又は再現することができるもの。

365.

電子記録の提供全般

(1) 第367条を条件として、この法律、この法律の下で作られた規則、または会社の定款に、以下のような要件がある場合。

この要件は、会社の定款によって妨げられる場合を除き、本項または第366条に基づく文書の電子記録の交付または交付として満たすことができる。

第一項の目的のため、提供には、送信、転送、贈与、交付、ファイリング、寄託、ファイリング、設定、発行、退去、送達、分配、再配置、利用可能にすること又は寄託を含む。

3.文書の電子記録は、電子送信の目的のために本人が通信した住所又は番号に電子送信することにより、本人に交付することができる。

(4) 本節は、裁判所、金融情報部、セイシェル歳入委員会との間で、または裁判所、金融情報部、セイシェル歳入委員会との間で、文書の送受信を行う場合には適用されないものとする。

366.

ウェブサイトの公開による納品とみなす納品

第四項の規定に基づき、会社の法令で定める場合を除き、電子記録文書がウェブサイトに掲載され、かつ、その情報を含む通知を受けた場合には、電子記録文書が人に送信されたものとみなす。

(a) ウェブサイト上での文書の公開、ウェブサイトのアドレス、ウェブサイト上で文書を見つけることができる場所、およびウェブサイト上で文書にアクセスする方法、および

(b)本人が物理的な形での受領を希望する場合に、本人が物理的な形での受領を選択したことをどのように事業体に通知すべきか。

当社は、第一項の通知に基づき、その者が書面の現物支給を受けることを決定した場合には、その者の選択を受けた日から七日以内に、その書面をその者に送付するものとする。

会社が第一項の者に文書を送付しなかった場合又は正当に送付された文書を受領しなかった場合には、その者に対する文書の交付は、第一項の規定により行われたものとはみなされない。

(4) 特定の期間に文書を閲覧する必要がある場合には、その期間の開始前に文書の開示を通知しなければならず、また、(3)項を条件として、その期間中はウェブサイト上で文書を公開しなければならない。

第四項の規定は、第一項の規定による文書の電子的複製物の提供とみなされるものを無効にするものではない。

(a) 文書が少なくとも一部の期間にわたって公開されていること。

そして

(b) 全期間中の不開示が、文書を公開することを妨げる、または回避することが合理的に期待できない状況に起因するものである場合。

(6) 本節は、裁判所、登録官、財務情報部、セイシェル歳入委員会との間で、または裁判所、登録官、財務情報部、セイシェル歳入委員会との間での文書の送受信には適用されないものとする。

367.

登記官への電子記録の交付

(1) 第(2)項を条件として、この法律またはこの法律に基づく規則により人が登録官に文書を提供することを要求する場合には、この要求は、登録官が指定する形式および方法でこの節に従って登録官に文書の電子記録を提供することにより満たすことができる。

第一項の規定は、登録官が、登録官が指定する様式及び方法で、かつ、この節に従って電子文書ファイルの引渡しを受け付けることができる旨を官報に掲載して公表するまでは、適用しない。

第一項の規定により、提供し、供給し、送付し、通知し、通知し、転送し、送信し、申請し、又は報告書を作成し、若しくは保存し、登録し、若しくは預託する者をいう。

(4) この法律または他の法律で要求される認証方法にかかわらず、登録官は、登録官に送達された文書の電子記録を登録官の指定する方法で認証することを命ずることができる。

本項の要件を遵守しない登録官は、電子記録が提供された者に対して、電子記録が遵守していない程度を示す通知を送付することができる。

(6) 登録官が電子ファイルに関して第(5)項に従って通知を送達した場合、以下の場合を除き、電子ファイルは送達されなかったものとみなされる。

(a) 本項の要件に適合する電子的代替記録が、通知の交付日から14日以内に登録機関に交付される。

(b) 代替となる電子記録がない場合、本項の要件が登記管理者の満足するところまで満たされていること。

368.

侵害行為

(1) この法律に罰則が定められていないこの法律の要件に違反した者は、犯罪を犯し、有罪判決を受けた場合には、5万米ドル以下の罰金を科される。

この法律に基づく犯罪が、故意に犯罪の実行を許可し、許可し、又は同意した法人、理事その他の職員によって犯された場合、犯罪者もまた犯罪を犯し、犯罪の実行に定められた刑罰に処せられる。

369.

アクセサリーとコントロール

この法律の下で犯罪の実行を援助、助長、助言、または調達した者もまた、有罪とし、その犯罪のために規定された罰則について、主犯者と同様の責任を負うものとする。

370.

誤った情報の責任

(1) この法律に別段の定めがある場合を除き、この法律で登録官に提出し、又は登録官に送達しなければならない書類の中で、その時点で、それが作成された状況を考慮して、重要な事実について虚偽若しくは誤解を招くような陳述をした者、又は重要な事実を記載することを省略した者は、犯罪を犯し、有罪判決を受けた場合には、50,000米ドルを超えない罰金若しくは2年を超えない期間の懲役若しくはその両方に処せられる。

第一項の犯罪を犯したことを被告人が知らなかったことを証明するためには、第一項の罪を犯したことを被告人に抗弁しなければならない。
虚偽または誤解を招くような発言であったか、またはその発言が虚偽または誤解を招くような発言であることを合理的に知ることができなかった。

371.

裁判所の免責許可権

(1) この節は、次のものに適用される。

会社の役員

(b) 会社の清算人又は元清算人 (c) 会社の監査人又は元監査役

(2) 本項の適用を受ける者に対する過失、不履行、遅延または背任の手続において、裁判所または裁判所が当該者に過失、不履行または背任の罪があると判断した場合。

(a) その人が過失、失敗、不履行、義務違反に対して責任を負うか、または負う可能性があるが、その人が善意で行動したこと。

(b) その人物の任命に関するものを含め、事件のすべての状況を考慮して、その人物の過失、失敗、または義務違反を正当に免れるべきであること。

裁判所は、裁判所が適切と考える条件の下で、その者の責任の全部または一部を免除することができる。

本項の適用を受ける者が、過失、不履行、怠慢、怠慢、背任、背任を理由に請求が提起されている、または 提起される可能性があると信じるに足る理由がある場合、その者は、審判所に審査を申請することができ、 審判所は、過失、不履行、背任を理由に訴訟が提起された場合と同様に、その者を免責する権限を有する。

372.

裁判所の声明

1.会社は、他の当事者に加わる必要なく、宣誓供述書に裏付けられた申請により、本法または会社の定款の解釈に関するあらゆる問題について、裁判所に宣告を申請することができる。

(2) 第 1 項に基づく訴訟において裁判所が行った宣言に応じて行動する者は、受託者としての義務または専門家としての義務の履行に関 しては、訴訟の主題においてその義務を正当に履行したものとみなされるものとする。

373.

会議室の裁判官

(1) 第(2)項及び第(3)項を条件として、第一審裁判所の裁判官は、会議室に着席して、この法律によって第一審裁判所に与えられた管轄権を行使することができ、その管轄権を行使する場合には、裁判官は、衡平法の原則に従って、適当と認めるところに従って、費用を裁定することができる。

2.1人以上の受益者の氏名が開示されている、または開示される予定の会社が、裁判所に対して、または会社に関連して、裁判所に提起した民事手続は、公開の法廷ではなく、カメラ付きの法廷で裁判官が審理するものとする。

第一項又は第二項の民事訴訟手続においては、裁判官は、会社の構成員及び受益者の身元を保護するために必要な手続報告書若しくはその一部若しくは手続中に提出された文書の公表を制限し、若しくは禁止し、又はその他の指示をすることができる。

(4) 第(3)項の制限、禁止、または指示に従わなかった者は、刑事犯罪の罪を犯し、有罪判決を受けた場合には、5万米ドル以下の罰金を科される。

374.

登録官の決定に対する不服申立て

第273条(ストライキに対する不服申立)を損なうことなく、登録官の決定によって負傷した者は、登録官の決定の通知から90日以内に、金融サービス機構(Financial Services Authority)の2014年規則(Apppeals Boar(d))に定められた手続きに従って、不服申立委員会にその決定に対して不服申立を行うことができる。

2.本項の規定に基づく要請があった場合、不服審査会は、以下のことを行うことができる。

(a) 登録官の決定を確認する; (b) 登録官の決定を修正する; または

(c) 登録官の決定を取り消し、不服審査委員会が適切と考える場合、不服審査委員会が適切と 考える指示を付して登録官に事件を送還する。

第四項の規定による決定に対する不服申立て

登録官は、決定の実施を停止する効果を有しないものとする。

第一審裁判所の決定に対する本項の申立てについて

控訴審が適切と考える場合には、控訴が決定されるまでの間、決定の実施を停止する。

5.不服審査会の決定に不服のある者は、金融サービス機構(Appals Boar(d))の2014年規則8(8)に従い、決定後30日以内に第一審裁判所に不服を申し立てることができる。

第一審裁判所は、第五項の規定により提起された控訴について、控訴審の決定を支持し、無効にし、又は変更し、かつ、適切であると判断した場合には、指示を与えることができる。

375.

弁護士のための専門職法

本法に基づく手続きが個人に対して行われる場合、セイシェルの書面による法律に従うことを条件として、本法のいかなる規定も、職業上の特権のために開示が禁止されている情報を開示することを要求するものではありません。

376.

イミュニティ

訴訟、起訴、その他の手続きは一切行われません。

(a) 登録官、登録官の従業員もしくは代理人、または

(b) 当局または当局の従業員もしくは代表者。

この法律に基づく機能を適切に遂行するために善意で行った行為又は怠った行為については、その者は、その者が行った行為又は怠った行為に係る。

377.

検査

(1) 登録機関は、本法の遵守状況を監視および評価する目的のみのために、通常の営業時間内に、会社に合理的な通知を行った後、以下を行うことができる。

(a) 会社の登記された事務所への出入り

(b) 会社が保管するこの法律で必要とされる書類を検査すること。

(c) 会社の取締役またはその登録代理人の取締役による陳述書の閲覧請求中または閲覧請求後。

(2) いかなる方法であれ、登記官またはその職員もしくは代理人の職務の遂行を妨害し、妨げ、または妨害した者。
本項に基づく検査は刑事犯罪であり、有罪判決を受けた場合、25,000米ドル以下の罰金が科せられます。

378.

守秘義務と許容される例外事項

(1) 第(2)項を条件として、Authority、Registrar、およびAuthorityまたはRegistrarの役人、従業員または代表者は、この法律に基づくAuthorityまたはRegistrarの職務の過程で取得した情報または文書を第三者に開示してはならない。

第一項の規定は、開示については適用しない。

(a) この法律またはセイシェルの他の法律で許可されている、または要求されていること。

ロ 第一審裁判所の命令により

(c) 企業に関する情報または文書の場合、企業の事前の書面による同意がある場合。

(d) 開示された情報が統計的な形式である場合、または情報に関連する事業体またはその他の人物の身元を特定できないような方法で開示された場合。

379.

他の法律との関係での位置関係

(1) 第361条で認められた免税措置及び給付金

この法律の第362条及び第363条は、これらの節との間に矛盾があったとしても、これを適用し、これを優先する。

(a) 貿易税法 (b) 印紙税法

(c) 現物給付所得税法、(d) 外国為替法、または

(e) 付加価値税法

の民法との間に齟齬が生じた場合

セーシェル法または商法法、および

(a) この法律の第五部の第七款(株式に対する担保) .

守秘義務と許容される例外事項

他の法律との関係での位置関係

(b) この法律の第九編(法人財産の手数料) .

(c) この法律の第十七部(消滅、解散、清算)、または

ニ この法律第三百八十二節(民法の改正

企業とセーシェル)この法律が優先されます。

(3) 会社法と同法の第十一部(転換)との間に矛盾がある場合は、同法が優先する。

380.

規制

大臣は、この法律の規定を実施し、転置するために規則を発行し、規則によって名簿を改正することができる。

381.

廃法

1994年国際事業会社法はここに廃止される。

382.

企業に関するセイシェル民法の改正

(1) 会社(この法律の第2条に定義されている)との関係では、セーシェル民法(セーシェル民法の第2条に定義されている)は、第2項から第5項までの規定により改正されるものとする。

(2) セーシェルの民法第2078条は、会社には適用されず、代わりに

-(a) 第(b)項および(c)項を条件として、質権者またはその他の利害関係人の申立てにより、裁判所は、質権者またはその他の利害関係人の申立てにより、質権者が質権対象物を保持すること、または裁判所の権限の範囲内で売却することを命じるか、または裁判所が適切と考えるその他の命令または追加の命令を行うことができる。

(b) 国際事業会社法に基づいて設立された会社が発行する株式その他の有価証券の質権は、質権の条件が許す場合には、国際事業会社法第五編第七款(株式の質権)の規定に従って、裁判所の命令なしに行使することができる。

(c) 第(a)項は、第(b)条の規定による質権物の売却を妨げるものではありません。

2074.

(3) セーシェルの民法第2079条は、会社には適用されない。

-(a) 質権者は、質権で担保された債務の不履行の場合に売却されない限り、先取特権の所有者のままである -(b) 質権者は、質権で担保された債務の不履行の場合に売却されない限り、先取特権の所有者のままである

一 裁判所の命令に基づくものであること。

一 国際事業会社法第五編第七款の規定により国際事業会社法に基づいて設立された会社が発行する株式その他の有価証券の質権(株式の先取特権)を有する場合

(b) 質権により担保された債務が完済され、履行され、又は第一項の規定により質権が売却されるまでの間は、質権は、質権者の利益のための質権を構成するものとし、質権は、質権者のための質権を構成する。

民法第二百九十一条第一項後段及び第三文

セーシェルのコードは企業には適用されません。

(5) セーシェルの民法第2091条の3は、会社には適用されない。

-(a) 第(b)項を条件として、係属中の担保権が消滅した場合には、裁判所は、担保権者その他の利害関係人の請求によ り、担保物件を裁判所の権限で売却し、又は破産管財人を選任し、又はその他裁判所が適当と認める命令を命ずることができる。

(b) 浮遊貨物に関する契約書の条項で許可されている場合には、結晶化の場合には、浮遊貨物は、貨物の表面に

裁判所は、手数料の条件で認められている場合には、国際事業会社法第9編(法人財産に関する手数料)の規定に従って、裁判所

PART XXII トランジション規定

383.

この法律で自動的に再登記された旧会社

(1) この節の規定に従い、この法律の施行の日から、旧法律会社は、この法律に基づく国際事業会社として自動的に再登録されたものとみなす。

登記官は、第一項の規定により会社が再登記されたときは、速やかに登記簿に会社の名称を記載し、かつ、会社に固有の番号を付与しなければならない。

(3) 第(2)項に基づき会社に付与される固有番号は、登録官の裁量により、旧法会社として会社に付与されていた固有番号とすることができる。

この法律に別段の定めがある場合を除き、第一項の規定により新たに登記された会社は、この法律の規定により設立された会社と同様に、この法律の適用を受ける。

384.

旧法会社が自動的に再登記された場合の再登記証明書

(1) 旧法会社が第383条(1)項に基づき自動的に再登録される場合、登録官は、その会社がその登録代理人を通じて再登録証明書の発行を登録官に書面で要請した場合に限り、その会社に再登録証明書を発行する義務を負う。

第一項の規定により登記管理者が発行した証明書
登録証明書には以下の内容を記載しなければなりません。

(a) 会社の名称と固有の登録番号、(b) 旧法の会社がその下で再登録されていること。

法の施行に関する法律。

(ハ) 旧法による当初の成立又は継続の日

385.

本法による自動応答の効果

第三百八十三条第一項の規定により再登録された旧法会社は、法人として存続し続けるものとし、同名であるか別の名称であるかにかかわらず、この法律の下で再登録された場合には、その再登録は

身分を詐称したり、危うくしたりすることがある

(b) その資産、権利、負債またはコミットメントに影響を与える。

(c) 企業による、または企業に対する手続きの開始または継続に影響を与えること。

(2) 第(1)項の規定により、第383(1)項の規定により再登録された旧法定会社は、この法律の施行日における再登録から、この法律の下に設立された会社として取り扱われるものとする。

386.

旧法に基づいて保管されていた登記簿から削除された旧法の会社の復活

(1) この法律の施行日以降に、旧法に基づいて管理されている登記簿から削除されたが解散していない旧法会社の回復の申請は、登記官への申請であれ裁判所への申請であれ、この法律に基づいて行われ、旧法会社がこの法律に基づいて登記簿から削除された会社であるかのように、この法律に基づいて決定される。

第一款の規定による申請により会社が回復したときは、この法律の規定により保管されている登記簿に記載しなければならない。

387.

解散した旧株式会社の復権について

前法により解散した会社は、その解散の時にこの法律により解散したものとみなして、この法律の下で裁判所に解散の取消しの申立てをすることができる。

第一項の申請-第一項の申請

イ 旧法による旧法会の解散後七年以内に行われること。

ロ)は、この法律の定めるところによる。

旧法会社の解散がこの節の規定により取り消されたときは、この法律に基づいて整備された登記簿に戻さなければならない。

388.

書類の納品

この法律の施行後できる限り速やかに、この法律の施行直前に前の法律の下で登録官であった者は、前の法律の下で保有しているすべての記録のうち、その権限、所有又は管理の下にあるものを登録官に(この法律の下で)移転しなければならない。

389.

旧株式会社の変遷

各旧法会社は、この法律の他の規定にかかわらず、第二款の規定を適用して、この法律の施行の日から三月以内に、以下の事項についてこの法律の規定を遵守しなければならない。

(a) 登記簿及び記録の保存、並びに

(b) 年次報告書の提出

各旧法会社は、法の施行から12ヶ月の期間を有する。

(a) 第百二十六節(2)(議事録及び会員決議の状況の公表) .

(b) 第157条(2)項(取締役の議事録および決定の通知)、および

(c) 第179条(手数料の登録)...............................................................................................................................

第四項の規定により、旧法会社は、この法律を遵守するために定款又は覚書を変更することを義務づけられていないが、旧法会社と旧法会社との間に矛盾がある場合には、この法律を遵守するために定款又は覚書を変更しなければならない。

旧法会社の覚え書きや定款、そしてこの法律、この法律が優先されます。

旧法会社の覚書又は定款が旧法の規定又は要件に言及している場合には、旧法会社の覚書又は定款においてその要件又は要件に言及していることは、異なるものとみなして、その法の類似の規定又は要件に限りなく近いものであったものとして解釈しなければならない。

(5) 法の開始時において、旧法会社が法第87条から第95条までの規定に基づき清算を開始した(完了していない)場合には、その会社の解散及び清算は、法第87条から第95条までの規定に基づいて行われる。

(a) セクションに従って進行し、完了する。

旧法の87から95までの規定がまだ適用されているかのように。

(b) この法律の第十七部の規定に従って再開され、かつ、締結されること。

(6) 登録官が第五款(5)(a)の規定により旧法会社の解散証明書を発行したときは、その証明書は、この法律第十七編の規定により登録官が発行した解散証明書と同一の効力を有する。

390.

各社の推移

1.各事業の期間は、公表日から12ヶ月とする。遵守に関する法律の施行日

(a) 第152条(所轄官庁又は当局への取締役の登記簿の提出

レジストラ(複数可) ; および

(b) この法律の第二十部(受益者に関する義務) .

(2) 第152条(登記官への取締役登録簿の提出)を遵守する目的では、以下の場合には、以下の通りで十分である。

(a) 会社が登録機関に提出した最初の取締役登録簿には、提出時の現取締役に関する情報のみが記載されている。

(b) 会社が登録機関に寄託した後続の取締役登録簿には、第152条に従って寄託された最初の取締役登録簿を提出した日からの取締役に関する情報のみを記載するものとする。

第四款の規定により、第三百四十七節(提出された書類の閲覧)及び第三百四十八節(提出された書類の写し)は、第百五十二節の規定により会社登録所に寄託された企業の写し台帳には適用されない。

この法律の施行後2年を経過した日までの間の取締役の登記簿謄本の提出

(4) この法律が施行された日から、セイシェル歳入委員会および財務情報部は、第 152 条(登記所への取締役名簿の提出)に基づき登記所に提出された 会社の登記簿謄本を無料で閲覧する権利を有する。

391.

他の規則における約束の言及

前の法律の下で法人化された、登録された、または継続している会社についての記述は、文脈が異なる場合を除き、その法律の下で法人化された、再登録された、または継続している会社についての記述と解釈されるものとする。

392.
1994年国際事業会社法(第100章(a))は、ここに廃止される。

第一回目の時刻表パートI 設立のための提案

§第9条(1)項(b)。(b)および第214条第1項の手紙(b)

結成のための申請書には、申請者は以下の情報を(少なくとも)提供する必要があります。

1. 提案された会社名

登記上の住所を記載してください。

3. 会社の最初に登録された代表者の氏名と住所。

4.株式を保有する公開有限会社、私設有限会社、合同会社のいずれにするか

保護された細胞事業の場合には、当局の書面による同意が第221条に従って得られている旨の声明。

6. 法人化に関連して法律の要件を満たしていることを表明したもの。

第二部 継続通知

更新申請において、申請者は以下の情報を(少なくとも)提供する必要があります - -。

1.既存の会社名

2.継続する場合の会社名の案。

3. 提案されたセイシェルの登録事務所の住所

4.会社の登録代表者候補のフルネームと住所。

5.合同会社にするべきか、合同会社にするべきか、有限会社にするべきか、有限会社・株式保有会社にするべきか

保護された細胞事業の場合には、当局の書面による同意が第 221 条に従って得られている旨の声明。

7. 継続に関する法律の要件を満たしていることの表明。

第3表(第26節)制限語句

-銀行
-社会づくり
-商工会議所
-就任しました。
-協力的
-クレジットユニオン
-政府
-ライセンス
-共同
-議会
-警察
-キングのみ
-審問所
-証券取引所
-合同基金
-薬局
-ポリテクニック
-再保険
-学校
-セキュリティ
-セイシェル
-ソブリン
-状態
-信頼
-評議員
-連合
-大学
-エアライン
-保険
-ビットコイン
-交換事業所
-カジノ
-慈善事業
-大学
-評議会
-基金
-基金
-賭博
-ゲーム
-病院
-保険
-保険者
-懸賞
-ミリタリー

または、類似の意味を有する語または略語、その他登録官が発行するガイドラインで書面で定めることができるもの。

第4回目の時刻表(第28節) 会社名の言語

(1) 会社の名称はいかなる言語でも表現することができるが、名称が英語またはフランス語でない場合は、許容できる翻訳者(第1.2項に定義されている)によって真正であると証明された英語またはフランス語の名称の翻訳文を登録官に提供しなければならない。
法の2(1)項)の規定により、または会社もしくは提案された会社の登記上の代表者によるものでなければならない。

2.登録代理人は、翻訳文を受領したか、又は認められた翻訳者の認証を受けた場合を除き、第1項の証明書を発行することができません。

(3) 会社の名称が英語またはフランス語でない場合には、登録官は会社の設立証書に名称およびその英語またはフランス語訳を記載しなければならない。

(1) 第4項を条件として、会社の名称が英語又はフランス語である場合には、登録官は、第3項の申請により、外国文字の名称を追加して会社を登録することができる。

(2) 会社が外国の記号名を追加して登記されている場合-。

(a) 備忘録には、会社名のほかに外国の記号名を有する旨の記載があり、外国の記号名を記載しなければならないこと;及び

b) 備忘録や定款に会社名が記載されている場合は、外国人の名前も参照しなければならない。

(3) 会社は、次のような外国の符号名で登録することはできません。

(a) 他の事業のために登録されている、または法律に基づいて登録されている外国の標識名と同一のもの。

(b) 他の事業のために法律に基づいて登録されている、または登録されている外国の標識名とあまりにも類似しているため、その名称の使用が登録官の意見で混乱または誤解を招く可能性がある場合。

登録官は、両会社が関連会社である場合には、第三項(b)の例外として、他の会社の外国標識名に類似する外国標識名を追加して会社を登録することができる。

(1) 外国商号の承認及び登録のための登録官への出願は,会社の設立若しくは継続のための出願と併せて, 又は後日行うことができる。

第一項の申請書は、承認された様式で提出し、かつ、以下のものを添付しなければならない。

(a) 翻訳者、会社もしくは提案された会社の登録代理人が証明した声明文

一 その外国字名称がその名称の訳語又は事業体の名称又は名称案と同一の意味を有するものであるかどうかの確認

二 意味又は二つ以上の意味が考えられる場合には、その外来文字の名称の意味;及び

(b) 申請が既存の企業に関するものである場合には、第23項と第30項に従った修正決定の謄本または抄本、企業が決定した場合には、第24項に従った修正された覚書と定款。

登録代理人は、その申告書を受領したか、又は認められた翻訳者の証明を受けなければ、第一項の申告をすることができない。

4(1) 登録官は,以下の場合には,外国文字の名称を承認しないことができる。

(a) 名称が法律に準拠していない場合。

(b) 登録官は以下のように考える。

(i) 名称が不快であるか、または好ましくないものであること。

二 氏名又は名称を登録することが公の秩序又は公益に反すると認められるとき。

たら

(2) 登録官は、外国指定の名称の承認を拒否することができる。

(a) 翻訳の正確性、その名称が使用されている、または使用される可能性のある文脈、またはその名称の完全な意味または真の意味を理解しているかどうかにかかわらず、その意味が明らかであるかどうかにかかわらず、その名称の完全な意味または真の意味を理解していることに満足していない。

(b) 技術上その他の理由により登録できない場合。

(3) 外国の標識名を承認する場合には、その標識名が作成、継続、変更又はその他の方法で使用されるかどうかにかかわらず、登録官は、外国の標識名を承認する場合には、登録官は、外国の標識名が作成、継続、変更又はその他の方法で使用されるかどうかにかかわらず、外国の標識名を承認する場合には、登録官は、外国の標識名が作成、継続、変更又はその他の方法で使用されるかどうかにかかわらず、外国の標識名を承認する場合には、登録官は、外国の標識名が作成、継続、変更又はその他の方法で使用されるかどうかにかかわらず

(a) 商業登記簿上の会社に対して外国字の会社名を登録すること。

(b) 必要に応じて、次のような外国標識の追加指定の設定、継続または登録証明書を発行する。

(i) 事業体がその名称に加えて外国の名称を有することを示すこと;及び

二 その名称及び外国字の名称の両方を表示すること。

外国指定を付した名称を有する事業者が外国指定を付した名称の変更を申請する場合には、その変更を申請するときは、第三項第二号の書類を提出しなければならない。

会社が外国字の名称の変更を申請したときは、第四項の規定を準用する。

(1) 外国符号名で登録された会社は、登録官に外国符号名の抹消を申請することができる。

第一款の申請には、承認を受けた様式及び第二十三節及び第三十節の規定による変更決議の謄本又は抄本を添付し、会社が決定したときは、第二十四節の規定による変更覚書及び定款を添付しなければならない。
登録官は、第一項の申請があったときは、登録を解除し、登録簿から外国文字の名称を削除することができる。

登録官は、外国の指定を受けた会社の名称の登録を解除したときは、外国の指定を受けた名称の登録解除証明書を発行しなければならない。

1 第 2 節から第 6 節までの規定にかかわらず、第 25 節、第 26 節及び第 31 節の規定は、外国の符号名について準用する。

(2) 登録官は、以下の場合、第3款に基づく通知を会社に送付することができる。

(a) 登録官は、外国会社が会社の文字名であると判断します。

(i) 法律を遵守していない、または攻撃的もしくはわいせつなもの。

二 外国の置物の名称が登録簿に記載されたままであることが公共の政策又は公共の利益に反すること。

(b) 登録官が名称の完全または真の意味を理解していないと判断した場合。

(3) 第(2)項が適用される場合、登録官は、会社に対し、通知の日から少なくとも14日後の通知で指定された日までに、登録官が承認した外国商号への変更を申請するように指示する通知を送付することができる。

(4) (3)号に基づく届出を受けた会社が、届出に指定された日までに登録官が承認した外国商号への変更を申請しない場合、登録官は、その外国商号の登録を解除することができる。

登録官は、この規則に従って外国商標の名称を登録した場合には、名称変更を確認した証明書を会社に発行しなければならない。
(6) 外国会社の名称が本項の規定により登録解除された場合には、その会社は、名称変更証書の日付から14日以内に、第23条および第30条の規定に基づく認証謄本または修正決議書を提出し、会社が決定した場合には、第24条の規定に基づく適合した覚書および定款を提出しなければならない。

第5回目の時刻表(第32節) 会社名の再利用

1. この時刻表の中では、文脈上別段の要求がない限り-。

-法律とは、国際事業会社法のことです。

-変更日とは、最初の会社が社名を変更した日を意味します。

-非継続会社とは、法第217条(4)項(a)に基づき、登記官が解散証明書を発行した会社をいいます。

-解散会社とは、法律に基づいて、または旧法に基づいて解散した会社のことです。

-最初の会社というのは

(a) 会社又は旧法会社をいう。

一)名前を変えた。

二 法律又は従前の法律に基づき解散したこと。
或いは

(b) 廃業したこと。

-法第299条の意味での溶剤。

-破産会社

と言うのは

(i) 法第三部又は第四部第十七部の下で清算中の支払不能な事業、又は

(ii) 清算が完了した後、法第XVII条第3項または第4項の下で清算された会社。

(b)には、7年以上の期間を経て清算された会社は含まれない。

-第二会社とは、設立しても、継続しても、名義変更しても、第一会社の名前を使いたい会社のことです。

(1) 登録官は、第三項又は第四項の規定により認められる範囲内で、名称をもって会社を設立し、若しくは継続し、又は名称と同一若しくは類似の名称への会社の名称の変更の登記をすることができる。

(a) 会社又は旧法の会社であって、以下のものをいう。

一 氏名を変更したこと。

二 法律又は従前の法律に基づき解散したものであること。

(b) 廃業した事業。

2 第3項及び第4項は、第6項及び第7項の規定に従うものとする。

第3項から第7項までのいかなる規定も、第1の会社または第2の会社にかかわらず、第1の会社から第2の会社にその名称を移転させる権利を与えるものではない。

3(1) 第一会社が名称を変更した会社である場合,登録官は,第二会社について,第一会社の旧名称または第一会社の旧名称に類似した名称の登録を許可することができる。

(a) 最初の会社が商号を変更した日から7年を経過したとき。

(b) 最初の事業体が書面による同意をした場合-。

類似の名称は、登録機関である第二会社にまだ登録されていません。
は、前の名前や類似した名前に変更することができる場合があります。

第一会社が清算された会社である場合には、登録官は、第一会社の清算の日以降はいつでも、第一会社の名称又は第一会社の名称に類似する名称を第二会社に登録することを許可することができる。

5.1 第一会社が消滅した会社である場合には、登記官は、第一会社について発行された清算証明書の日から7年を経過した後は、いつでも、第一会社の名称又は第一会社の名称に類似する名称を第二会社に登記することを許可することができる。

(2) 廃業した会社が法律の下で存続する場合、登記官は、この附属書に従って名称が再使用されていない限り、清算証書に記載された以前の名称で存続することを認めることができる。

登録官は、類似した名称を含む名称の登録を許可しないものとする。

(a) 二つ以上の異なる事業。

(b) 7年間に同一事業について2回を超えること。

第2項から第5項までの規定は、最初の事業が債務超過の事業である場合には適用されない。

第一会社が債務超過会社である場合には、第一会社の名称又は第一会社の名称に類似する名称は、第二会社-第二会社にのみ登録することができる。

(a) 清算人が第一会社の事業もしくは事業、または第二会社の事業もしくは事業の大部分を第二会社に売却した場合。

(b) 裁判所の許可を得て。

第6表(第 171 条)年間投資収益率

年次申告書は、登録官が規定または承認した書式でなければならず、年次申告の時点で、以下のことを(少なくとも)記載し、宣言しなければならない。

1. 会社は法律の要件に従って会計記録を保管しており、以下の場所に保管されています。

会計事務所の物理的な住所を挿入してください。

2. 当会社は、法律の要件(以下、総称して「議事録および決議書」という。

議事録及び決議案の写しの各所在地の物理的な住所を挿入してください。

3 会社は、セイシェルの書面による法律により、会計記録、議事録、決議書またはそのコピーの全部または一部の提出を要求された場合、会社は、要求に指定された期限内に、会計記録、議事録、決議書またはそのコピーをセイシェルの要求者に引き渡すようにしなければならない。

によって承認された法律の正しいコピーであることを証明します。
2016年7月26日の国会。

ルイサ・ウェイ・ハイブさん
副事務員