4.9
(50)

セーシェルのオフィスやスタッフとの実体づくり

オフィス、従業員、車の艦隊などとの物質が必要な場合は、私たちは積極的に活動しています。また、消費税の請求書や保険証などの郵送物もお預かりしておりますので、完璧な証拠が得られるようになっております。 セーシェルにロケに行ってきました と要件を知ることができます。

セーシェルのオフィスやスタッフとの実体づくり

§7 AStG - 経済活動には追徴課税は適用されない。

ECJは、キャドバリー・シュウェップスの判決で、本籍地の国の課税水準が低いからといって利益が加算されるだけでは、設立の自由とは相容れないとの原則的な判断を下していた。これは、企業が利益を移転するために、低税国に自由に子会社を設立できるからです。その結果、本国の税収が失われるかどうかは、国の議員が制限的な措置をとることの正当性にはならない。例外は、レターボックス会社のような明らかな悪用の場合のみです。

税務当局は、すべてのオープンケースで裁定を適用します。本判決によれば、支配されている会社が実際に海外に所在している場合には、税務上の動機とは関係なく、追加は行われないとされています。 EUまたはEEA州に登記された事務所または経営権を有する会社が、その国で経済活動を行っていることを証明した場合、第7条から第14条までの適用はなくなります。.

この要件(内容)は、通常の事業活動において、積極的かつ持続的に市場に参加し、有資格者を雇用していることが条件となっています。また、自社の活動の結果として生じた収入であること、主に関係者との間でサービスを交換する場合には、そのサービスが受け手にとって付加価値のあるものであること、資本的資源が生じた付加価値と適切な関係にあることが証明されなければなりません。

このページの情報はどれだけ参考になりましたか?

星をクリックして評価してください

ご投稿がお役に立てなかったようで申し訳ありませんでした

この投稿を改善していきましょう

この投稿を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

ja日本語